banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

幕の内おべんとう(920円)2005年9月3日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Makunouchi Obento

掛紙 外観 外観 中身 中身

大船駅の幕の内弁当のリニューアル品か。正方形の発泡材容器に木目の紙ぶたをかけて、古い湘南電車とスカ線電車のイラストで弁当名を囲む掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は日の丸御飯に鶏唐揚、焼赤魚、イカ焼、煮物、玉子焼など。

風味や品質を論じる前に、いかにも見せ方が安っぽいのは惜しいし、横浜や小田原の同価格帯の駅弁に、あらゆる面で負けている。ふたに付く御飯粒も、紙の臭いで懐かしさが台無しだと感じた。価格は購入当時で880円、2015年時点で掛紙と一部の中身を変えて920円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】駅のおべんとう(840円)2004年10月23日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Eki no Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年秋頃に下記「特製おべんとう」をリニューアルか。正方形の発泡材容器に紙ぶたをして、戦後直後の横須賀線電車を枠に描いた白い掛紙をかけて、紅白の紙ひもで締める。中身は日の丸御飯に鮭塩焼、鶏唐揚、玉子焼、蒲鉾、煮物その他を詰める、いわゆる幕の内駅弁。これも含め最近の大船駅弁は、容器内に無駄な空間が多く容器の底の紙がよく見える、見栄えで損をするものが多いと思う。リニューアル前のほうが良かった感じ。2006年頃までの販売か。

横須賀線の電車の色は、青い海と白い砂の色。1951(昭和26)年に国鉄が新型電車を投入した際に、前年に東海道線の湘南電車で試した橙色と緑色の塗り分けが好評だったので、その第二弾として新色を採用。後に色調を少々変更したが、この色の組み合わせは「スカ色」と呼ばれ、房総半島や身延線や飯田線などにも広がった。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】特選おべんとう(840円)2001年10月27日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Tokusen Obento (end of sales)

掛紙 外観 中身

大船軒の幕の内弁当。厚手の紙の掛紙をかけた正方形の容器は5区画に仕切られ、梅干しを載せた俵飯が5つ、鮭に鶏唐揚、揚げ物煮物各種に付け合わせと、品名「幕の内弁当」のとおりの正統派の幕の内弁当。赤と白の外観が印象的で、しっかりした内容物も好感が持てた。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】上等御辨當(880円)2010年10月9日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Joto Obento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年10月9〜11日に東京駅で開催された「第12回東日本縦断駅弁大会」で販売された大船駅弁の復刻商品。といっても復刻したのは掛紙だけであり、中身は普段の大船駅の並等な幕の内駅弁と同じである。掛紙裏面の解説と違い少量な日の丸俵飯に、鶏唐揚とイカ焼とわさび漬、白身魚フライとかき揚げと佃煮、ニンジンとシイタケとタケノコとちくわの煮物、焼鮭と玉子焼とうぐいす豆。掛紙の絵柄は鎌倉八幡宮と2010年3月に倒れた大銀杏。この掛紙が使われた1924(大正13)年当時に比べて、大船や鎌倉の名所はたいして変わっていない。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉日和(1,200円)2003年9月20日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kamakura Biyori (end of sales)

掛紙 外観 中身

2003(平成15)年の秋に登場した、大船駅の大人の休日駅弁の第二弾。ただ、2002年4月10日登場の第一弾は5個以上2日前までの予約制であったため、この駅弁が事実上の第一弾。通年販売の予定だったそうだが、後に人知れず消えた模様。

大きく柔らかい木目調発泡材容器に掛紙代わりの紙帯を締める。中身は古代米の御飯に、前菜として玉子焼や蓮根煎餅など、煮物として里芋や椎茸など、焼物として鯖味噌漬焼と紅白はじかみ、揚げ物としてカニカマとかき揚げと蓮根が入る。大人の休日駅弁らしくお品書きとロゴマークを完備。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【掛紙】上等御辨當(35銭)1939年4月14日調製
Joto Obento

掛紙

昭和(または大正)14年4月14日6時の調製と思われる、昔の大船駅弁の掛紙。なかなかピンとこないが大船駅の所在地は神奈川県鎌倉市、描かれる内容は鎌倉色いっぱいなのだと思われる。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
大船軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし