banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

特製焼売と唐揚げの中華御膳(1,380円)2015年10月23日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Tokusei Syumai to Karaage no Chuka Gozen

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年から東京駅の駅弁売店「ニッポンの駅弁」と新宿駅南口コンコースのNRE駅弁売店で売られていると思う、テレビや雑誌で有名な料理人の名前を前面に出した弁当群「美味礼讃」シリーズのひとつと考えられる。ネット上の情報を総合すると、2015年9月7日の発売か。添付のしおりに「Vol.17」とあるため、シリーズの17番目の商品なのだろうか。

「陳建一監修」とのことで、パッケージにはその名前と写真が載り、中身の写真と商品名が描かれる。添付のしおりでもイラスト付きで描かれる中身は、十六穀米と白御飯の俵飯3個ずつに、焼売2種、鶏唐揚、ナス味噌炒め、イカチリ、春雨、高野豆腐など。四川料理を名乗るものの、ミニカップ入りの超激辛な「怪味ソース」を使わなければ、辛いものはないという親切な設計だった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
セカンドダイニング 株式会社 東京都港区南麻布4−5−55 03(6721)6447

四川の中華御膳(1,620円)2014年9月7日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Sichuan no Chuka Gozen

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2013(平成25)年から東京駅の駅弁売店「ニッポンの駅弁」と新宿駅南口コンコースのNRE駅弁売店で売られていると思う、テレビや雑誌で有名な料理人の名前を前面に出した弁当群「美味礼讃」シリーズのひとつと考えられる。この商品は2012(平成24)年11月6日にその「ニッポンの駅弁」で、「気仙沼ふか肉使用」をうたいデビューし、その後に「若姫牛使用」に変えた模様。紙帯に「Vol.13」とあるため、シリーズの13番目の商品なのだろうか。このシリーズの公式サイトと思われるページでは、別の商品が割り当てられている。

これもまた「陳建一監修」ということと、商品名のとおり、中身は中華弁当。正八角形の容器の中央に白飯を詰め、その周囲をエビチリ、タケノコと高菜の豚挽肉炒め、焼売2個、春雨サラダ、牛肉のオイスター炒め、カレイのフリッター、ザーサイで固める。まったく辛くない、駅弁では意外に少ない中華弁当。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 味彩 立川工場 東京都立川市錦町6−16−13 連絡先の記載なし

中村孝明監修特製懐石御膳(1,620円)2014年8月9日に新宿駅の南口コンコースの駅弁売店で購入
Nakamura Komei Kansyu Tokusei Kaiseki Gozen

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年から東京駅の駅弁売店「ニッポンの駅弁」と新宿駅南口コンコースのNRE駅弁売店で売られていると思う、テレビや雑誌で有名な料理人の名前を前面に出した弁当群「美味礼讃」シリーズのひとつと考えられる。この商品は、3種のアラスカ天然シーフードの使用をうたい、2013(平成25)年3月6日から半年間販売され、9月6日からいばらき地養豚の使用をうたい再発売された模様。紙帯に「Vol.10」とあるため、シリーズの10番目の商品なのだろうか。

「中村孝明監修」ということで、あでやかな紙箱を留める紙帯にはその名前と写真が載る。中身は白飯と豚そぼろ飯で2種6個の俵飯と、12区画のおかず。ステーキ、塩生姜煮、竜田揚げ、レンコンのきんぴらと玉子焼、ナス、こんにゃくとがんも、サトイモなどの煮物、シイタケなどの煮物、ひじき煮など。その雰囲気は、同じ監修者の今年1月の京王百貨店駅弁大会の鳥取駅弁「鳥取の味懐石御膳」と同じ。そもそも、俵飯や多くのおかずが同じだった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 味彩 立川工場 東京都立川市錦町6−16−13 連絡先の記載なし

小町(1,155円)2011年5月14日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Komachi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

