banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

きのこシウマイ(650円)2016年9月4日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成27)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは前者の常温タイプ。包装紙も紙箱も中身も味も、4年連続で据え置かれた。この年の9月1日の崎陽軒の弁当類値上げにより、価格は今回から10円アップの650円。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

きのこシウマイ(650円)2016年9月4日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは後者の冷蔵タイプ。紙箱も中身も味も、4年連続で据え置かれたが、今回から紙箱表面に「おいしさ長もちシリーズ」の表記を追加。この年の9月1日の崎陽軒の弁当類値上げにより、価格は今回から10円アップの650円。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(640円)2015年9月26日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは前者の常温タイプ。包装紙も紙箱も中身も味も、3年連続で据え置かれた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(640円)2015年9月26日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは後者の冷蔵タイプ。紙箱も中身も味も、3年連続で据え置かれた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(630円)2014年10月3日に横浜駅西口地下街の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは前者の常温タイプ。包装紙も紙箱も中身も味も据え置かれた。一般に焼売は、冷めたり冷たいよりは暖かいほうが好まれると思うが、このきのこシウマイに限っては、常温版を冷たくしてシャキシャキにしたほうがうまいと考えている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(630円)2014年9月28日に横浜店東西自由通路の駅弁売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年9月1日から11月30日までの販売の、秋の特製シウマイ。今回も引き続き、常温タイプと「おいしさ長もちシリーズ」の販売で、こちらは後者の冷蔵タイプ。紙箱も中身も味も据え置かれた。相変わらず、みずみずしいキノコが香る、うまいシウマイ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(600円) 2013年9月4日に横浜駅付近の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年9月1日から11月30日まで販売された、秋の特製シウマイ。今回は初めて、いつもの常温タイプと、「おいしさ長もちシリーズ」の包装を使う冷蔵タイプの2種類が、同じ内容と価格で登場した。こちらは前者の常温タイプで、前年と同じきのこシウマイを6個、竹皮柄の紙箱に収めて、包装紙で包む。もし加熱するとしたら、容器の移し替えを要するが、そのまま食べられて便利だし、シウマイの見栄えはこちらが上。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(600円)2013年9月4日に横浜駅付近の崎陽軒売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2013(平成25)年9月1日から11月30日まで販売された、秋の特製シウマイ。今回は初めて、いつもの常温タイプと、「おいしさ長もちシリーズ」の包装を使う冷蔵タイプの2種類が、同じ内容と価格で登場した。こちらは後者の冷蔵タイプで、前年と同じきのこシウマイが6個、真空パックの姿で紙箱に収まる。潰れた見栄えは優れないが、アツアツに加熱するならばこちらが便利。

上記2商品の比較写真は以下のとおり。

外観 外観 中身 中身
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(600円)2012年9月9日に横浜駅西口駅弁売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年9月1日から11月30日まで販売された、秋の特製シウマイ。名前や価格とシウマイの中身や個数は前年と同じだが、包装紙が明るくなり、添付のタレが普通の醤油に戻った。常温販売品とは思えない瑞々しさと柔らかさを持っていたが、前年のほうが味が映えていたとは思う。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(600円)2011年10月29日にどこかで購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年9月1日から11月30日まで販売された、秋の特製シウマイ。包装紙は白から茶色に変わり、今年の中身はマイタケ、シイタケ、エリンギ、ブナシメジで作ったという。確かにたっぷりキノコ味であるものの、歯応えがなく風味も平板。しかし今回初めて添付したラー油色な酸っぱい醤油だれを使うと、キノコの味が元気ににょきにょき生えてきた。そういう商品設計をしているのだろうが、これには驚いた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】きのこシウマイ(600円)2010年10月6日に関内駅北口駅弁売店で購入
Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年9月1日から11月30日まで販売された、秋の特製シウマイ。パッケージの構造はいつものとおり。中身は2009年までのシイタケ、マイタケ、エリンギの3種に、ぶなしめじとマツタケを加えた5種のキノコを合計34%も混ぜ込んだシウマイを6個並べるもの。その色はより黒っぽくなり、淡くあっさりした包装紙のデザインとは正反対に、キノコの臭いや食感はより強くなった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】秋麗きのこシウマイ(500円)2003年11月23日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Shurei Kinoko Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年10月3日から12月20日頃まで発売された、季節限定の特製シウマイの第二弾。なお、第一弾は2003年7月27日から9月30日まで発売された「涼味いかシウマイ(550円)」。容器を開封しても感じないが、食べると舞茸や椎茸の味と食感と香りが一杯に広がるシウマイが6個、醤油入れ「ひょうちゃん」と共に入っている。

キノコ嫌いは避けたほうが良さそう。11月末までの発売期間が好評のため延長された。ところで、崎陽軒の高級シウマイは包装紙と容器が底で多量の糊により完全に接着しているため、いくら丁寧に扱っても破れなしにはがすのは不可能、掛紙コレクター泣かせの商品である。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】ふかひれシウマイ(1,600円)2004年11月13日におそらく横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Fukahire Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2004(平成16)年10月15日に初登場、2005年1月31日まで一日百個限定で発売された、期間限定の特製シウマイ。経木枠の長方形容器に白地花柄の紙蓋をかけ、朱色のグラデーションに金文字で商品名などを記した包装紙で包む。中身はフカヒレを重量の2割も混ぜたという特製シウマイが十個。味が淡泊なので飯のおかずや酒のつまみには向かないが、多量に混入したフカヒレの風味や食感を十分に楽しめたので、一個160円という価格に割高感はなかった。

サメのヒレであるフカヒレは、主に中華料理で使われる高級食材だが、その最上の産地は日本の宮城県気仙沼港なんだとか。クジラほどではないがサメについても、それを食する文化のない国の環境保護団体が政治力を発揮し、禁漁の圧力にさらされている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/