banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

叙々苑特製焼肉弁当(2,365円)2017年3月14日に東京駅の京葉ストリートの駅弁売店で購入
Jojoen Tokusei Yakiniku Bento

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年の東京駅弁デビューか。東京都心で芸能人に人気がある高級焼肉チェーン店と東京駅のキヨスクがタイアップした、韓国風焼肉弁当。見るからに高級そうな厚手の専用紙箱に透明のトレーを入れて、白御飯に焼肉6切れを載せる焼肉丼と、キムチ、茎ワカメ、大根ナムル、金時豆を詰める。価格は発売当時で2,100円、2011年時点2,300円、2014年4月の消費税率改定により2,365円。

メインの牛肉は、厚みがあるうえに見るからに凄い霜降り。常温下でもかじると豊かな肉汁と脂味を出してきて、口の中で溶ける様は、その品質の良さが知れるもの。容器も風味も価格も焼肉駅弁の枠をはみ出しており、これが駅弁だと思われると全国各地の牛肉駅弁が厳しい評価を受けかねない。胃腸への重さも加え、食べたいけど購入を自粛しそうな弁当。

※2018年8月補訂:写真を更新
※2016年6月補訂:写真を更新
※2014年7月補訂:値上げを追記
※2010年2月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 叙々苑 東京都足立区堀之内1−20−4 03(3898)0089 http://www.jojoen.co.jp/

【掛紙】叙々苑特製焼肉弁当(2,365円)2016年5月28日に東京駅の駅弁売店「膳まい」で購入
Jojoen Tokusei Yakiniku Bento

掛紙

2016(平成28)年5月28日に購入した、東京駅弁のパッケージ。焼肉店の店内と外観の写真を掲載した、叙々苑特製焼肉弁当史上最も派手なデザインだったと思う。中身は発売当時も上記の1年後も、容器の構造を含めて変わらない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 叙々苑 東京都足立区堀之内1−20−4 03(3898)0089 http://www.jojoen.co.jp/

【掛紙】叙々苑特製焼肉弁当(2,100円)2006年10月14日に東京駅コンコースの駅弁売店で購入
Jojoen Tokusei Yakiniku Bento

掛紙

2006(平成18)年10月14日に購入した東京駅弁のパッケージ。10年後のものとだいたい同じ意匠だが、細部はいろいろ異なる。容器や中身や味は変わらない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 叙々苑 東京都足立区堀之内1−20−4 03(3898)0089

叙々苑焼肉重弁当(1,500円)2017年12月3日に東京駅の駅弁売店「膳まい」で購入
Jojoen Yakinikuju Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の発売か。上記の「叙々苑特製焼肉弁当」の廉価版と考えられる。容器は共通で、中身もほぼ共通で、中身の霜降り牛カルビが普通の牛焼肉になり、価格が約4割オフ。つまり、よくある牛肉駅弁を韓国風にしたもの。これでも値段も味も分量も、十分に高額で高級な牛肉駅弁。値段は1,400円、1,500円、1,600円と諸説ある。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 叙々苑 東京都足立区堀之内1−20−4 03(3898)0089 http://www.jojoen.co.jp/
催事駅弁

熊本あか牛サーロイン弁当(2,800円)2013年2月10日に鶴屋駅弁大会で購入
Kumamoto Akaushi Sirloin Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年2月の鶴屋駅弁大会で、東京駅弁「叙々苑焼肉弁当」などと共に実演販売されたお弁当。牛肉を商品名どおりの熊本あか牛サーロインの一枚物に差し替えた以外、容器や中身は東京駅弁と同じである。霜降りの脂身を味わう通常版と違い、こちらは柔らかい赤身を味わうもの。デパートでの実演販売に即し、調製元の所在地と連絡先が百貨店のそれになっている。

調製元
株式会社 叙々苑 熊本県熊本市手取本町6−1 096(356)2111