banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


北陸の駅弁新潟県 > 新潟駅 > 丼物の駅弁 (6種類収蔵)

←前は[新潟駅鮭の駅弁] | 次は[新潟駅SLの駅弁]→

JR東日本 新潟(にいがた)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から上越新幹線「とき」で2時間強。新潟市は信濃川の河口に位置する日本海に面した人口約82万人の港町で、水田や漁港から新幹線や空港までなんでもある日本海側随一の大都市。駅弁は国鉄時代からの新潟駅と新津駅と新発田駅の駅弁屋4社に加えてJRの子会社も進出し、共同売店で多種が揃う。1904(明治37)年5月3日開業、新潟県新潟市中央区花園1丁目。

【終売】越乃釜めし(820円) 2005年5月8日に新潟駅乗換改札そば売店で購入

掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身

 総プラスティック製の釜飯容器をボール紙のパッケージに入れる。中身は茶飯の上に鶏や海老や帆立に山菜やごぼうや錦糸卵などを載せる、ごくふつうの釜飯駅弁。具の種類は多いのだが飯も具も醤油や塩気がきつすぎる感じ。2000年代の駅弁はこうであってはいけない。現存しない模様。

 新潟県は上越新幹線の終着駅。高崎線と信越本線で結んでいた首都と越後をショートカットするために建設された新前橋〜宮内間の在来線が、上野(こうずけ)国と越後国を結ぶので上越線と名付けられ、これが新幹線の路線名にもなった。一方で越後の国は京都に近い地域から上越・中越・下越の順で呼ばれており、1971年に高田市と直江津市が合併して誕生した新潟県上越市はそれが由来なので、ややこしい。「越の国」とすれば越中富山や越前福井も含まれるのでは。

※2015年9月補訂:終売を追記

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新潟三新軒】新潟県新潟市花園2丁目3−7 TEL:025(244)1252
 http://www.niigata-sanshinken.co.jp/
【終売】サッカー弁当(880円) 2001年10月28日に品川駅コンコース駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 2002年W杯の会場として建設されたスタジアム「ビッグスワン」の完成を祝って2001年に登場。容器の不安定さでは白浜駅「紀州てまり弁当」に次ぐ、サッカーボール型で底がわずかに平坦な容器をボール紙のケースに入れる。中身は帆立フライに海老フライが載ったコシヒカリの鳥そぼろ混ぜ御飯と、中高生のお弁当のようなスタイル。W杯の名前やイメージの使用は、超高額の権利を購入したスポンサーと多額の費用を支出した会場の地方自治体に限られるため、この駅弁のパッケージには苦し紛れの表現が見られる。現在は売られていないものと思われる。

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新潟三新軒】新潟県新潟市花園2丁目3−7 TEL:025(244)1252
 http://www.niigata-sanshinken.co.jp/
松茸にぎわい弁当(1,050円) 2002年11月17日に時刻表検定試験東京会場で購入

掛紙 外観 外観 中身

 小判型のプラスティック製容器をボール紙の枠にはめる。中身はコシヒカリの御飯の上に錦糸卵と山菜を敷き、帆立貝や磯貝と共に小さな松茸スライスと金箔を載せる。松茸弁当と考えると松茸の量や風味の少なさにがっかりするが、普通のお弁当と考えればとても美味く、容器も美しい。駅弁大会の常連さん。価格は購入当時で970円、2011年時点で1,000円、2015年時点で1,050円。10〜3月の販売。

※2015年9月補訂:値上げと販売時期を追記

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新潟三新軒】新潟県新潟市花園2丁目3−7 TEL:025(244)1252
 http://www.niigata-sanshinken.co.jp/
越後もち豚味噌焼きロース重(1,000円) 2005年9月3日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 2005年の登場か。円形発泡材の桶型容器に白い和紙柄の掛紙をかけて赤い紙ひもでしばる。中身は白御飯の上に、肉厚で駅弁名そのままの越後もち豚味噌焼きロースを貼り付けて、紅生姜とモヤシとサヤエンドウを添える。

 先に名前を見たこともあるだろうが、赤身の歯応えの裏にお餅のような粘度を感じる豚ロースと、それに絡む味噌だれが肉にも飯にも合うし、それでも豚肉好きでない人を引き付けるほど美味ではないが、将来に新潟が養豚の名産地になれば、名駅弁になれるだけの素質はあると思う。価格は発売時や購入当時で1,000円、2009年時点で1,050円、2014年4月の消費税率改訂により1,080円。

※2015年9月補訂:値上げを追記

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新発田三新軒】新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 TEL:0250(21)6220
 http://masaka.ekiben.or.jp/
【終売】うなわさ重(1,050円) 2006年10月22日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 2006年秋頃の登場。真円形の発泡材容器に割りばしとおてふきを置き、商品名と宣伝文を書いた掛紙をかけて、紙ひもでしばる。中身は白御飯の上に舞茸とわさび菜と玉子焼を刻んで、ウナギ蒲焼6切れと共に放射状に並べる。

 なんとなく、名古屋のひつまぶし風。少量のウナギ蒲焼を舞茸その他で増量したと言えなくもないが、ワサビ菜のピリ辛と風味がとても合う。それでも「うな…重」で千円以上でこの分量では、苦情が先に出るかも。それ以上に、もはや駅弁販売の実態がないであろう新発田駅の名を、箸袋やナプキン袋でうたい続けるのはどうかと思った。2011年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新発田三新軒】新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 TEL:0250(21)6220
 http://masaka.ekiben.or.jp/
越後もち豚 豚の熱弁(1,050円) 2005年11月3日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 2005年1月頃の登場か。円形の加熱機能付き容器に、駅弁名と演説する豚のイラストを描いたボール紙のふたをかけて、プラ製帯で留める。中身は出汁飯の上に越後もち豚しゃぶしゃぶ肉がたくさん載るもの。柔らか薄切り豚肉の白さと、別添で容器と一緒に暖めるしゃぶしゃぶ用ごまだれが目新しい。10〜5月の販売。

 調製元は羽越本線新発田駅と新潟駅の駅弁屋を名乗るが、所在地が新津・燕三条・新潟の各駅で駅弁を売る三新軒と同じ場所であり、近年は新発田駅で駅弁を買えたという報告がないため、三新軒と一体と見なして良いだろう。新潟・新津・新発田の駅弁屋が第二次大戦時に統合し三新軒を名乗り、戦後に元通り三分割したが、21世紀にふたつが統合という具合。

【信越本線新潟(にいがた)駅】1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市花園1丁目
【株式会社新発田三新軒】新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 TEL:0250(21)6220
 http://masaka.ekiben.or.jp/
←前は[新潟駅鮭の駅弁] | 次は[新潟駅SLの駅弁]→

2001年6月17日開設 2007年3月4日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.