banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

炒飯弁当(860円)2015年10月15日に高島屋横浜店崎陽軒売店で購入
Chahan Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

かつて東京地区でのみ売られた「炒飯弁当」が、いつからか横浜地区でも売られるようになった。「横濱チャーハン」も現役で、つまり横浜駅のチャーハン駅弁は2種類になった。

シウマイ弁当と同じく、東京地区はボール紙のふたを使い、横浜地区は掛紙を使う。中身は炒飯、鶏唐揚、塩焼きそば、カニかまとクラゲの和え物、タケノコ角煮、紅生姜、シウマイ3個。価格と分量を含め、シウマイ弁当のチャーハン版という感じが少しする。価格は2013年時点で780円、2014年4月の消費税率改定により800円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で830円、2016年9月から860円。

※2016年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】炒飯弁当(830円)2015年4月25日に石川町駅駅弁売店で購入
Chahan Bento

掛紙 掛紙

2015(平成27)年4月25日の調製と思われる横浜駅弁の掛紙。KADOKAWAの雑誌「横浜ウォーカー」と崎陽軒の共同企画で、ひょうちゃんの還暦を祝い、炒飯弁当に雑誌の表紙と同じデザインでモデルを「ひょうちゃん」に替えた絵柄の掛紙をかけて、4月24〜26日の3日間で2000個を神奈川県内で販売した。東京地区では通常版を販売。中身は普段と同じ。なお、2014年はこの企画を「シウマイ弁当」で実施しており、2年ぶりに炒飯弁当へ帰ってきた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380

【掛紙】炒飯弁当(780円)2013年4月27日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Chahan Bento

掛紙 掛紙

2013(平成25)年4月27日の調製と思われる横浜駅弁の掛紙。角川マガジンズの雑誌「横浜ウォーカー」の2013年4月号からの月刊化を記念して、普段は東京地区で売られる「炒飯弁当」に、雑誌の表紙と同じデザインでモデルを「ひょうちゃん」に替えた絵柄の掛紙をかけて、同年同月26〜28日の3日間で1,500個を神奈川県内で販売した。東京地区では通常版を販売。なお、この雑誌は1998年3月の創刊時から隔週刊を続けていたものの月刊化であるから、おめでたいものではない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380

横濱チャーハン(630円)2014年4月6日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Chahan

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

半世紀以上前から姿や形や名前を変えながら売られる、横浜駅弁のチャーハン弁当。炒飯の駅弁は珍しい。かつては「やきめし」の名で売られ、最近では2006(平成18)年8月のリニューアル。中身は炒飯、鶏のチリソース、タケノコ煮、きゅうり漬、シウマイ2個。

価格は駅弁にしては安く、分量は控えめ。適度にパラパラして、常温で少し塩辛い炒飯のために、割りばしではなくプラ製スプーンを添付する。価格はリニューアル当時で550円、2010年9月の値下げで540円、2013年12月の単独値上げで580円、2014年4月の消費税率改定により590円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で600円、2016年9月から630円。

※2016年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】横濱チャーハン(540円)2011年4月29日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Chahan

掛紙

2011(平成23)年4月29日に購入した、横浜駅弁の掛紙。容器も中身も4年後と同じ。この頃までは掛紙に価格の記載があった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380

【終売】横濱チャーハン(550円)2006年8月12日に横浜高島屋崎陽軒売店で購入
Yokohama Chahan (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年8月1日のリニューアル。駅弁の名前を元に戻し、容器は経木枠紙底の素材を変えずに小柄な長方形に変わり、今回の中身は普通米のチャーハンに鶏チリ、タケノコ角煮、きゅうり漬物、シウマイ2個。後にふたのボール紙を厚手から薄手に変えている。

旧版も新版もそれぞれ揺るぎないコンセプトに感心しながら、頻繁なリニューアルを販売面でのテコ入れだと解釈すれば、今までのものは好評ではなかったのだろうか。依然としてシウマイ弁当に次ぐ人気のお弁当とは、紹介されている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱炒飯(550円)2005年11月19日にどこかで購入
Yokohama Chahan (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年11月1日に「横濱チャーハン」をリニューアル。真円の経木枠容器に商品説明付きの縁付きフタをして、シウマイ御弁當の掛紙に描かれる水晶玉の色違いを中心に据えた柄のボール紙枠にはめる。中身はチャーシューが混じりエビとグリーンピースが載る発芽玄米入り炒飯に、野菜中華和えとシウマイ二個を添えるもの。

