banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

おべんとう初夏(680円)2016年5月4日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Obento Shoka

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅の初夏限定駅弁の2016年版で、2016(平成28)年4月16日から6月15日までの販売。今回の内容は、おこわのようにもちもちした山菜御飯、カレイ黄身揚げ、ワカメやちりめんじゃこなどの和え物、タケノコやニンジンなどの煮物、玉子焼、梅きゅうり、シウマイ2個、抹茶わらびもち。引き続き、分からないくらい少しずつ変えながら、春〜初夏〜夏〜秋〜冬と切れ目ない販売が続く。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おべんとう初夏(680円)2015年4月25日に石川町駅駅弁売店で購入
Obento Shoka (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅の初夏限定駅弁の2015年版で、2015(平成27)年4月16日から6月15日までの販売。今回の内容はカツオそぼろと錦糸卵の御飯、カレイ黄身揚げ、ワラビの和え物、肉団子やコンニャクやタケノコなどの煮物、玉子焼、梅きゅうり、シウマイ2個、抹茶わらびもち。今までと変わらない感じも、今年の内容は、あるいは今回買ったものは、なんだか湿っぽいような感じを受けた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おべんとう初夏(670円)2014年4月26日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Obento Shoka (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅の初夏限定駅弁の2014年版で、2014(平成26)年4月16日から6月15日までの販売。今回の内容はダイコン葉と小エビのごま和えの御飯、カレイ黄身揚げ、フキとカツオの含め煮、ゼンマイ入り五目いなりやコンニャクやレンコンなどの煮物、玉子焼、梅きゅうり、シウマイ2個、抹茶の水まんじゅう。いつもの爽やかな内容と風味。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おべんとう初夏(650円)2013年5月3日に横浜で購入
Obento Shoka (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅の初夏限定駅弁の2013年版で、2013(平成25)年4月16日から5月31日までの販売。今回の内容はカツオそぼろとグリーンピースの御飯、カレイ黄身揚げ、ワラビの和え物、ゼンマイ入りがんもどき、エビ団子やタケノコなどの煮物、玉子焼、梅きゅうり、シウマイ2個、水まんじゅう。前年の「初夏」とはカツオと根菜煮物が被るため、食べている間はあまり変化を感じなかったが、見比べるとだいぶ違いがある。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おべんとう初夏(640円)2012年5月2日に関内駅駅弁売店で購入
Obento Shoka (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

「おべんとう春」の発売期間を半分奪う形で、2012(平成24)年4月16日から5月31日まで初めて販売された、崎陽軒の季節の小さなお弁当の「初夏」バージョン。容器や価格は普段の春夏秋冬と同じで、その掛紙にはカキツバタが咲き、中身は鶏フレークと錦糸卵の御飯、キス磯部揚、セリや寒天などの和え物、鶏利休揚、山菜いなり煮、小粒抹茶大福、シウマイ2個など。初夏バージョンの駅弁はこれとNRE「吹き寄せ弁当」くらいではないだろうか。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/