banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 新潟(にいがた)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Niigata Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から上越新幹線「とき」で2時間強。新潟市は信濃川の河口に位置する日本海に面した人口約82万人の港町で、水田や漁港から新幹線や空港までなんでもある日本海側随一の大都市。駅弁は国鉄時代からの新潟駅と新津駅と新発田駅の駅弁屋4社に加えてJRの子会社も進出し、共同売店で多種が揃う。1904(明治37)年5月3日開業、新潟県新潟市中央区花園1丁目。

磐越SL弁当(1,250円)2005年3月5日に日本橋三越の弁当大会で購入
Banetsu SL Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年秋の登場。蒸気機関車型の重く黒い陶製容器を大きな輪ゴムで縛りボール紙のパッケージに入れる。中身はボール紙のトレーに入っており、御飯の上に海苔を敷いてニシン・カズノコ・海老・ホタテ・鶏肉などが載る。新潟米コシヒカリと思われる御飯を含め風味は良かったが、容器に凝った分だけ高価格で少量となるし、その容器もかなり重い。SL列車乗車用と考えても持て余しそうで、近所のスーパーの駅弁大会で買うのが正解か。価格は発売時や購入当時で1,200円、2015年時点で1,250円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
調製元
株式会社 新潟三新軒 新潟県新潟市中央区花園2丁目3−7 025(244)1252 http://www.niigata-sanshinken.co.jp/

【終売】SLべんとう物語(930円)2003年4月19日にパシフィコ横浜の旅フェアで購入
SL Bento Monogatari (end of sales)

掛紙
外観 外観 中身

磐越西線SL列車「SLばんえつ物語」の運転開始に合わせて1999年4月に登場。竹皮容器に蒸気機関車の側面図を描いた色紙を掛紙としてかけて赤い紙ひもでしばる。ボール紙の箱をトレーにして収められる中身は、御飯の上に錦糸卵やひじきなどを敷いてエビフライと鮭焼漬を載せるもので、コンセプトはよく分からないが飯と鮭は美味い。新津駅「SLばんえつ物語弁当」とは別物。2009年過ぎまで売られた模様。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
調製元
株式会社 新潟三新軒 新潟県新潟市中央区花園2丁目3−7 025(244)1252 http://www.niigata-sanshinken.co.jp/