banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 品川駅700円台の駅弁 (9種類収蔵)

←前は[品川駅550円以下の駅弁] | 次は[品川駅800円台の駅弁]→

JR東日本 品川(しながわ)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東海道新幹線、東海道本線、山手線、京急線の接続駅。品川駅は横浜駅と共に日本で一番最初に開業した駅である。駅弁は大正時代からの駅弁屋が2010年に撤退、現在は在来線駅構内でJR東日本の子会社が、新幹線駅構内でJR東海の子会社が、それぞれコンコースに駅弁売店を構えて販売する。1872(明治5)年5月7日開業、東京都港区高輪3丁目。

【終売】高菜むすび(680円) 2005年5月5日に品川駅ビル食品売り場で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2005年春の新作か。羽田空弁で見たような竹皮固めの容器に掛紙を巻いてセロテープで留める。中身はそれぞれのりたま・鮭・梅が入った高菜巻きおにぎりがひとつずつに、玉子焼と蒲鉾と薩摩揚と鶏竜田揚と肉団子。おかずが豊富な握り飯で見栄えも風味も良く、あとはうまく在京メディアに乗せれば、最近は特段の名物がない品川駅弁の主力商品になれるのではと思う。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】鯛ちらし(700円) 2003年10月4日に東京駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 東海道新幹線品川駅開業に合わせて、2003年10月1日に登場。升のように組み上げた木目印刷のボール紙容器に鯛の掛紙をかけて紅白の紐でしばる。中身はちらし寿司で、混ぜ御飯のような酢飯の上にレンコ鯛とみょうがが載っている。嵩はあるが平面積は少ない容器が写真のように枠が大きく、中身は内容積の半分しか入っていないので、分量はかなり少なめ。味も酸味が前面に出過ぎている感じ。この駅弁はもう販売されていないと思う。

 東海道新幹線品川駅開業に伴い、新幹線改札内にはJR東海の子会社であるJRCPの駅弁売店が3つ進出、在来線改札内はJR東日本の子会社であるNREが駅弁売店を移転拡張、昔からの品川の駅弁屋である常盤軒は現状維持という構図。以前より売店に積み上げる駅弁の種類や数が減少しているように見える。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】奥の細道(700円) 2003年2月2日に東京駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 2002年頃に旧「奥の細道」をリニューアルしたものと思われる。内容や分量に大差はないが、風呂敷が省略されるなど容器が簡素になり、握り飯の海苔や胡麻が少なくなるなどコストダウンが図られた結果、価格は250円ダウンの700円。味を落としていないのはさすが。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】新鶏唐揚弁当(700円) 2002年6月8日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 駅弁名どおり、鶏唐揚のお弁当。正方形の経木枠容器の半分が梅干を載せた白御飯、残り半分はおかずで、冷めているのにぷりぷりした鶏唐揚(品名欄には鶏竜田揚げ)が3つ、千切りキャベツの上に置かれ、その脇には肉オムレツや煮物やポテトサラダが少々。掛紙のデザインを含め品川とはまるっきり縁がない内容も、味はうまい。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】そぼろ弁当紅鱗(710円) 2001年10月21日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 正方形を対角線に区切った4区画にそれぞれ、胡麻の白御飯、鳥そぼろが載った茶飯、煮物、玉子焼と鳥もも焼と薄い鮭が入る。御飯だけで食が進む白飯と茶飯、薄味が好ましい煮物類に対して、風味の浅い鳥そぼろと、はっきり言って不味い鳥もも肉と鮭がマイナス。とはいえ東京都内でこの価格でこの分量は嬉しいところ。この駅弁はもう販売されていないと思う。

 2003年の東海道新幹線品川新駅開業の暁には品川駅弁常盤軒も繁盛が予想されるが、現在の品川駅コンコースはJR東日本の子会社NREの売店が幅を利かせ、新幹線新駅もおそらくJR東海の子会社のSPSやJDが店を構えるであろうから、実は駅弁存亡の瀬戸際なのかもしれない。事実、日本中の多くの駅での駅の改築では、従来の駅弁屋さんの売店の縮小や立地の悪化が見られる。 この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】梅の花(710円) 2001年11月4日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 駅弁名は「梅の花」だが、中身に梅は御飯に載る1個の梅干しだけなので、松竹梅のランク付けの中での梅ということか。長方形の容器の半分は梅干しと胡麻が載る白御飯、半分はメンチカツに肉団子や玉子焼といった子供が好みそうなメニューに、煮物類やわさび漬けといった子供が嫌いそうなメニューが同居する。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】四季旬彩 技(ザ・品川駅弁)(750円) 2008年7月19日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 発泡材枠の長方形容器に木目柄のボール紙でふたをして、商品名とまるで異なる文字を書いた掛紙を巻いて、ひもで十字にしばる。中身は海苔御飯に焼鮭、エビフライ、鳥唐揚、焼売、ごぼうなどの煮物、ウインナー、玉子焼、かまぼこなど。風味や雰囲気は、ホカ弁の定番商品であるのり弁当の高級版という印象。味に不満はないが、これははたして駅弁なのかという不満はある。

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】四季旬彩(ザ・品川駅弁)(750円) 2009年10月18日に東京駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 上記駅弁の2009年時点での姿。掛紙がボール紙のふたに替わり、そのデザインも変わり、しかし価格と中身は変わっていないし、商品名とパッケージ記載名称が一致しない点も変わらない。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】豊穣(770円) 2003年8月24日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙
外観 外観 中身

 1992年の登場。他の駅なら「栗めし」を名乗りそうな駅弁。経木枠の正方形容器は、半分が減農薬米コシヒカリを使用したという、非常に甘い栗を3個載せた茶飯、半分がトレーに入ったおかずで、野菜は有機をうたういいだこやじゃがいも等の煮物と、焼鮭・薩摩揚・鶏つくね。デザートにあんずが入る。有機野菜、無農薬、無添加の食材を使ったという。品川駅弁では非常に珍しく、掛紙に駅弁マークが入っている。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
←前は[品川駅550円以下の駅弁] | 次は[品川駅800円台の駅弁]→

2001年6月17日開設 2010年11月13日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.