banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 東京駅 > 非JR系業者の軽食駅弁 (3種類収蔵)

←前は[東京駅日本食堂の駅弁] | 次は[東京駅非JR系業者の駅弁]→

国技館やきとり(600円) 2012年12月21日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 踊」で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 1950年代から国技館での大相撲観戦の名物となっている焼き鳥が、2012年8月の東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」オープンと共に東京駅構内でも販売されるようになったもの。厚く小さな紙箱の中に、焼き鳥が3本、つくね串が2本、コンパクトに収まる。現在は東京両国の国技館で、土俵の真下の地下工場で製造されているそうな。

 朝から夕方まで続く相撲の取組を観ながら食べるものであり、冷めてもおいしいよう、蒸してから焼く、6回たれに漬けるなどの工夫がされているという。しかし冷えてカサカサの焼き鳥たちは、個人的には冷めてもおいしいとは感じなかった。例えば東京駅弁「チキン弁当」のように、単体で食べてもうまいものではなく、相撲観戦や東京観光などとセットで語るべき、想い出の風味なのだろう。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【国技館サービス株式会社】東京都墨田区横網1−3−28 TEL:03(3625)2111 
瀬戸の魚島出世寿司(840円) 2006年3月11日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 2006年初頭に登場したと思われる。紙箱の中に固く硬く真空パックされて金沢駅のお贄寿しのように固まったた小さなサワラ棒寿司が入り、小さな掛紙を巻いてセロテープで留める。風味は普通。

 東京駅などNREの駅弁売店で売っているようなので、とりあえず東京駅弁としておくが、製造責任者は岡山県名義、収穫報告は東京駅や羽田空港に瀬戸内海各地その他という、所属不明な商品。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【有限会社せとうちフーズF】岡山県岡山市内山下2−7−5 TEL:086(221)9110

すえひろ天むす(700円) 2003年9月14日に横浜そごう内スーパーで購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 包装は土産物風で、小さなボール紙容器を包装紙で包装する。中身はひとくちサイズの天然海老天ぷらのおむすびが5個。味は良いがこの分量でこの価格はなかなか高価で、実は高級弁当。横浜のスーパーで購入したが販売箇所に東京駅構内が入っていたので、ここで紹介。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【有限会社天むす・すえひろ】東京都江東区亀戸6−28−1 TEL:03(3636)0008

←前は[東京駅日本食堂の駅弁] | 次は[東京駅非JR系業者の駅弁]→

2001年6月17日開設 2014年5月5日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.