banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 品川駅800円台の駅弁 (3種類収蔵)

←前は[品川駅700円台の駅弁] | 次は[品川駅900円以上の駅弁]→

JR東日本 品川(しながわ)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東海道新幹線、東海道本線、山手線、京急線の接続駅。品川駅は横浜駅と共に日本で一番最初に開業した駅である。駅弁は大正時代からの駅弁屋が2010年に撤退、現在は在来線駅構内でJR東日本の子会社が、新幹線駅構内でJR東海の子会社が、それぞれコンコースに駅弁売店を構えて販売する。1872(明治5)年5月7日開業、東京都港区高輪3丁目。

【終売】山彦伝説こだま(800円) 2004年3月6日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 中身

 東海道新幹線品川駅開業に向けて2003年10月1日に登場。ボール紙を組み立てて升を再現した分厚い正方形容器に、東海道宿場町リストが載る正方形の掛紙をかけて紅白の紙ひもでしばる。中身は全面に白御飯を敷き詰めたうえで、仕切りの片方にしめじや鮭フレークや栗を、もう片方に海老や鶏や帆立や椎茸や玉子焼などを入れる。おかずがすべて御飯の上に載る珍しいスタイルで、そのために見た目では分量が少なそうでそれなりに腹にたまる。味もなかなか。駅弁名の「山彦伝説」について、何も語られていない。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】お好み寿司 楓(840円) 2001年11月4日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 他の品川駅弁と同様に外枠に経木を使用した八角形の容器は内部で四分割され、写真のとおり押し寿司・ちらし寿司各種といなり・細巻が入る。全部が御飯だから腹持ちはするが、味はスーパーの惣菜並み。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】赤飯弁当(850円) 2003年4月26日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 品川駅の赤飯駅弁。正方形の経木枠容器に蓋と掛紙を兼ねるボール紙を載せて輪ゴムで止める。中身は柔らかい赤飯にエビフライ・肉団子・焼鮭・玉子焼・煮物などを添えるもの。以前に食べた他の品川駅弁と比較して、揚げ物の衣がカリッと厚くなっていた。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
←前は[品川駅700円台の駅弁] | 次は[品川駅900円以上の駅弁]→

2001年6月17日開設 2007年3月4日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.