banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

小鯵押寿司(1,030円)2003年6月8日に小田原駅コンコース駅弁屋台で購入
Koaji Oshizushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1903(明治36)年に国府津駅で誕生した伝統の駅弁。長方形の浅めで華奢な発泡材枠容器に、真っ白なボール紙でふたをして紙帯で留めて、それを土産物の菓子類のように包装紙で完全に包み込む。白いプラ製トレーに浅く固定される中身は、一口サイズのアジ押寿司が8個と、しそ巻き寿司が2個。ミニボトル入りの醤油と袋入りの甘酢生姜が添付される。

大船駅にも伝統の駅弁が同じタイプで存在するが、あちらは1913(大正2)年の登場と少し新しい。分かりやすい大きな差異はしそ巻き寿司の有無。価格は2003年当時で900円、今回は980円、2015年時点で1,030円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2011年6月補訂:写真の更新、解説文の増強、価格の追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

小鯵押寿司(1,000円)2001年6月29日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Koaji Oshizushi

掛紙 外観 中身

1903(明治36)年に国府津駅で誕生した伝統の駅弁の、平塚・国府津・小田原・熱海間の各駅以外で販売されるバージョン。包装が菓子折風ではなく大船駅弁そっくりの掛紙を巻いたタイプになり、中身は一口サイズの鯵押寿司8個とシソ千枚漬巻き1個、これをトレーを使用して隙間をあけて配置する点が現地版と異なる模様。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

小鯵押寿司M(1,050円)2001年7月29日に平塚駅コンコース駅弁売店で購入
Koaji Oshizushi

外観 中身

1903(明治36)年に国府津駅で誕生した伝統の駅弁。「S」と比較して鯵押寿司が2個多い10個入っており、価格も150円アップ。当然に味は同一である。細長の面持ちもあり、美しい写真で見れば菓子折にしか見えないが、実物は御飯の水分を吸ってしわがあるのですぐ見分けが付く。糊付けの包装紙がはがしにくい、駅弁掛紙コレクター泣かせの一品。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】昆布〆小鰺押寿司(680円)2011年11月27日に箱根湯本駅改札外コンコース弁当売店で購入
Konbujime Koaji Oshizushi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年1月の発売開始か。細長くとても小さな発泡材枠容器に、小田原駅弁の小鯵押寿司を6個詰める。食べるとなんとなく昆布のエキスが香る気がしたほか、いつも見た目にパサパサでバラバラな通常品と違い、これは魚の身が整っていた。シソ巻や菜巻きが入らない点も、個人的にうれしいところ。同年中に終売の模様。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】特選小鯵押寿司&鯛めし(800円)2007年7月29日に小田原駅橋上コンコース駅弁売店で購入
Tokusen Koaji Oshizushi & Taimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

東海道本線横浜〜国府津間の開業120周年を記念して、2007(平成19)年7月14〜29日の土休日に販売された記念駅弁。掛紙のデザインと中身は駅弁名どおり、小田原の名物駅弁「小鯵押寿司」と「鯛めし」が半分ずつ。風味も当然に、それらと同じ。

経木折のシウマイを復刻したり駅弁立売を実施した横浜や大船に比べれば、小田原の記念行事は寂しいが、なにもやらないよりはいい。なお、インクジェット印刷の掛紙に「東海道開業120周年記念」と印刷され、調製シールの商品名にもそう書いてあったが、どう考えても「線」が抜けていると思う。(東海道は徳川家康が宿駅伝馬制度を導入してから406年目)2010年まで販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【掛紙】小鯵押寿司(250円)1973年12月16日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1973(昭和48)年12月16日10時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。現在の「小鯵押寿司」と異なり、容器を完全には覆えない掛紙が使われており、その大きさは現在より小さかった。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】小鯵押寿司(500円)1980年9月28日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1980(昭和55)年9月28日12時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。1973年のものと比較して、価格が倍になり、国鉄キャンペーンのロゴマークが「DISCOVER JAPAN」から「いい日旅立ち DISCOVER JAPAN2」に変更されているが、それ以外は全然変わっていない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】小鯵押寿司(600円)1985年5月26日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1985(昭和60)年5月26日9時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。1980年のものと比較して価格が100円上昇するとともに、雰囲気を変えないままデザインが少々手入れされている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】小鯵押寿司(600円)1986年1月4日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1986(昭和61)年1月4日12時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。前年のものと比較して価格を含め変更点はない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】小鯵押寿司(600円)1986年4月27日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1986(昭和61)年4月27日14時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。約3か月前のものと比較して、価格を含め変更点はない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】小鯵押寿司(870円)1999年8月8日調製
Koaji Oshizushi

掛紙

1999(平成11)年8月8日7時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。現在のものと比較して、意匠は同じだが内容は異なる。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171