banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

夏越し(1,000円)2012年8月26日に新宿駅南口駅弁売店「駅弁屋」で購入
Nagoshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅の夏駅弁の2012(平成24)年版で、6月3日の発売。鎌倉の釈迦堂切通し(通行禁止)の写真をイラスト調に加工した絵柄の掛紙を使用、中身はサクラエビとシラスと鮭フレークを添えた白御飯に、ヒレカツ、マグロ西京焼、アサリ時雨煮、かまぼこ、玉子焼、そら豆、ようかん、アジ酢漬、アナゴ押寿司、さくらつぼ漬け、パブリカやナスなどの素揚げ。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉小夏(1,000円)2011年5月7日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Kamakura Konatsu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅の初夏の駅弁として、2011(平成23)年5月前後に販売か。下記の春や秋の駅弁と同じ発泡材の正方形容器を使用、江ノ島電鉄極楽寺駅の写真を加工したデザインの掛紙で包む。中身は生姜の炊込飯に、サトイモやタケノコなどの煮物、サーモン押寿し、カツオのマヨネーズ焼、玉子焼、アジフライ、牛肉煮、かまぼこ、菜の花、わらびもちなど。ごく一部の食材で夏を表現し、しかし内容や見栄えは雑然として、でも味が悪いわけではない。

そのまま使うと何か問題が生じるのだろうか、掛紙の写真はどこの駅か分からないように駅名掲示などが改変されている。掛紙の絵柄でこういう配慮が見て取れるのはNREと神奈川県内でしか記憶がない。商品数や新作数の多さもあるのだろうが、このエリアは何か世知辛いのか。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

春ごよみ(1,000円)2011年4月2日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Haru Goyomi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅の春の駅弁の2011(平成23)年版。下記「晩秋紅葉ごよみ」と同じ容器を、鶴岡八幡宮の本宮(上宮)を描いたと思われる掛紙で包む。中身は梅混じりの御飯に、サトイモやタケノコなどの煮物、サーモン押寿司、トンカツ、サワラ照焼、鶏肉焼、ハマグリ、かまぼこや玉子焼など。

大船の季節駅弁はこの春も良くなってきた。煮物や貝の味付けが柔らかくなり、サーモン押寿司やハマグリといった過去の大船駅弁にない味が入ったのは、NREの傘下となった影響だろうか。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】ちらし弁当鎌倉春だより(780円)2004年5月4日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Chirashi Bento Kamakura Haru Dayori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年春シーズンに登場。他の新作駅弁で見たような容器や掛紙の形とサイズ、デザインは墨字や朱印と桜花の写真で鎌倉と春を強調する。中身は半分が桜花を添える御飯で、残りの半分が里芋や人参などの小柄な煮物、残りが焼売や焼鯖や薩摩揚。

この内容では当然に御飯は白飯か茶飯だと思ったが食べると酸っぱく、何事かと掛紙を見ると右端に小さく「ちらし弁当」と、原材料名に「酢飯」とあって一安心。しかしなぜこの内容で酢飯を入れるのか、理解に苦しむもの。入れ替わるように終売となったと思われる春秋の季節駅弁「鎌倉四季の味」と比較して、見栄えもおかずも価格差120円以上に品質が低下してしまった感じを受けた。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/