banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

鰻(愛知県三河一色産鰻のまぶし重〜三味〜)(1,625円)2016年7月15日に東京駅構内の商業施設「グランスタ」で購入
Nagoya Meibutsu Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東京駅構内の商業施設「グランスタ」で買えたお弁当。紙帯には「鰻」としかないが、食品表示での商品名は「愛知県三河一色産鰻のまぶし重〜三味〜」。ここでイベリコ豚重が大当たりした、eashionの商品。タレでどす黒くなった御飯を、これまた濃い色のウナギ蒲焼きで覆う。ふたに貼り付けた「鰻まぶしの食し方」のとおり、名古屋名物のひつまぶしのような食べ方を推奨し、そのためのワサビの小袋と、だしの大袋を詰める。ヤワな容器と、分量もタレもたっぷりの飯とウナギを見ると、そのまま鰻丼として食べ切りたくなる。ウナギはまるで鶏照焼スライスのような形状で千切りにされ、実分量以上のボリューム感があった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
eashion グランスタ店 カネ美食品 株式会社 東京都千代田区丸の内1ー9−1 JR東日本東京駅構内地下1階 03(5220)2867 http://www.kanemi-foods.co.jp/

名古屋名物弁当(1,458円)2016年7月15日に東京駅構内の商業施設「グランスタ」で購入
Nagoya Meibutsu Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東京駅構内の商業施設「グランスタ」で買えたお弁当。調製元は名古屋、東京、大阪の各地の商業施設に店舗を展開する惣菜屋ないし食品業者であるため、この弁当も東京駅に限らず各地で売られるものと思われる。中身は白御飯が多め、具が少なめの、鰻丼とカツ丼の組合せ。これを名古屋っぽく表現して、「うなぎまぶしと味噌ヒレカツ」となる。見た目どおりの味がする、デパ地下の惣菜弁当。駅弁屋と違い、ここでは各テナントが店内で弁当を調製している。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 まつおか グランスタまつおか 東京都千代田区丸の内1−9−1 JR東日本東京駅地下一階 連絡先の記載なし http://www.souzai-matsuoka.com/

宮川本廛 うなぎ(?円)2016年3月4日に新宿駅駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Miyagawa Honten Unagi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新宿駅の駅弁売店で買えたウナギ弁当。東京駅では「膳まい」で売られていると思う。東京の築地で明治26年に創業したという鰻料理屋のブランドを印刷した紙箱の中に、白御飯とウナギ蒲焼と奈良漬のみが入る、ホカ弁向け容器が出てくる。鰻丼の味も含めて、シンプルな味わい。このブランドはどうも、かなり多岐にのれん分けがされているらしい。駅弁では箱根湯本駅で、あまりうまくないものを買ったことがある。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 新宮川 東京都新宿区北新宿2−2−22 連絡先の記載なし

黄金うなぎ押寿司(1,080円)2015年8月2日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ougon Unagi Oshi Zushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の夏の土用の丑の日に向けて、7〜8月の販売か。小田原駅弁の東華軒の名が掛紙に見えるが、東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」での実演販売でのみの販売のようで、その調製元はNREである。中身はタレ酢飯にウナギ蒲焼を貼り付けたバッテラが5個と、小田原駅弁「小鯵押寿司」に入るシソ巻きがひとつ。これを笹の葉に並べ、細長い惣菜容器に詰める。今時のウナギ駅弁としては、価格が抑えられた。可食部は極小で、味でも量でもウナギが弱いのは、ウナギの暴騰のせいなので我慢我慢。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都千代田区丸の内1−9−1 連絡先の記載なし http://www.nre.co.jp/

うなぎ弁当(1,800円)2015年4月5日に新宿駅南口駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Unagi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の夏には販売されていた、東京駅のうなぎ弁当。双日プラネットの加熱機能付き容器「ナルホット」を使用、中身は白御飯とウナギ蒲焼と奈良漬のみのシンプルさ。この容器を使う駅弁の宿命として分量は少ないうえ、お値段はみてのとおりであるが、ウナギの分量は確保され、風味もいい感じ。

このような見栄えの容器を使う駅弁は、北海道や本州の各地にある。通常は発熱体を収める底面側の容器に、断熱を目的に厚めの発泡材を使う。この駅弁では目新しく、薄めのボール紙とプラ製トレーの組合せに合理化されていた。パッケージの底面側に「こちらは底面です」と記す方法も初めて見た。

※2015年4月補訂:写真の更新と解説文の手直し
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

【掛紙】うなぎ弁当(1,350円)2009年8月22日に東京駅駅弁売店で購入
Unagi Bento

掛紙

2009(平成21)年8月22日の調製と思われる東京駅弁のボール紙製パッケージ。中身は上記の現行のものと、まったく同じ。パッケージの記載内容もほぼ変わらないが、当時はまだこの値段で買えた。容器も他の駅の長方形の加熱機能付き容器と同じだった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

どまん中百選 牛肉どまん中 うなぎどまん中(1,300円)2013年6月30日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Domannaka Hyakusen Gyuniku Domannaka Unagi Domannaka

