banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

ひとくちおはぎ(400円)2015年3月21日に小田急本厚木ミロードの崎陽軒売店で購入
Hitokuchi Ohagi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年3月の発売。お彼岸の期間の商品として、3月18日から24日まで販売する。餅米とうるち米の団子を粒あんでコーティングしたおはぎが、市販の惣菜容器に6個入る。横浜駅弁のシウマイほどの大きさしかないおはぎも、粒あんのつぶも、関東地方で買える一般的なおはぎの、半分以下のサイズしかない。90年前に中国人街の焼売をコンパクトにして売り始めた崎陽軒らしい商品。発売初年は9個入り580円で販売した

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】シウッキー(490円)2013年7月31日に崎陽軒中華街大通り店で購入
Siuckie (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年7月26日に崎陽軒の本店、中華街大通り店、キュービックプラザ新横浜店の3箇所で発売。横浜名物のシウマイと同じ大きさのクッキーが、イチゴ・杏仁ミルク・キャラメルの3色で各3個、グリーンピースの代わりにピスタチオを載せて、白いプラ製トレーに並べられ、緑色の紙箱に収まる。味はシウマイではなく普通のチョコクッキーで、味よりも姿を楽しむ商品だろう。しかしなんでこんなものを作ろうと思ったのだろうか。価格は発売当時及び購入当時で480円、2014年時点で490円。2014年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横濱月餅チョコ&チョコ(500円)2010年2月6日に横浜高島屋地下食品売り場で購入
Yokohama Geppei Choco and Choco

掛紙 外観 外観 中身 中身

2010(平成22)年は2月1日から15日まで販売された、崎陽軒の「横濱月餅」の期間限定版。中身は見た目では市販の月餅と同じで、サイズが小さく中身がチョコレートあんのものが、3個入って500円。あんこがチョコ風味で、その芯にチョコペーストが入る内容は、かなりくどいかもしれないが、個人的にはOKな味。なお、単品では150円で販売されていた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

浜かもめ(480円)2009年2月8日にみなとみらい駅イベント会場で購入
Hamakamome

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

横浜銘菓のひとつとされる「浜かもめ」の、みなとみらい線開業5周年記念パッケージ。コイン型とすれば大きく厚い円盤状の、白あんまたは黒あんが入ったカステラが8個、個別包装されて密封パックされて紙箱に収まる。今回は記念版ということで、パッケージにはみなとみらい線の路線図と電車の写真やイラストなどが描かれ、カステラの焼き印も電車の顔になっている。

浜かもめは横浜の観光客向け土産物屋にはだいたい置いてあるし、40年の歴史があるというが、横浜に25年程度住んでいて、これが地元で横浜名物だと認識されているかといえば、あまりそうでないかもしれないし、少なくともシウマイやバーバーと比べてしまえば足元にも及ばないと思う。

販売駅
横浜高速鉄道 みなとみらい駅 2004(平成16)年2月1日開業 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目
調製元
ゆめはま食品 株式会社 神奈川県横浜市西区伊勢町2−79−2 045(250)5343

【終売】ひょうちゃんサブレ(150円)2006年8月12日に横浜高島屋地下食品売り場で購入
Hyochan Sable (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年7月16日に登場した、横浜名物シウマイの醤油入れ「ひょうちゃん」をキャラクターにしたサブレ。ベイブリッジ、マリンタワー、ランドマークタワー、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫に、ひょうちゃんと商品名を描いた小さな紙箱に、雪だるま型に見える、生地に金胡麻を加えたサブレが個別包装で3枚入る。金胡麻を混入したそうで、ちょっと中華菓子風味なクッキー。9枚入り450円のパッケージもある。2012年12月に下記へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場点心部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】ひょうちゃんサブレ(150円)2013年7月31日に横浜中華街崎陽軒売店で購入
>Hyochan Sable (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「ひょうちゃんサブレ」を2012(平成24)年12月7日にリニューアル。名前と味と単価はそのままに、サブレの形状というか表情を変え、個別包装をシウマイ娘の赤い制服へ変え、紙箱の絵柄も横浜からひょうちゃんに変えた。強めの甘さが刺激的だと思う。2015年1月にリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】ひょうちゃんサブレ(510円)2013年7月31日に横浜中華街崎陽軒売店で購入
Hyochan Sable (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年12月7日リニューアル発売の「ひょうちゃんサブレ」の、10枚入りパッケージ。箱の大きさをただ変えるのではなく、ひょうちゃんが凛々しく立つ手提げ付きのパッケージを採用、より土産物に向く見栄えとなった。ひょうちゃんを知らなければ、妖しさいっぱいのキャラクターに見えると思う。価格は発売当初及び購入当時で500円、2014年の消費税率改定により510円。2015年1月にリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】ひょうちゃんサブレ(1,030円)2013年7月31日に横浜中華街崎陽軒売店で購入
Hyochan Sable (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2012(平成24)年12月7日リニューアル発売の「ひょうちゃんサブレ」の、21枚入りパッケージ。こちらは同時発売の3枚入りや10枚入りと違い、ひょうちゃんよりも横浜を示すシルエットを描く、リニューアル前のものと通じるパッケージ。この箱の中に21個ものひょうちゃんが整列する姿が、かわいらしい。価格は発売当初及び購入当時で1,000円、2014年の消費税率改定により1,030円。2015年1月にリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横濱ひょうちゃんサブレ〜金ごま〜(280円)2015年1月9日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Hyochan Sable

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「ひょうちゃんサブレ」を、「ひょうちゃん」生誕60周年を機に、2015(平成27)年1月8日にリニューアル。商品名が長くなり、箱が青くなり、サブレの形が細長くなり本物の醤油入れに似てきて、3・10・21枚入りの商品群が5・10・18枚入りに変わった。食感がよりサックリしたという。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横濱ひょうちゃんサブレ〜金ごま〜(560円)2015年1月9日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Hyochan Sable

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2015(平成27)年1月8日リニューアル発売の「横濱ひょうちゃんサブレ」の、10枚入りパッケージ。5枚入りのものと比べて、箱に手提げが付き、宣伝文も印刷される。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横濱ひょうちゃんサブレ〜金ごま〜(1,000円)2015年1月9日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Hyochan Sable

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2015(平成27)年1月8日リニューアル発売の「横濱ひょうちゃんサブレ」の、18枚入りパッケージ。箱が一般的な土産物の形状なので、職場や学校などでみんなに配る場合に向く。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/