banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

晩秋紅葉ごよみ(980円)2010年10月11日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Banshu Koyo Goyomi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅の秋の駅弁の、2010(平成22)年版。容器が正方形に戻ったが、中の仕切りは松花堂タイプでなく飯を中央に添えた井形になった。紅葉が盛り上がるポスタライズ写真を大きく描いた掛紙を使用、中身はしめじ飯にサトイモやシイタケなどの煮物、鶏と豆腐のハンバーグ、海老天、焼鮭、焼売、玉子焼、鯵の押寿し、サツマイモ甘露煮など。

良い時と悪い時の差が激しいと思う大船駅の秋駅弁は、今回は中庸か。各地が紅葉色でほのかに染まり、品質や風味に非難も賞賛も当たらない絶妙な無難さを備えた。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】紅葉ごよみ(850円)2009年10月25日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Koyo Goyomi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅の秋の駅弁の、2009(平成21)年版。今回は見栄えも中身も価格もガラリと変えてきた。長方形の赤い発泡材枠容器に、駅弁名や紅葉を描いたボール紙でふたをして、ひもで十字にしばる。中身はきのこ御飯に栗を載せ、銀鮭粕漬とつくね串、シイタケやタケノコなどの煮物、ちくわ磯部揚、サツマイモ天、エビ五色揚、ゴマ団子など。

ここの秋駅弁は、当館が開館した頃は本当に秋らしく、その後はどんどん落ちていった印象があったが、今回は小柄でもしっかり作ってきた印象。香りや味付けもほどほどに、ていねいに折り付けていた。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】古都の秋(800円)2008年9月23日に大船駅南口改札内コンコース駅弁売店で購入
Koto no Aki (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

大船駅の秋の駅弁の2008(平成20)年版。前年と同じ容器と掛紙を使用、中身は栗載せ白御飯としめじめし、銀鮭粕漬、ハーブチキン、サツマイモ天ぷら、シイタケとニンジンとサトイモの煮物、カマボコと玉子焼、うぐいす豆、柴漬けなど。値上げしたのに中身をコストダウンしているし、古都鎌倉の秋をこのレベルの弁当で表現してはいけないと思った。容器と見栄えと分量と風味の薄っぺらさがどうも気になる、デパ地下の500円弁当相当品。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】古都の秋(760円)2007年10月27日に大船駅南口改札内コンコース駅弁売店で購入
Koto no Aki (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

大船駅の秋の駅弁の2007(平成19)年版。強度のないトレー接着容器に透明なふたをして、紅葉を描いた掛紙で包む。中身は舞茸御飯、八穀米、玉子焼、サツマイモレモン煮、サンマ南蛮煮、チキンナゲット、肉団子と蒲鉾の串刺しなど。小粒に揃えた9種のおかずが見栄えと風味で秋と古都を表しているような気がして、しかし全体的に悪い意味で華奢(きゃしゃ)な感じも受けたのはなぜだろう。2割は安い横浜の秋駅弁のほうが高級に見えた。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】きのこごはん秋だより(780円)2004年11月20日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kinoko Gohan Aki Dayori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

大船駅の秋駅弁の、廉価版の2004(平成16)年版。最近の大船駅弁に共通な、やや小柄な長方形の発泡材容器に、CGとイラストで紅葉がいっぱいな掛紙をかける。中身はしめじが載った舞茸御飯に鮭塩焼と、里芋や椎茸や人参や竹輪などの煮物。

悪い駅弁ではないのだが、隣接エリアの駅弁屋がおくる横浜や小田原の秋駅弁にすべての面で凌駕されている印象で、どうも分が悪い。以前はそうでなかったので、まずは味気なさが出る容器のリニューアルを期待したいところ。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】秋日和きのこちらし(760円)2003年9月20日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Aki Biyori Kinoko Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

下記「きのこちらし秋日和」の、2003(平成15)年版。掛紙の絵柄が異なるが、中身は前年のものと同じ。見栄えが異なるので、現地で未収蔵駅弁と判断し購入してしまった。味が良いままであったのは救い。写真付収蔵駅弁数も700を超えて、旅行中でない限り当館既収蔵駅弁のチェックをしていないため、今後はこんな重複購入が増えてくると思う。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】きのこちらし秋日和(760円)2002年9月23日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kinoko Chirashi Aki Biyori (end of sales)

掛紙 外観 中身

大船駅の秋限定のちらし寿司。長方形の容器の中に海老のかき揚げ、焼鱒、煮物をおかずとして、酢飯の上にたくさんのシメジを、玉子やレンコンや紅生姜と混ぜて敷いている。煮物焼物は他の大船駅弁でお馴染みの良い味。館長は紅生姜が嫌いなのだが、紅生姜が混ぜられたきのこちらしはそのまま普通に食べられたので、この配合は絶妙と見た。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉四季の味 秋(900円)2001年11月23日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kamakura Shiki no Aji Aki (end of sales)

掛紙 外観 中身

1998(平成10)年3月1日に登場した、春秋限定のお弁当。写真は「秋」で、正方形の容器の中身は、扇形に固めたしめじ御飯に、煮物類やカニカマ揚げ、イワシ南蛮煮に大学芋と、秋の香りがいっぱい。大船駅といえば「鯵の押寿し」だが、大船で本当においしい駅弁は幕の内弁当かもしれない。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/