banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

小田原名物鯛めし(830円)2016年6月29日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Odawara Meibutsu Taimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1907(明治40)年に国府津駅で登場した、現存するものでは全国で十指に入る歴史的な駅弁。昭和の頃から変わらない、独特の形をした八角形の容器に茶飯を詰め、鯛おぼろで覆い、ゆず大根漬、梅干し、わさび漬カップ、アサリ佃煮、かまぼこ、ちくわを添える。ボロボロとした鯛飯は、容器のすり切りまで詰めていることでとても食べにくいと思うが、これを含めて明治時代から昭和時代までの鉄道の御馳走をいただいて、歴史を感じ取る駅弁である。実はかまぼことちくわで小田原もアピールしている。

価格は、2009(平成21)年8月にこの姿になった当時は780円、2014(平成26)年には830円へ値上げ。平塚駅から熱海駅までの東海道本線の主要駅に加えて、東京都内の東京駅や新宿駅で買えることもある。

相模湾でふんだんに獲れたタイを使い生まれた駅弁であったが、タイが高騰した昭和40年代頃から代用品で同じ風味と食感を再現するものとなり、一時期は中身にタイを使わなかったこともあった模様。現在はおぼろにマダイも混ぜている。

※2016年9月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【掛紙】小田原名物鯛めし(830円)2015年5月5日に小田原駅前の調製元売店で購入
Odawara Meibutsu Taimeshi

掛紙

2015(平成27)年5月5日の調製と思われる、小田原駅弁のふた。上記の翌年のものと、物は同じ。調製シールの見栄えと内容に差異がある。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186

【終売】小田原名物たいめし(780円)2007年11月4日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Odawara Meibutsu Taimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

小田原駅伝統の駅弁の、2008(平成20)年1月時点での姿。従前のビニール製のふたが白い無地になり、これにボール紙のふたを覆う形になり、鯛飯の上にキンメダイの煮付けを1切れ置くようになった。このように前年11月の百貨店での駅弁大会に出てきて、同じ県内の駅弁なのに現地と違う疑義駅弁を持ってきたと憤慨したら、後に現地版もこうなったので、どうも明示なき先行販売だった模様。上記の2009(平成21)年8月のリニューアルで、ふたを変えて、キンメダイを省き、かまぼこを入れた模様。

※2015年6月補訂:解説文の全面改訂
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】鯛めし(710円)2003年9月1日に小田原駅ホーム上駅弁売店で購入
Taimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

小田原駅伝統の駅弁の、2003(平成15)年時点での姿。昭和の掛紙と同じイラストで、ビニール製のふたを使っていた。中身は味を含めて昔も今も、たいして変わらないし、きっと今後も変えないだろう。当時の鯛飯は、味付飯を魚肉そぼろで覆ったものであった。

※2015年6月補訂:解説文の全面改訂
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/
催事駅弁

【終売】復刻「御鯛飯」(850円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
Fukkoku Otaimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

JR横浜支社が管内の駅弁屋4社を集めて、2008(平成20)年1月26〜27日に横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」にて販売された復刻駅弁。経木枠の容器に木目調のふたをかけて、駅弁屋に残る最も古い1926(大正15)年の掛紙のコピーをかけて、ひもで十字にしばる。中身は鯛飯に蒲鉾、玉子焼、梅干し、煮物、アサリや葉わさびの佃煮などを合わせたもの。

そのまま駅で売っていても違和感のない、内容と風味と価格。こういう内容は今ではあまり人気や注目を集めないだろうし、メインの鯛も高騰によりもう約40年も前から代用品の使用になってはいるが、東海道本線筋では伝統の駅弁として売り続けてよいと思う。

調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/
催事駅弁

【終売】御鯛飯(850円)2010年4月10日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Otaimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記の復刻駅弁の2010(平成22)年版。今回は東京駅で2010年4月10,11日に開催された「駅弁の日 東日本縦断駅弁大会(春)」での販売で、八戸、一ノ関、山形、小田原、大船、千葉、高崎、新宿が出た8種類の復刻駅弁のうちのひとつ。今回も1926年当時のものを復刻したということで、掛紙も容器も中身も価格も2008年1月のときと同じ。掛紙の余白と梅干の位置だけが変わっている。

