banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

金目鯛西京焼弁当(950円)2016年10月27日に湯河原駅のコンビニで購入
Kinmedai Saikyoyaki Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年の秋に発売か。2016(平成28)年10月からのJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」では、熱海駅の駅弁としてエントリー。茶飯をキンメダイの西京焼き2切れと、シイタケ、フキ、ニンジン、レンコン、高菜、錦糸卵で覆い、ひじき煮と大根つぼ漬を添える。

飯も魚も、コンビニでの冷蔵販売で冷たいのに、ふんわりとした味わい。そんな味に影響はないものの、駅弁らしいボール紙枠に収める安っぽいプラ製容器はともかく、メインの金目鯛は公式サイト写真の半分程度の大きさにしか見えず、散らす具は乱雑で、見栄えの工夫がもっと欲しいところ。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

うなぎ金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳(1,100円)2016年4月17日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Unagi Kinmedai to Ginzake no Ainose Gozen

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年の1月か2月に発売。パッケージの写真のとおり、容器の3区画に銀鮭西京焼丼、うなぎ丼、キンメダイ煮付け丼を並べる。このとおり御飯だらけ、御飯物だけの駅弁であるが、そんなに大量でなく、いろんな魚を味わえるという点で希少な個性を備える。発売時点で小田急時刻表に単独広告を出すなど、調製元一押しの駅弁。なお、今回は東京駅の駅弁売店での実演販売で購入したため、調製シール上の製造者が東華軒でなく日本レストランエンタプライズになっている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

炙り金目鯛と小鯵押寿し(1,350円)2011年12月16日に上野駅「駅弁屋 匠」で購入
Aburi Kinmedai to Koaji Oshi Zushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年7月の発売。小田原駅伝統の駅弁「小鯵押寿司」と、2005年に登場した「金目鯛炙り寿司」を5個ずつ入れて、しそ巻き御飯と広島菜巻き御飯も1個ずつ詰めて、おろししょうが、甘酢生姜、ねりわさび、醤油を添える。見栄えはおとなしいのに中身は盛りだくさん。風味は両者の評判どおり。価格は購入当時で1,300円、2015年時点で1,350円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2012年6月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

金目の鯛ごはん(990円)2010年6月27日に箱根湯本駅コンコース売店で購入
Kinme no Tai Gohan

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年までに登場か。長方形の発泡材枠容器に駅弁名をシンプルに書いた赤い掛紙を巻く。中身は混ぜ御飯の上にキンメダイの切り身の焼き物を2枚貼り付け、ニンジンやサトイモなどの煮物、菜の花、柴漬け、川エビなどを添えるもの。御飯や魚はとってもとろける感じ。価格は購入当時で980円、2015年時点で990円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社丸高(小田原あじ彩)神奈川県小田原市栄町2−3−15 0465(22)4180 http://marutaka29.com/

金目鯛炙り(あぶり)寿司(1,250円)2006年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kinmedai Aburi Zushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年の登場。容器や中身は上記、そしておそらく前作であろう「金目押寿司」と同じだが、金目鯛の表面は軽くあぶられており、掛紙のデザインを一新し商品名も変えて、ついでに価格も30円アップ。風味も含めて全体的にぐっと現代風になった感じ。価格は発売時や購入当時で1,050円、2015年時点で1,250円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】金目鯛と桜海老の釜めし(950円)2010年10月11日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Kinmedai to Sakuraebi no Kama Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年10月9〜11日に東京駅で開催された「第12回東日本縦断駅弁大会」までに用意された新作。総プラスティック製の釜型容器を使用、商品名とキンメダイやエビを描いたボール紙製の赤い掛紙をかける。中身は茶飯の上にキンメダイの漬け焼きとサクラエビの炒り煮を置き、玉こんにゃく、シイタケ煮、タケノコ、レンコンを添え、わさび味噌を付けるもの。

確かに内容は駅弁名どおりで、駅で買えるのならば定番品に負けないおいしい食事にできそう。ただし、駅弁大会のプレスリリースに掲載された写真では、容器が陶製であった。2013年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】きんめ鯛うめ煮丼(950円)2008年8月16日に小田原駅改札内コンコース駅弁売り場で購入
Kinmedai Umeni Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年7月に登場。ボール紙製の楕円形容器を、商品名や中身写真を描いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上にキンメダイの煮付けをどーんと置き、ひじきと大根漬と梅干とフキを添えるもの。

金目鯛は梅干と煮たそうだが、普通の煮付けと変わらない味。味はともかく雰囲気にやっつけ感のある家庭料理だが、キンメダイの駅弁など小田原と伊豆急下田にしかないし、寿司ではなく煮付けは初めてだと思うので、今後の競争やリニューアルで洗練されていくことが期待できる。2009年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】金目押寿司(1,020円)2002年12月21日に小田原駅地下通路駅弁売店で購入
Kinme Oshizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

小田原駅弁名物の小鯵押寿司の金目鯛バージョン。金目鯛色の包装紙に発泡材の容器が包まれる。紙のふたを開くとトレーの上に金目鯛の押寿司が7個、しその葉を巻いた寿司がひとつ、みょうがを載せた寿司がひとつ入る。ふんわり甘い食感が、やはり上品だ。下記「金目鯛炙り(あぶり)寿司」の登場までには終売となった模様。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【掛紙】炙り金目鯛と小鯵押寿し(1,300円)2006年10月8日に日比谷公園の鉄道の日フェスティバルで購入
Aburi Kinmedai to Koaji Oshi Zushi

掛紙

2006(平成18)年10月8日調製の、小田原駅弁の包装紙。当時は2011年時点と違い、容器を包装紙で包んでいた。中身と価格は変わらない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1丁目3番地54号 0465(47)3171