banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

小田原わっぱや 唐揚げ(650円)2004年7月11日に小田原駅コンコース観光売店で購入
Odawara Wappaya Karaage

掛紙 外観 外観 外観 中身

小田原駅橋上自由通路でブース販売されていたお弁当。駅弁の範ちゅうに入るかどうかは怪しいが、とりあえず収蔵。枠は木材の円形わっぱ容器をボール紙の枠にはめる姿は駅弁らしい。中身は各種あるが購入したものは「唐揚げ」とあり、御飯の上に鶏そぼろと錦糸卵を敷き詰め、小指サイズのサイコロ鶏唐揚を十数個散らして、きくらげやぜんまいなどを添える。

購入時に加温を勧められたが、駅弁としての収蔵を考えて断った。しかし常温で食べると鶏唐揚の脂と油と醤油か塩の刺激味が口と胃に物凄く重く、暖めればそれが少しは軽くなるのだろう、やはりこれは駅弁ではないと考える。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 しいの食品 神奈川県小田原市成田939 0465(36)5511 http://www.shiino.co.jp/

しらすご飯(680円)2007年7月29日に小田原駅橋上コンコース台売りで購入
Shirasu Gohan

外観 外観 中身

小田原駅の橋上自由通路で台売りされていたお弁当。商品見本では色紙に墨書きしたデザインの掛紙を巻いていたが、実物はこのとおりの惣菜弁当。中身は白御飯の上にしらすをたっぷり敷き詰めて、厚焼き玉子や里芋や鶏唐揚を添えるもの。素っ気ないけど、かわいらしい。

前回(2004年)に初めてこの調製元の弁当を駅で収穫した時と比べて、売店も商品も完全に変わっていた。駅弁とそうでない弁当との大きな差異のひとつが、ここにある。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
あ・うん 神奈川県小田原市城山1丁目6−29 0465(35)6646

お肉屋さんの作ったとん焼き弁当(980円)2004年7月10日に小田原駅コンコース観光売店で購入
Onikuyasan no Tsukutta Ton Yaki Bento

掛紙 外観 外観 中身

トレーを入れたボール紙パッケージの中に、日の丸御飯ととても柔らかな国産豚ロース肉生姜焼に、ポテトサラダやフライドポテトや生野菜などを詰める。小田原駅自由通路内の駅弁山積売店で入手した、小田原市内の食肉店兼惣菜屋の駅弁風弁当で、肉屋と惣菜部門で使い分けるのか、同じ調製元の「箱根めぐり道中おにぎり」と比較して、調製元の電話番号が1番だけ異なる。価格は購入当時で800円、2015年時点で980円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 丸高 神奈川県小田原市栄町2丁目3−15 0465(22)4181 http://www.0465.net/omise/takahashi/

浜焼き弁当(1,230円)2004年7月11日に小田原駅コンコース観光売店で購入
Hamayaki Bento

掛紙 外観 外観 中身

黒いトレーをふたつ入れたボール紙のパッケージは、手に持つだけで重量感がある。中身は柔らかくたっぷりの茶飯、分量のある焼魚、分厚い紅白の蒲鉾に玉子焼、五目巾着や煮物類など、分量と品質の両方を同時に満足できる内容。ただ、調製シールに「保存温度10℃以下」とあり、駅弁らしくなく常温に弱いらしい。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,230円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 丸高 神奈川県小田原市栄町2丁目3−15 0465(22)4181 http://www.0465.net/omise/takahashi/

会席膳ゆのか(1,030円)2004年7月11日に小田原駅コンコース観光売店で購入
Kaisekizen Yunoka

掛紙 外観 外観 中身

小田原の駅弁屋の弁当なのに直営の駅弁売店で取り扱われない街弁扱いらしい商品。正方形ボール紙製の市販惣菜弁当容器に駅弁名を記し、調製シールを貼った紙帯を巻き輪ゴムで留める。中身はトレーで9分割され、じゃこめし・炊込飯・赤飯と三種の御飯と、チーズ帆立やナス豚肉揚げ、春巻や枝豆揚や春巻に椎茸や人参などの煮物、デザートに弁当名の焼き印がある温泉饅頭。

調製シールに35種類もの食材が記される具だくさん弁当。さすが駅弁屋の弁当で、常温での味が引き立つ。この時期の小田原駅で一週間に17個もの駅弁を購入したが、その中で一番の出来だと感じた。訪問時には小田原駅橋上自由通路の土産物売店で、箱根湯本他の弁当に埋もれる形での販売だった。箱根湯本の土産物屋で人気だとか。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,030円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

あじふらい(1,000円)2007年7月29日に小田原駅橋上コンコース台売りで購入
Aji Fly

掛紙 外観 外観 中身 中身

小田原駅の橋上自由通路で、台売りされていたお弁当。黒く分厚い発泡材容器に、こちらは同時購入の「しらすご飯」と違い商品見本どおり、色紙に墨書きしたデザインの掛紙を巻く。中身は白御飯の上にキャベツ千切りを敷いて、写真のとおりソースで真っ黒になったアジフライを3切れ載せて、煮物と厚焼き玉子を添えるもの。

アジフライは見た目に反してさっくり爽やかな風味で、調製元が人気者と紹介する厚焼き玉子もほのかにふんわり甘く、旧国鉄駅の駅弁屋とは見栄えも内容も風味もひと味違うもの。アジフライ弁当に千円も払うのは抵抗感があるから、うまく宣伝して調製元の個性を反映した駅弁だと認識してもらうとよさそう。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
あ・うん 小田原ラスカ店 神奈川県小田原市栄町1−1−9 連絡先の記載なし