banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 大船(おおふな)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Ofuna Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から電車で約45分。大船駅は明治時代からの分岐駅で、鉄道の車庫や工場が置かれた鉄道の要衝であり、駅弁が売られ、鎌倉の文人や映画撮影所の関係者に親しまれた。今もその当時からの駅弁屋が、下り側の改札口の内外に駅弁売店を構える。1888(明治21)年11月1日開業、神奈川県鎌倉市大船1丁目。

押寿し食べくらべ(960円)2017年4月16日に大船駅南改札駅弁売店で購入
Oshizushi Tabekurabe

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

大船駅弁の「伝承鯵の押寿し」2個、「鯵の押寿し(中鯵)」2個、「小鯛押寿し」2個の詰合せ。同じものばかり6〜8個食べるよりも、個人客にはこのセット商品が最適だなと思った。酢も軽くて美味。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

鯵と小鯛の押寿し六貫入(1,050円)2012年7月19日に大船駅南改札駅弁売店で購入
Aji to Kodai no Oshizushi 6 Kan Iri

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年7月1日のリニューアル。大船駅の伝統の駅弁であり、従前に比べて価格と中身と味は変わらないが、従前の「特上鯵の押寿し」が「伝承鯵の押寿し」に改称されたことでこの駅弁の名前も変わり、包装を掛紙からボール紙枠に切り替わった。いずれも合理的ではあると思う。寿司の作り方や詰め方もなんとなくきれいに、ていねいになったと思う。価格は購入当時で980円、2015年時点で1,050円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

特上鯵と小鯛の押寿し(980円)2007年3月3日に羽田空港第1旅客ターミナルビルJAL売店で購入
Tokujo Aji to Kodai no Oshizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

大船駅弁の羽田空弁版。見栄えも内容も風味も、駅弁で見慣れた鯵と小鯛の押寿司。駅弁とは何が違うかというと、掛紙にJALUXの空弁マークも印刷されることと、駅弁の同種同価格商品がプラ製トレーをボール紙枠にはめる別パッケージを採用していること。こう見ると、小柄で臭いが小さい空弁向けな商品だとも思える。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】湘南名物特上鯵と小鯛の押寿し(740円)2003年9月20日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Shonan Meibutsu Tokujo Aji to Kodai no Oshizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

スーパーの惣菜風なプラスティックの容器をボール紙の枠にはめる。中身は大船駅名物「鯵の押寿し」が3個と、時々販売がある「小鯛押寿し」が3個入るもの。具も飯も素材や製法は当然にこれらの駅弁と同じだが、水気が抜けない容器なので食感や風味により水気を感じられる差異がある。この駅弁も時々の販売らしい。おそらく2012年7月に「鯵と小鯛の押寿し六貫入」へリニューアル。

※2013年12月補訂:リニューアルを追記
販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】鯛のあぶり寿司(1,150円)2002年8月31日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Tai no Aburi Zushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年8月1日の登場。というより、以前の「小鯛押寿し」のリニューアルに該当しそう。皮をちょっと火であぶった鯛の身を載せた握り酢飯が8個入るだけのシンプルな駅弁。さすがは鯛なので見栄えも味も少量も価格もなかなかのもの。但し少々生臭い気もした。2003年までに販売中止。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】小鯛押寿し(1,000円)2001年7月20日に大船駅コンコース駅弁売店で購入
Kodai Oshizushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

大船の名物駅弁「鯵の押寿し」の、アジがタイになったもの。掛け紙の色だけ変えた「鯵の押寿し」と全く同じ、長方形の木製風発泡スチロール製容器の中に、甘みがありふわりとした食感の鯛の押し寿司が8個整列する。値段や中身や分量から、おみやげとして持ち帰りたいが、日持ちがしないのが残念。2002年初頭頃に消滅し、その後の復活と再消滅があった模様。

販売駅
東海道本線 大船(おおふな)駅 1888(明治21)年11月1日開業 神奈川県鎌倉市大船1丁目
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/