banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

国産うなぎ押寿司(1,280円)2015年7月2日に小田原駅自由通路駅弁売店で購入
Kokusan Unagi Oshizushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年の発売か。当時はウナギとアナゴの押寿司と高菜巻とシソ巻で、2014(平成26)年からこの姿になった模様。真っ黒なボール紙でふたをした細長い容器に、タレに染まる酢飯に薄いウナギ蒲焼を貼り付けたウナギ押寿司が6切れ分と、シソ巻が1個と、山椒味噌を詰める。ウナギの高騰で仕方がないのだが、味も香りも食感も感じられない少量が悲しい。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

うなぎ弁当(1,600円)2010年5月30日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Unagi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

下記の「うなぎ弁当」の、2010(平成22)年時点での姿か。容器は5年前と同じ発泡材のままで、パッケージのデザインが変わり、中身はウナギ蒲焼が3切れから2切れに減り、大根漬物が桃色から黄色に変わり、価格が大きく上がった。

小田原駅弁のうなぎ弁当は現地では6〜7月を除き買えたためしがなく、しかしこの時点で東京駅「駅弁屋旨囲門」では年中発売の定番商品になっている。中身は直球勝負、しかし今回の鰻は臭かった。資源の枯渇が深刻化する中、国産を偏重し過ぎるのも良くないのかと。

小田原駅のウナギ駅弁は、2015年時点で「うな重」(2,310円)になっている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】うなぎ弁当(980円)2005年6月5日に小田原駅コンコース駅弁屋台で購入
Unagi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

小田原駅夏季限定のうなぎ駅弁の2005(平成17)年版。風味や中身と価格は前年と同じで、パッケージは発泡材容器に紙蓋と大きく変わり、商品としての見栄えは向上したが、経木製容器が失われたのは残念だ。鰻蒲焼の大きさが昨年より小さく見えるのはロットの問題だと思うが、パッケージの写真ような巨大なものが載ることはないとも思う。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】うなぎ弁当(980円)2004年7月5日に小田原駅コンコース駅弁屋台で購入
Unagi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

小田原駅の夏季限定のうなぎ駅弁。経木枠の長方形容器に木版で蓋をして、駅弁名と調製元社名を大きく記したシンプルな掛紙をかけて真っ白な紙ひもでしばる。中身は「鰻重」の一言、白御飯の上に関東風背開きの、香りと口当たりの良いふんわり鰻蒲焼がタレをまとい載るもの。庶民レベルの鰻重として最上位級の味で、東京から遠くないのに千円を切る価格がなかなか。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】鰻(うな)わっぱ(880円)2005年7月24日に小田急新宿駅特急ホーム売店で購入
Una Wappa (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年6月頃登場の、新たな季節駅弁シリーズ。蓋の枠だけ経木でその他の部分はボール紙製の小判型容器をボール紙の枠で留める。中身はつまりウナギ弁当。写真のとおり、鰻重でもなく、ひつまぶしでもなく、分量をケチったと見られそうな鰻蒲焼の分量と配置は、稚魚不漁によるウナギ高騰の影響か。価格も前年より30円アップ。煮物も含めた品質は良かった。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/