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年4月までに、東京駅構内の駅弁売店「駅弁屋 祭」「駅弁屋 踊」の限定商品として登場か。白御飯に牛肉煮を載せて、昆布巻やサトイモなどの煮物と大根桜漬を添えた箱と、白御飯に錦糸卵と刻み海苔を振り、プチ鰻蒲焼5個を置き、山椒と漬物を添えた箱を並べ、それぞれのパートにそれぞれの名前を書いたボール紙の枠にまとめてはめる。

つまり、米沢駅の名物駅弁「牛肉どまん中」をハーフサイズにして、さらに「うなぎどまん中」なる部分を同じサイズでくっつけた。割り箸を2膳付けており、真ん中で千切ってふたつのミニ駅弁にすることもでき、調製表示も2枠書いてある。これはとてもユニークな試み。調製元はもちろん、「牛肉どまん中」の米沢駅の駅弁屋であるが、あくまでも東京駅限定の駅弁である。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311  http://www.shinkineya.com/

うなぎ弁当(2,250円)2010年11月28日に東京駅「膳まい」で購入
Unagi Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

漆器を模した正方形のボール紙製容器に、調製元のオリジナルかもしれない掛紙を巻く。中身は白御飯の上に薄い色のタレを撒き、国内産ウナギの蒲焼きを2切れ敷き、柴漬けを添えるもの。皮の厚い脂肪が舌で溶ける良い風味。タレが別添されるが、ボトルではなく袋のタイプなので量の調整が利かず、容器は紙製なので漏れが心配で、旅の途中では使えないのではと思った。これと価格のみが欠点。調製元は文政10年(1827年)創業というウナギの問屋及び食堂。価格は購入当時で1,680円、2012年時点で1,980円、2014年時点で2,250円。

※2015年4月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 ての字 東京都港区西新橋3−19−12 連絡先の記載なし

【終売】うなぎあなごよくばりわっぱ(1,100円)2012年7月18日に東京駅NRE5号売店で購入
Unagi Anago Yokubari Wappa (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年から7〜8月に販売されている駅弁か。NREの東京エリアでの主力駅弁のひとつである「五目わっぱめし」と同じ容器を使用、中身は白御飯の上を錦糸卵で覆い、同じような姿をしたウナギ蒲焼と煮アナゴを少々貼り、ニシン昆布巻やレンコンの和え物などを添える。ウナギとアナゴが柔らかく薄く上品なので物足りなさも感じるが、食堂の鰻重が四千円を超えるようなこの夏のウナギの高騰を考えると、NREの普段着や得意分野を生かして頑張ったものだと感じた。なお、この駅弁は2012年の販売を最後に出ていない模様。

※2015年4月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

【終売】うな重(1,200円)2011年11月3日に東京駅「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」で購入
Unaju (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年11月3〜6日に東京駅「駅弁屋旨囲門」と「5号売店」で開催された「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」で販売された「出来立てあたたか駅弁対決」4種のうちひとつ。長方形でプラ製のスーパー並み惣菜容器に、白御飯を詰めてウナギの蒲焼きを載せて大根漬と小ナス漬を添えるもの。購入時は普通に冷めており、静岡県産ウナギ使用ということで少量高価だが、味は中身と同じくシンプルだった。

掛紙記載「御ぞんじ亭」は、NRE大増がエキナカではない場所に出しているウナギ専門店の名称で、池袋と光が丘と所沢の西武系商業施設内にある模様。たしかに小ナス漬はNRE駅弁の味だし、調製シールには「(株)日本レストランエンタプライズ」と書いてあった。なぜNREの駅弁大会でNREのブランドを隠したのかは不明。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都千代田区丸の内1−9−1 03(3213)4352 http://www.nre.co.jp/

【終売】特選うなぎ弁当(1,350円)2008年7月19日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Tokusen Unagi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

東京駅のうなぎ駅弁は過去にも存在していたが、これは2008(平成20)年5月9日の登場。発泡材枠でサイズをふかした印象の長方形容器に透明なふたをして、商品名を書いたボール紙の枠にはめる。中身はタレ御飯にウナギ蒲焼きのカットを10個詰め、奈良漬とナス漬物と、タレと山椒を添えるもの。

今年のウナギは例年の資源枯渇と稚魚高騰に加えて国産信仰の高まりを受け、ますます調達や価格付けが困難であったのだろう。ゴム草履とは言わないが柔らかさが弾力感で出るウナギ蒲焼きは、カットによる増量感にも限度があるし、かつての1300円のウナギ駅弁をイメージするとがっかりする。一方で漬物はうまかった。2015年時点で、加熱機能付きでないNREのうなぎ弁当は見かけなくなっている。

※2015年4月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/

【終売】うなぎ弁当(1,200円)2004年10月11日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Unagi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年6月1日の登場だが、同名同種の駅弁は過去に出ていたと思う。ボール紙の蓋一体型長方形容器に「うなぎ」の字を大きく描くのに調製シールで覆い隠してしまった。中身は白いトレーに白御飯の塊を置き鰻蒲焼を載せ漬け物とタレを添えるだけ。

高知県産と記してあった鰻は、すりつぶして固めたような度を超す柔らかさで、添付のタレをかけてもかけなくても風味や食感がまるでなく、大昔の新幹線の鰻弁当とは別の意味でハズレを引いた感じ、とても不思議な味だった。おそらく全部が全部そうではないと思う。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/