banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

シウマイまん(500円)2014年4月26日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Siumai-man

掛紙 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年4月1日に、従前の「シウマイまん」をリニューアル。見た目はほとんど、味はまったく変わっていない。焼き印を1種類から5種類に増やしたという。よく見比べると、紙カップが横浜スタジアム内の崎陽軒売店と共通のものから「シウマイまん」専用に変わっている。発売日の消費税率改定により、価格は発売時や購入当時で460円、2014年8月から500円、2016年9月から510円。

※2016年8月更新:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】シウマイまん(450円)2013年8月11日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai Man (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年6月に「横浜えきまつり」期間中の限定商品として登場し、後にレギュラー入りした模様。その前から横浜スタジアムかどこかで見たような気がする。下記「シウマイまん」を、従前から横浜スタジアム内などの売店で使われていた紙カップに、10個詰めている。簡易包装による値下げ増量といったところか。シウマイまんの焼き印は、変わることがある模様。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

シウマイまん(450円)2013年10月12日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai Man

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

容器も中身も価格も、上記のカップ入り「シウマイまん」と同じ。シウマイまんの焼き印が、ひょうちゃんではなく蒸気機関車になっており、透明なふたに貼られる商品名シールの絵柄もそうなっている。焼き印は2015年時点で通常版でも5種類が混在するそうで、他にスピッツ版など特別なものも起こされる模様。価格は購入当時で450円。今売られるのであれば、通常版と同じ510円になるだろう。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】シウマイまん(520円)2002年12月31日に横浜中華街の崎陽軒売店で購入
Siumai Man (end of sales)

掛紙 外観 中身

2002(平成14)年7月21日登場。横浜名物シウマイの中身を、蒸かす必要のないパン生地のような饅頭生地で包み、醤油入れのキャラクター「ひょうちゃん」の焼きを入れた「シウマイまん」を9個入れる。醤油入れや辛子はシウマイと共通。他では味わったことのない不思議な食感と風味が楽しめた。日持ちはしない。

 価格は購入当時で480円。主原料の豚肉及び帆立貝柱の価格高騰等を理由に、2006年9月1日から520円へ値上げ。上記の紙カップ入りへの変更により、2013年までに終売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
※2007年4月補訂:値上げの追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/