デパ地下でおなじみの幕の内弁当屋「日本ばし大増」の懐石料理折詰メニューのひとつで、なぜか東京駅の駅弁売店で販売されていたもの。朱色の正方形の発泡材容器を二段に重ねて、商品名と宣伝文句を書いたボール紙で留める。中身は下段が白御飯にニンジンやタケノコなどの煮物、上段が鶏つくね、サーモン味噌焼、鶏肉味噌焼、きんぴらごぼう、ナス田楽、昆布煮など。値段も見栄えもデパ地下のもので、味はいつものNREの。価格は2011年の購入当時で1,155円、2014年4月の消費税率改定により1,188円。

※2017年11月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(5855)0581 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

新潟加島屋(鮭いくら丼)(1,200円)2011年5月7日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Niigata Kashimaya

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年5月までに東京駅構内食品街「グランスタダイニング」内「ニッポンの駅弁」で登場か。円形で上げ底の発泡材枠容器に透明な上げぶたをして、ブランドネームだけを書いた青い掛紙を巻く。中身は白御飯の上を塩が程良く利いた身厚なサーモンにイクラとガリだけで覆った鮭いくら丼。

食べてみればありがちな内容と味。しかし新潟加島屋は1855年(安政2年)に新潟市街で創業した海産物商で、その商品は贈答品にも使われるほか、各地の百貨店のデパ地下でも鮭の加工品や惣菜で親しまれるビッグネーム。そのため、鮭いくら丼の駅弁に名前が付いたのではなく、新潟加島屋が駅弁になるなんて、駅弁で食べられるなんてという反応で注目されているそうな。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ ニッポンの駅弁 東京都千代田区丸の内1−9−1 03(3212)4088

こだわり焼肉店「米沢べこや」の焼肉弁当(1,300円)2011年1月19日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Kodawari Yakinikuten "Yonezawa Bekoya" no Yakiniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

東北新幹線新青森開業に合わせた、2010(平成22)年12月4日の東京駅構内食品街「グランスタダイニング」内「ニッポンの駅弁」の開業に伴い、同日にオープニングスタッフとして登場か。米沢駅の駅弁屋が運営する焼肉屋のブランドを名乗り、調製元もその駅弁屋であるが、パッケージに駅弁マークは付いておらず、販売箇所は東京駅となる。

角のしっかりした直方体の加熱機能付き容器を、中身の写真や弁当の名前を印刷したボール紙の枠にぴったりはめる。中身は白御飯の上に牛バラ肉を貼り、半熟玉子とダイコン味噌漬を添えるもの。御飯の少量はともかく、肝心の肉が油だらけのうえ身が固い。宣伝が賑やかな分だけ、味は米沢の輸送駅弁より劣化した印象。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】南部地鶏三色弁当(1,000円)2011年11月18日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Nanbu Jidori Sansyoku Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

岩手県盛岡の繋(つなぎ)温泉の温泉旅館「四季亭」調理長の監修により、2010(平成22)年12月4日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で下記「三陸海の幸弁当」と共に販売を開始。調製元はNREでも盛岡の支店で、後に盛岡駅構内の「駅弁屋旨囲門」にも置かれるようになった模様。

下記「三陸海の幸弁当」と同じ容器を、こちらはニワトリと中身写真とおしながきなどを描いたボール紙の枠にはめる。中身は鶏照焼ごはん、鶏そぼろごはん、大粒の玉子そぼろごはん、ホウレンソウのおひたし、玉子焼、ミニトマト、ブロッコリーやカリフラワーなどの煮物など。やはり中身のうち4分の3を御飯が占める。味は常温でしっかりいつものNREだが、高齢者が買ってしまうと意外な分量の多さが厳しいかも。2013年までの販売か。

※2017年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】三陸海の幸弁当(1,200円)2011年11月18日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Sanriku Uminosachi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

岩手県盛岡の繋(つなぎ)温泉の温泉旅館「四季亭」調理長の監修により、2010(平成22)年12月4日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で「南部地鶏三色弁当」と共に販売を開始。調製元はNREでも盛岡の支店で、後に盛岡駅構内の「駅弁屋旨囲門」にも置かれるようになった模様。

