banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

小腹だから…。(500円)2016年5月20日に甲府発新宿行特急「かいじ」車内販売で購入
Kobara Dakara.

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の秋までに発売。調製元は大船駅の駅弁屋であり、市販の時刻表などでは大船駅の駅弁としているが、実態はJR東日本の東京エリアや車内販売で売るための商品なのだろう、ネット上の収穫報告は新幹線の車内販売ばかりで、今回の購入箇所も大船駅と何ら関係のない中央線特急の車内である。

中身は掛紙の写真かイラストのとおり、小柄なおいなりさん2個、細巻風のウメとアジのおにぎり各1個、鶏唐揚2個、つぼ漬。小腹よりやや多めな、米飯の軽食。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

鎌倉助六寿し(700円)2015年8月9日に大船駅改札脇駅弁売店で購入
Kamakura Sukerokuzushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

下記「鎌倉助六寿し」の、2015(平成27)年夏時点での姿。3年前から内容も価格も変わっていないが、特徴的な容器が平凡なお惣菜になり、趣味的に駅弁としての見栄えは落ちてしまった。趣味でなく買う方々にとって、何の影響もないとは思う。平成の普通寿司駅弁としては、徳島駅にあったものに次ぐ分量かもしれない。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

鎌倉助六寿し(700円)2012年11月3日に横浜赤レンガ倉庫前のイベントで購入
Kamakura Sukerokuzushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

下記「鎌倉助六寿し」の、2012(平成24)年秋時点での姿。名前と趣旨は変わらないようだが、容器が惣菜向けから駅弁向けの樽形平面な発泡材製に変わり、中身は太巻きが2個から3個に、細巻きが3個から4個に増えた一方で、3個のおいなりさんが三色から1種類に変わり、値段が100円も上がった。価格は購入当時で680円、2015年時点で700円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉助六寿し(580円)2011年1月8日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kamakura Sukerokuzushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年夏のリニューアル。薄い木に紙を貼り合わせた小さな長方形の容器に透明なふたをして、駅弁の名前を書いた紙帯を締める。中身は太巻きが2個、かんぴょうの細巻きが3個、おいなりさんがゆず青菜、ゆず風味、黒いなりで各1個。構成は正統派の助六で、なかなかおしゃれで味もきれいな軽食。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】大船軒特製助六(500円)2005年6月5日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Ofunaken Tokusei Sukeroku (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年頃の登場か。スーパーでおなじみのプラ製惣菜容器に割箸ごと掛紙を巻いてセロテープで留める。中身は鎌倉いなり2個、梅細巻2個、かんぴょう細巻2個、古代米中巻2個。

特徴があるようなないような、少なくとも調製元の名前を前面に出すほど開発や調製に気合いの入った感じがないのは、容器に加え同封の甘酢生姜の見栄えで大きすぎる存在感からか。時季的なものか、味もゆるい感じ。ただ、大船駅弁の多様性は演じられていると思う。2007年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】三色たわらおむすび御弁当(490円)2002年8月31日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Sansyoku Tawara Omusubi Obento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年8月1日の登場。小柄な長方形の発泡材容器に、おかか・ふりかけ・梅の3種の俵飯、というより角が立った直方体飯を2個ずつ詰めて、あとは玉子焼と揚げ焼売と、おあげのようなものがひとつ入る。少量すぎるのはともかく、おかずの部分がスカスカで底が見えるのは見栄えが悪い。2005年6月現在で販売終了済み。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】名代鎌倉いなり(580円)2012年11月3日に横浜赤レンガ倉庫前のイベントで購入
Nadai Kamakura Inari (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

下記「名代鎌倉いなり」の、2012(平成24)年秋時点での姿。名前と趣旨は変わらないようだが、容器が惣菜向けから駅弁向けの樽形平面な発泡材製に変わり、掛紙が縦長から横長に変わり、5種のおいなりさんのうちゆず青菜と黒糖の2種の形状が変わっている。味は以前から良く、これで見栄えもさらに良くなった。この年限りの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】名代鎌倉いなり(550円)2011年1月8日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
>Nadai Kamakura Inari (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年夏のリニューアル。薄い木に紙を貼り合わせた小さな長方形の容器に透明なふたをして、駅弁の名前を書いた紙帯を締める。中身は抹茶いなり、黒いなり、青菜ゆずいなり、味噌いなり、一味唐辛子風味いなりが各1個と、アジと甘酢生姜の和え物。中身がスカスカだけれども、この容器であればあまり気にならない。なかなかおしゃれで味もきれいな軽食。いつの間にか上記へリニューアル。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉いなり(360円)2002年7月28日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kamakura Inari (end of sales)

掛紙 外観 中身

小柄な長方形の発泡材容器に、丸みがあり形の良いいなりずしが3個入る。中身はすべて異なり、ひとつは野の幸きんぴらごぼう、ひとつは山の幸わさびめし、ひとつは海の幸いりこ菜めしで、これは夏バージョンとのこと。一個あたり120円でこれだけ良い味なのだから、大船駅で同じ値段のコンビニおにぎりを買ってはいけない。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鎌倉羽衣寿し(520円)2003年8月3日に桜木町駅コンコース台売りで購入
Kamakura Hagoromo Zushi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年6月14日の発売。細身な容器の中に、太巻きにしては細く細巻きにしては太い、玉子焼とかんぴょうの巻き寿司が6個入る。酢飯には古代米の黒米に紫色に染めた米を、海苔代わりにキャベツ・ニンジン・カボチャ・シソの繊維で作った野菜シートを使用し、分量に対して値段は張るが個性的な味と外観を手に入れた。中高年の女性をターゲットに発売したというヘルシーな駅弁。2005年6月17日限りで終売となった。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】湘南電車パン(300円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
Shonan Densha Pan (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

東海道本線横浜〜国府津間の開業120周年を記念して、2007(平成19)年7月11〜24日に大船駅構内のパン屋が一日120個を販売、好評のため8月20日から再発売を開始し、2009年頃まで販売された模様。通常は150円で、JR横浜支社が管内の駅弁屋4社を集めて2008年1月26〜27日に横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」では、駅名標とパンの写真を載せたストラップを1本付けて300円で販売した。

鉄道の軌道を模したはしご型のパンと、電車を模した四角いパンのセット。これをプラ製ケースに1組入れて、駅名標と中身写真と商品名を書いたシールを貼る。パンの色は電車の湘南色、橙色と緑色の塗り分けを記事の色で表現し、チョコレートで窓やライトを描き、パウダーで天井に120周年を描くという凝ったもの。甘さはほどほど。ただ、今回購入品は見本写真と違い、塗り分けがうまく出ていなかった。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
日本ホテル 株式会社(エディーズ・ブレッド大船店)神奈川県横浜市栄区笠間1−8−1 045(897)6436 http://www.nihonhotel.com/

【掛紙】北京風シウマイ(150円)1973年8月28日購入
Beijing fu Siumai

掛紙

1973(昭和48)年8月28日17時の調製と思われる、昔の大船駅弁の掛紙。昭和末期までの東海道本線では、横浜に限らず駅弁販売駅毎に駅売り焼売が存在していたようで、大船にも現在の駅弁ラインナップを考えると似合わないようなシウマイ駅弁があったようだ。北京風の焼売とはどんなものなのだろうか。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本295 0467(44)2005