banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

梅の郷(1,000円)2011年3月6日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Ume no Sato

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年2月の登場か。発泡材枠の長方形容器を2段重ねて、木目柄のボール紙でふたをして、梅花を描いた梅色の掛紙で包む。中身は下段が梅御飯、上段がおかずでキンメダイ照焼、かに風味コロッケ、タラノメやタケノコなどのかき揚げ、鶏の梅焼き、サトイモやニンジンなどの煮物、かまぼこと玉子焼、シュウマイ2個など。少々のチープ感があり、下段は梅干し嫌いの館長でも問題なく食べられるほど梅の風味が薄いものであるが、花見の弁当にできそうな分量と彩りと風味があった。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】うらら弁当(980円)2006年5月7日に小田原駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Urara Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

小田原駅の春駅弁の2006(平成18)年版。前年版と比較して容器や掛紙は同一で、中身も間違い探しの範囲でしか異ならないが、なぜか値段は70円下がり、3桁に抑えられている。駅弁マークが掛紙ではなく調製シールに載るのは引き続きユニーク。小田原駅の橋上化後長らく、改札内コンコースでの駅弁販売は屋台だったが、今回訪問したら改札脇に立派な売店ができており、びっくりした。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】うらら弁当(1,050円)2005年4月30日に小田原駅橋上コンコース駅弁屋台で購入
Urara Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

小田原駅の春駅弁の2005(平成17)年版。木目調発泡材の正方形容器に木目印刷の紙蓋をして、これを春色の掛紙で包んで桜色の紙ひもでしばる。中身は井形の仕切りの中央に桜御飯を詰め、その周囲にブリと菜の花、里芋などの煮物、玉子焼やエビフライなどを配置する。従来の季節駅弁より200円高いが、おかずの見栄えと分量と品質がそれ以上は向上し、しかし大きな調製シールで見栄えを落としている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】春輪っぱ(850円)2004年5月4日に熱海駅ホーム上駅弁売店で購入
Haru Wappa (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年の春に登場した、新たな季節駅弁シリーズ。蓋の枠だけ経木でその他の部分はボール紙製の小判型容器をボール紙の枠で留める。中身は竹の子や椎茸などを散らした茶飯に、煮魚や煮物や玉子焼。以前からある季節駅弁と比較して同価格で同品質も少量なのは寂しいが、一方でこれは少食な方にも季節駅弁を提供しようという駅弁屋さんの姿勢かもしれない。このシリーズはこの年限りか。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】季節のおべんとう春(850円)2002年4月10日に小田原駅地下通路駅弁売店で購入
Kisetsu no Obento Haru (end of sales)

掛紙 外観 中身

小田原駅の春限定の駅弁。発泡材の正方形容器に桜色の掛紙をかけてピンク色の紙ひもでしばる、外見だけで春いっぱいの駅弁。中身はタケノコと油揚げの混ぜ御飯にサワラ・アジフライ・里芋などの煮物・菜の花和えなどと、桜色の衣を付けた海老団子。おかずに濃い味のものが少なく御飯が余りそうに見えて、飯だけで食が進み逆におかずを余してしまった。このシリーズも現存しないと思う。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/