長方形の発泡材容器に、温泉旅館と中身の写真やお品書きなどを印刷した黒い掛紙をかける。中身は焼鮭ほぐし身ごはん、イクラ醤油漬ごはん、ホタテとホヤのごはん、有頭海老やサトイモなどの煮物など。ということで中身のうち4分の3を御飯が占める。大粒でジューシーな具の味が印象的。半年間ほどの販売か。

繋温泉は盛岡駅から毎時1本の岩手県交通バスで約30分。平安時代末期に源義家が戦の本陣をここに置き、愛馬を石に繋いで温泉に入ったという言い伝えから、この名が付いたという。1981(昭和56)年に完成した御所ダムのほとりに大規模ホテルがいくつも建つ。

※2017年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】豚バラ肉やわらか煮弁当(1,050円)2010年12月18日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Butabaraniku Yawarakani Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線新青森開業に合わせた、2010(平成22)年12月4日の東京駅構内食品街「グランスタダイニング」内「ニッポンの駅弁」の開業に伴い、同日にオープニングスタッフとして登場か。横浜中華街の広東料理店のブランドを名乗り、調製元は大船駅弁の大船軒で、これでパッケージに駅弁マークが付き、しかし販売箇所は東京駅となる。

黒い発泡材枠の長方形容器に透明なふたをかけ、弁当の名前とお店の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に豚バラ肉煮をきれいに6切れ並べ、高菜炒め、煮玉子、ホウレンソウ炒めを添えるもの。味も内容もとてもシンプルな感じ。2016年までの販売か。

※2017年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】東京甘酢だんご御弁当(880円)2010年12月18日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Tokyo Amazu Dango Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線新青森開業に合わせた、2010(平成22)年12月4日の東京駅構内食品街「グランスタダイニング」内「ニッポンの駅弁」の開業に伴い、同日にオープニングスタッフとして登場か。東京都日比谷の中華料理屋のブランドを名乗り、調製元は小淵沢駅の駅弁屋で、これでパッケージに駅弁マークが付き、しかし販売箇所は東京駅となる。

木製の長方形容器に、商品名と何らかのマークを印刷する紫色の掛紙を巻く。中身は俵飯風に至らぬ日の丸御飯に、肉団子が3個、エビ焼売が2個、カレイ味噌焼、玉子焼、かまぼこ、タケノコ煮、赤かぶ漬。横浜駅弁「シウマイ弁当」と名前や内容はかなり違うが、同じような機能と雰囲気を感じるもの。肉団子のみの単品販売(10個で280円)もあった。2012年までの販売か。

※2017年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 丸政 山梨県北杜市小淵沢町996 0551(36)2521 http://www.genkikai.org/

【終売】牛肉すき焼きチャーハン(1,000円)2010年12月17日に東京駅グランスタ「ニッポンの駅弁」で購入
Gyuniku Sukiyaki Chahan (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線新青森開業に合わせた、2010(平成22)年12月4日の東京駅構内食品街「グランスタダイニング」内「ニッポンの駅弁」の開業に伴い、同日にオープニングスタッフとして登場か。東京都日比谷の中華料理屋のブランドを名乗り、パッケージ底面の記述によるとこの店舗が山梨県の小淵沢にもオープンしたそうで、そして調製元は小淵沢駅の駅弁屋で、これでパッケージに駅弁マークが付き、しかし販売箇所は東京駅となる。

やや小柄な長方形の発泡材製容器に透明なふたをして、中身のイメージ写真や商品名や宣伝文を書いた黒いボール紙の枠にはめる。中身はチャーハンの上に牛すき焼き肉を詰めて、玉子焼、ニンジンとサトイモの煮物、赤かぶ漬を添えるもので、内容も風味も駅弁名どおり。ねりわさびが2袋も入り、これを使用することが推奨され、その個性的な仕掛けと味が特徴であるようだが、個人的にワサビは無理なので使わなかった。2014年までの販売か。

※2017年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 丸政 山梨県北杜市小淵沢町996 0551(36)2521 http://www.genkikai.org/