banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

幕の内弁当(1,050円)2008年9月21日に横浜高島屋地下食品売場で購入
Makunouchi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅の幕の内駅弁の2008年時点での姿で、同年7月30日のリニューアル。発泡材枠の正方形容器に商品名を書いた掛紙を巻く。中身は俵型の日の丸御飯に赤魚照焼、カマボコ、玉子焼、ロースカツ、エビフライ、ミニ鶏唐揚、タケノコ角煮、サトイモとニンジンの煮物、シウマイ3個。

つまり魚中心から肉や揚げ物中心への高カロリー志向へ、あるいはシウマイ弁当の増強版へ変わった。その結果としての842kcalは、多いか少ないか。価格は100円のアップの1,000円、2010年9月の値下げで980円、2014年4月の消費税率改定により1,010円、同年8月から1,030円、2016年9月から1,050円。

※2016年8月補訂:値上げを追記
※2015年9月補訂:価格の改定を追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】幕の内弁当(900円)2006年7月2日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Makunouchi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

「松」が消えて「梅」が消えたため、2006年6月に駅弁名から「竹」が取れた、横浜駅の幕の内駅弁。掛紙の雰囲気は変わったが、中身や分量や容器の大きさは、たいして変わっていない。価格は50円の値上げ。冷めても美味い御飯とシウマイとカジキマグロ照焼は健在だ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】幕の内弁当 竹(850円)2001年6月22日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Makunouchi Bento Take (end of sales)

掛紙 外観 中身

購入当時に2種類あった横浜駅の幕の内駅弁のうち、価格が高いほう。紙のふたをかけた長方形の木製の容器を使用、中身は8個の俵型御飯に梅干しが付き、カジキマグロ照焼、煮物類、鶏肉甘煮に玉子や蒲鉾にブロッコリーが入る一般的な幕の内弁当に、横浜名物シウマイがふたつ。おかずの部分に空隙が多いのが気になるが、品々はどれもおいしく、特にカジキマグロ照焼が脂が乗って絶品だった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】幕の内弁当 松(1,000円)2002年7月6日におそらく横浜駅で購入
Makunouchi Bento Matsu (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年7月1日に、当時の横浜駅で3番目の幕の内駅弁として登場。他の幕の内弁当と同じデザインの掛紙をかけた大きめの正方形容器に、俵飯と玉子焼と蒲鉾と煮物に加え、銀だら照焼、こんにゃくとごぼうの磯辺揚げ、海老のしんびき揚げが入り、デザートにマンゴー餡の水饅頭、そして横浜のシウマイもちゃんと入っている。もともと美味い「幕の内弁当 竹」の上位だけあり素晴らしい出来。しかし2004年前半頃に終売となった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】御辨當(30銭)1930年3月28日調製
Obento

掛紙

1930(昭和5)年3月28日9時の調製と思われる、昔の横浜駅弁の掛紙。桜花と馬頭を描いたデザインは、春競馬でも表しているのだろうか。現在に根岸森林公園、JRA「馬の博物館」、米軍施設がある根岸の山の上には、戦前に競馬場があった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
合名会社 崎陽軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】御辨當(30銭)1941年7月7日調製
Obento

掛紙

1941(昭和16)年7月7日6時の調製と思われる、昔の横浜駅弁の掛紙。掛紙に描かれるのは三渓園と横浜港と、桜木町駅に近い掃部山(かもんやま)公園の井伊直弼(いいなおすけ)像。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
合名会社 崎陽軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】幕の内弁当(?円)1986年12月1日調製
Makunouchi Bento

掛紙

横浜駅のもうひとつの駅弁業者であった「加登家」ことマルニ食品の駅弁。この業者や駅弁について、私の知識では詳しいことが分からない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
マルニ食品 株式会社 神奈川県横浜市神奈川区台町14-4番地 045(311)2312

【掛紙】幕の内弁当(?円)1989年7月10日調製
Makunouchi Bento

掛紙

これらの駅弁掛紙について、当時のJR東日本エリアの駅弁掛紙のほとんどに付いていた「LOOK EAST」等のロゴマークが付いていないため、事実上の街弁として販売されていたのかもしれない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
マルニ食品 株式会社 神奈川県横浜市神奈川区台町14-4番地 045(311)2312

【掛紙】幕の内弁当(?円)1993年10月12日調製
Makunouchi Bento

掛紙

2004年5月時点で「加登屋」「マルニ食品」のいずれを検索しても横浜の弁当業者は引っかからないため、1990年代に廃業されたのかもしれない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
マルニ食品 株式会社 神奈川県横浜市神奈川区台町14-4番地 045(311)2312