banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

相模こゆるぎ茶めし(830円)2002年9月7日に小田原駅コンコース駅弁売店で購入
Sagami Koyurugi Chameshi

掛紙 外観 中身

地元で作る梅干の樽を模したというボール紙製のわっぱ型容器を、厚紙の枠にはめる。中身は茶飯の上に、鯛風魚肉そぼろ・蒲鉾・あさり照焼など、相模小田原の海や山の幸を詰め込んだ。この廉価版は飯が顔を出す程度の具の量で、「デラックス」が付いた870円のものは鮭や卵・牛そぼろなど具の量と種類が増えて御飯が見えなくなる。

「こゆるぎ」とは小田原の地名の由来という説があり、これを駅弁の名前に採用した。幕の内ではないが、特殊弁当とまでは特徴のない中身に、最適の名称と思える。味は良好。価格は購入当時で710円、2015年時点で830円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

相模デラックスこゆるぎ弁当(950円)2015年10月10日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Sagami Deluxe Koyurugi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1984(昭和59)年の発売。木目調ボール紙製の円形容器に同柄同素材のふたをかけ、駅弁名を書いたボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上をとりそぼろ、椎茸、タケノコ角煮、炒り卵、鶏照焼、海老天、マス塩焼、蒲鉾、枝豆などで覆い隠すもの。

小田原駅その他でいつでも売っている定番品で、しかし定番品の中では「小鯵押寿司」の陰に隠れて目立たないが、実力派のなんでも丼に需要が付いているからこそ、いつでも買える駅弁なのだと思う。旅の友として食べたい駅弁。

※2015年10月補訂:写真を更新
※2013年8月補訂:写真の更新と発売年の追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【掛紙】相模デラックスこゆるぎ弁当(900円)2012年5月18日に箱根湯本駅コンコース弁当売店で購入
Sagami Deluxe Koyurugi Bento

掛紙 掛紙

2012(平成24)年5月18日の調製と思われる、小田原駅弁のボール紙枠。上の3年後と、容器も中身も変わらない。価格と調製シールの扱いのみの違い。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186

【掛紙】相模デラックスこゆるぎ弁当(870円)2006年5月19日に横浜駅改札内コンコース弁当売店で購入
Sagami Deluxe Koyurugi Bento

掛紙 掛紙

2006(平成18)年5月19日の調製である小田原駅弁の掛紙。6年後の上記のものと上面はまったく同じ。下面には調製シールを貼る場所がなく、そのため説明文が長く、調製シールは上面にべったり貼られている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186

【終売】東海道元祖小田原駅弁 こゆるぎ茶めし(500円)2006年7月2日に横浜駅改札外コンコース弁当売店で購入
Tokaido Ganso Odawara Ekiben Koyurugi Chameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年春頃にシリーズで登場。正方形の小さな発泡材容器に透明なふたをかけ、中身を半分見せる紙枠をはめて、ラップで全体を包装する。中身は茶飯の上に炒り卵とタケノコ角煮と、小田原駅弁自慢のとりそぼろを敷いて、椎茸などの煮物と大根つぼ漬けを添える。つまり、小田原の定番駅弁「相模デラックスこゆるぎ弁当」から、おかずの一切を取り除いた簡略版。

東華軒は根拠ある記録上では東海道本線沿線で最古となる、1888(明治21)年の国府津駅での駅弁販売をルーツにする駅弁会社なので、「東海道元祖…駅弁」を名乗る資格がある。ただ、今回のワンコイン商品群の見栄えに、駅弁の風情や雰囲気は薄い感じがする。それでも味はやっぱり駅弁屋。出来たてでない常温の状態でも美味そうな、ちょっぴり濃いめの風味を付けてくれる。翌年には売店で見られなくなったと思う。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/