風味の良さは受け継がれ、見栄えがまた向上し、しかし今回は30円の値上げを伴った。公式サイトによると、シウマイ御弁當に次ぐ人気商品なんだとか。その地位は以前はおべんとう春(夏・秋・冬)であり、その前は横濱中華弁当だったような。2006年8月に上記商品へリニューアル。

時代と共に小変化が続く水晶玉の絵柄は右から、横浜ベイブリッジ、山手町の街並み、マリンタワー、氷川丸、中華街の門、神奈川県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館、神奈川県歴史博物館、横浜第二合同庁舎、パシフィコ横浜、観覧車コスモクロック21、ランドマークタワー、崎陽軒本社ビルか。こう並べると、ちゃんと立地順に描かれている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱チャーハン(520円)2003年4月9日にどこかで購入
Yokohama Chahan (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年4月に、駅弁名と価格を変えないままリニューアル。正八角形の経木枠容器に横浜名所の白黒写真を薄く載せた掛紙をかけて正方形に包む。中身は2/3がチャーハンで1/3にシウマイ2個とあんずに鶏肉甘酢など。リニューアル前と比較してシウマイが1個減ったもののおかずの種類は増えているし、外観の見栄えは格段に良くなった。2005年11月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱チャーハン(520円)2002年7月13日に京急横浜駅駅弁売店で購入
Yokohama Chahan (end of sales)

掛紙 外観 中身

旧名「やきめし」。チャーハン駅弁が気軽に買えるのは全国でも横浜駅くらい。角を落とした長方形の容器の3分の2に炒飯を敷き詰め、シウマイが3個添えられる。箸ではなく先割れスプーンを添付。炒飯は冷めているのに御飯の粒々感を残し適度な水分を持ちおいしくいただけ、さすが冷めてもおいしいシウマイを開発した崎陽軒の作品。駅弁の他に学校給食でよく使用された先割れスプーンは食事の作法に反するという議論はどこに行ったのだろうか。2003年4月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】フカヒレあんかけチャーハン(980円)2012年10月27日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Fukahire Ankake Chahan (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年10月1日にシウマイ4種と弁当1種で一斉に発売された「おいしさ長もちシリーズ」のひとつで、消費期限を4日間に拡大した要冷蔵のカップ飯。直径14センチの紙カップにチャーハンを浅く詰め、その上でフタ付きトレーにフカヒレ入りのあんかけを仕込む。これは「電子レンジ専用」の商品であり、紙帯での注意書きにて電子レンジでの加熱を指示するが、そのまま食べても味が落ちたり悪いものではない。冷めた、または冷たいチャーハンの味で、崎陽軒の右に出る者はいないと思う。価格は発売時や購入当時で950円、2014年4月の消費税率改定により980円。2016年時点で販売されていない。

※2016年8月補訂:終売を追記
※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横濱ピラフ(630円)2015年7月21日に横浜そごう崎陽軒売店で購入
Yokohama Piraf

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年11月発売の「横浜ピラフ」を、2015(平成27)年5月18日に早くもリニューアル。横濱チャーハンと同じ容器に、エビとグリーンピースをトッピングするピラフ、鶏唐揚、スパゲティナポリタン、ポテトサラダ、パブリカ、シウマイ2個を詰める。

掛紙の色と絵柄が明らかに異なるので、売店で兄貴分の「横濱チャーハン」と見間違うことはないが、中身の見た目は本当に似ている。魚介類のブイヨンで炊いたご飯が、角の取れた淡い色と淡い味を出す。価格は発売時や購入当時で600円、2016年9月から630円。

※2016年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱ピラフ(600円)2014年11月23日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Yokohama Piraf (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年11月15日に「横濱チャーハン」の弟分として発売。横濱チャーハンと同じ容器に、エビとグリーンピースをトッピングするピラフ、チキンのクリーム煮、スクランブルエッグ、パブリカ、デミグラスソース漬けのシウマイ2個を詰める。発売から半年後の2015(平成27)年5月にリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/