banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

【掛紙】シウマイ(100円)1959年7月31日調製
Siumai

掛紙

1959(昭和34)年7月31日11時の調製と思われる、昔の横浜駅弁の掛紙。その絵柄はほぼそのまま、現在に受け継がれている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島通り2丁目20番地 連絡先の記載なし

シウマイ(300円)2015年12月5日に高島屋横浜店崎陽軒売店で購入
Siumai (Pocket Siumai)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1985(昭和60)年3月5日に発売された、横浜名物シウマイの最小パッケージ。売店などでは「ポケットシウマイ」と呼ばれる。中身はシウマイ6個だけ。これほどお手軽な焼売は他にないのではと思う。ビール1缶にぴったりか。横浜エリアで売られる、通常版のシウマイのみの単独商品では唯一、ここの名物の陶製醤油入れ「ひょうちゃん」が入らない。

価格は2003年の初購入当時で230円。主原料の豚肉及び帆立貝柱の価格高騰等を理由に、2006年9月に250円へ値上げ。2008年10月に270円、2010年9月に250円へ値下げ、2014年4月の消費税率改定により260円、2014年8月から280円、2016年9月から300円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2016年2月補訂:写真の更新
※2014年12月補訂:値上げを追記
※2007年4月補訂:値上げの追記と解説文の改訂
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】シウマイ(230円)2003年7月12日に桜木町駅コンコース駅弁売店で購入
Siumai(Pocket Siumai)

掛紙

2003(平成15)年7月12日の調製である、横浜駅弁の紙箱。通常版のシウマイの包装紙や紙箱は、意匠を変えないまま少しずつ変化しているが、こちらのポケットシウマイは変化さえ無い。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒

シウマイ(620円)2015年1月9日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1928(昭和3)年4月1日の発売。名物のない横浜駅に何か名物をと開発された、冷めてもおいしくなるように開発された駅売り焼売。今では御存知のとおり横浜名物となった。種類や個数別に現在は十種類以上あるシウマイ単独売り商品のうち、最もベーシックなものがこれで、昔から変わらないシウマイが15個入っている。

1955(昭和30)年から入れられた陶製醤油容器「ひょうちゃん」は、80種類の顔を持つという。過去には「シウマイ御弁當」にも入っていたらしいが、現在はシウマイ単独売り商品のみに入る。

価格は2001年当時で510円。主原料の豚肉及び帆立貝柱の価格高騰等を理由に、2006年9月1日から550円へ値上げ。約15年振りの値上げだという。2008年10月の値上げで580円まで上がり、2010年9月から550円に戻った。2014年4月から560円、2014年8月から590円、2016年9月から620円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2015年12月補訂:写真を更新
※2014年12月補訂:値上げを追記
※2007年4月補訂:値上げの追記
※2005年3月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】シウマイ(550円)2010年12月20日にどこかで購入
Siuma (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身 中身

劇団四季「CATS」横浜公演1周年を記念して、2010年11月11日から2011年2月末頃まで、陶製醤油入れ「ひょうちゃん」の絵柄をCATSに置き換えて販売した。なお、下段中央の写真は同日に購入した「特製シウマイ」の中身。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】シウマイ(550円)2008年6月1日に横浜高島屋地下食品売場で購入
Siumai

掛紙

2008年6月1日7時の調製である、横浜駅弁の掛紙。調製元である崎陽軒の創業100周年を記念した100企画のひとつとして、おそらく2008年4月から2009年3月まで、15個入りの通常版のみ包装紙のデザインを変更したもの。紙箱や中身や価格は変わらない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 045(472)5611

【掛紙】シウマイ(510円)2005年1月12日に桜木町駅改札付近駅弁売店で購入
Siumai

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙

2005(平成17)年1月12日14時の調製である、横浜駅弁の包装紙。当時の絵柄は、10年後の古い掛紙と社章の組合せではなく、30個入りと同じタイプであった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 045(472)5611

【終売】ジェットボックスシウマイ(850円)2004年3月19日にみなとみらい駅コンコース駅弁売店で購入
Jet Box Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1987(昭和62)年2月に登場し、1997(平成9)年2月に消え、2004(平成16)年3月19日から5月中旬頃までの予定で一時的に復活した、加熱機能付き容器使用のシウマイ。横浜駅弁おなじみのシウマイが、4×5=20個入る。ひもを引くと轟音と共にジェット蒸気が上がり、7〜8分待つとアツアツのシウマイが出来上がり。列車内でこれをやるのは恥ずかしいので、行楽用か、または自宅でレンジでチンすることさえ面倒なずぼら者に向いている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

シウマイ(30個入り)(1,230円)2015年1月9日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai (30 pieces)

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜名物シウマイの30個入り。厚手のボール紙製容器を真っ赤な包装紙で包む。中身はつまりシウマイの30個入りだが、トレーもパックも使わず容器に直接6×5個が敷き詰められている姿は、あとは容器が紙製ではなく経木であれば本当に古風な姿となるはず。お馴染みの陶製醤油入れ「ひょうちゃん」1個と太い楊枝が3本付く。

価格は2002年時点で1,000円。主原料の豚肉及び帆立貝柱の価格高騰等を理由に、2006年9月から1,100円へ約15年振りの値上げ。2008年10月の値上げで1,150円まで上がり、2010年9月には1,080円にちょっと値下げ。2014年4月から1,100円、2014年8月から1,170円、2016年9月から1,230円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2015年12月補訂:写真の更新
※2014年12月補訂:値上げを追記
※2012年6月補訂:写真の更新
※2007年4月補訂:値上げの追記
※2005年7月補訂:写真の差替
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】シウマイ(30個入り)(1,080円)2011年10月30日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai (30 pieces)

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙

2011(平成23)年10月30日5時の調製である、横浜駅弁の包装紙。製造者に「シウマイ製造部」の文字が追加された以外は、2015年のものと同じ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380

【掛紙】シウマイ(30個入り)(1,000円)2002年12月23日に横浜駅北口コンコース売店で購入
Siumai (30 pieces)

掛紙

2002(平成14)年12月23日8時調製の横浜駅弁の包装紙。2011年時点のものと比較して何ら変わらない。今後もこの絵柄を続けていくのだろう。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒

【掛紙】シウマイ(30個入り)(1,080円)2011年12月21日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai (30 pieces)

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙

2011(平成23)年12月21日15時調製の横浜駅弁の包装紙。2012年が辰年であることから、2011年12月16日から2012年1月末まで、30個入りシウマイの包装紙を、昭和40年代に使われたという龍(辰)の絵柄に差し替えた。中身や価格は通常版と同じ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380

【終売】シウマイ(30個入り)(1,080円)2010年12月27日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai (30 pieces) (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

劇団四季「CATS」横浜公演1周年を記念して、2010(平成22)年11月11日から2011(平成23)年2月末頃まで、陶製醤油入れ「ひょうちゃん」の絵柄をCATSに置き換えて販売した。これ以外は通常版とまったく同じ。



【東海道本線横浜(よこはま)駅】1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
【株式会社崎陽軒】神奈川県横浜市西区高島2−12−6 TEL:0120-882-380
 http://www.kiyoken.com/
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/