調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/
催事駅弁

【終売】御鯛飯(850円)2014年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Otaimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記の復刻駅弁の、2014(平成26)年時点での姿。掛紙も容器も、中身も価格も同じ。掛紙の消費期限のシールが、4年前と違う場所に貼られたため、以前に隠れていた場所の情報が見えた。

調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】駅弁130周年記念金目鯛めで鯛めし(1,300円)2015年4月12日に東京駅「駅弁誕生130周年記念駅弁大会」で購入
Ekiben 130-syunen Kinen Kinmedai Medetaimeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年4月10〜12日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」「駅弁屋 踊」で開催された「4月10日は駅弁の日 駅弁誕生130周年記念駅弁大会」で販売された記念駅弁。これ以外の日や場所でも販売されている模様。日本鉄道構内営業中央会がこの年の4月10日の「駅弁の日」を、駅弁発祥宇都宮駅説により1885(明治18)年から数えて130周年として祝っており、その施策の一環だとも思われる。

分量と内容はおおむね、普段の小田原駅弁「鯛めし」と同じ。容器が四角くなり、名前と掛紙がめでたくなり、鯛めしのおぼろにキンメダイを使い、その飯の上にキンメダイ照焼を載せ、さらに付合せでキンメダイの角煮を入れ、価格を約5割増とした。おかずの増量ではなく本体のレベルアップとした高級化の、レギュラー入りはあるのだろうか。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】ミニ駅弁当 鯛めし(400円)2003年9月14日に横浜そごう内スーパーで購入
Mini Ekibento Taimeeshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

2003(平成15)年の夏に4種まとめて登場した、小田原駅の名物駅弁ミニバージョンの鯛めし版。そのすべてに共通なミニ正八角形の発泡材容器に掛紙代わりの紙帯というスタイル。中身は味付け飯の上に魚肉そぼろが載っている、つまり当然に鯛めしと同じもの。分量的には小腹を埋めるのにも不足しそうだが、駅弁まるごと一個は胃に重いとか、普通の駅弁を一個買う代わりにミニ駅弁を二個買ってバリエーションを楽しむとか、そんな使い方ができそうな駅弁の新機軸。写真は横浜のスーパーで購入したもので外税表示。2006年春頃の「東海道元祖小田原駅弁」シリーズの登場と入れ替わりに終売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/

【掛紙】鯛めし(200円)1972年2月12日調製
Taimeshi

掛紙

1972(昭和47)年2月12日8時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。デザインは現在の「鯛めし」と同じだが、現在と異なりこの頃は容器に掛紙をかけていた。「大鯛・大鮃(ひらめ)・鰆・梶木鮪にて調製」と書かれているとおり、この頃にはすでに鯛の高騰で代用品が使われていたようで、あまり知られていないが現在もそうである。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】鯛めし(300円)1975年11月16日調製
Taimeshi

掛紙

1975(昭和50)年11月16日8時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。1972年のものと比較して価格が100円上がり、大阪万博開催に伴う新幹線16両編成化を機にか新幹線の編成案内がなくなり、左端の「お願い」の文面が変更されるなど、小変化が見られる。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】鯛めし(300円)1976年11月23日調製
Taimeshi

掛紙

1976(昭和51)年11月23日8時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。1975年のものと全く変わらない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】鯛めし(500円)1985年6月26日調製
Taimeshi

掛紙

1985(昭和60)年6月26日9時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。同年の小鯛押寿司と同様、1976年のものと比較して価格が200円上昇し、雰囲気を変えないままデザインが少々手入れされている。材料の注意書きは削除された。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】鯛めし(500円)1986年1月19日調製
Taimeshi

掛紙

1986(昭和61)年1月19日9時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。前年のものと比較して価格を含め変更点はない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101

【掛紙】鯛めし(500円) 1986年1月19日調製
Taimeshi

掛紙

1986(昭和61)年1月19日9時の調製と思われる、昔の小田原駅弁の掛紙。つまり上に掲載したものと同一ロットである。駅弁の掛紙など通常は容器と一緒に惜しげなく捨てられるから、何十年も保存すると駅弁の価格以上の価値が出るのだが、なぜか東華軒の小鯵押寿司と鯛めしの掛紙は残存率が異常に高いようで、価値は出ないしこのように同一日版が出てきたりする。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市栄町1−2−38 0465(22)8101