banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 新津(にいつ)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Niitsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

新潟駅から普通列車で約20分。新津は信越本線に羽越本線と磐越西線が接続する鉄道の要衝で、国鉄時代は機関区や操車場を備えた鉄道の街であった。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が今はキオスクに駅弁を卸し、SL列車の発車時にはホーム上での販売も行われる。1897(明治30)年11月20日開業、新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目。

JR東日本 新潟(にいがた)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Niigata Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から上越新幹線「とき」で2時間強。新潟市は信濃川の河口に位置する日本海に面した人口約82万人の港町で、水田や漁港から新幹線や空港までなんでもある日本海側随一の大都市。駅弁は国鉄時代からの新潟駅と新津駅と新発田駅の駅弁屋4社に加えてJRの子会社も進出し、共同売店で多種が揃う。1904(明治37)年5月3日開業、新潟県新潟市中央区花園1丁目。

みそ粕豚丼(1,100円)2016年10月8日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Miso Kasu Buta Don

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」の開催に向けて、2016(平成28)年9月に発売。みそ粕漬けの豚肉であることを強調したという黄色いパッケージに、ふたが透明な正八角形の容器を収める。中身は白御飯を、錦糸卵と越後みそ寒梅粕漬け豚ロースで覆い、かぐら南蛮みそ漬と大根みそ漬を添えるもの。容器いっぱいの白飯に対して、豚肉の小片はたった4切れ。しかし、ササミのような豚に肉としての旨味があり、飯のおかずには十分。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

越後の肉弁もち豚越の鶏(1,100円)2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Echigo no Nikuben Mocihbuta Koshinotori

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の4月までに発売か。駅弁の名前は、JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2015」では「越後豚鶏弁当」、食品表示で「越後の豚鶏弁当」、東京駅の駅弁大会では「越後の肉弁もち豚越の鶏」、パッケージには右から縦書きで「もち豚」「越後の肉弁」「越の鶏」。当館では新津駅弁「越後の肉弁もち豚越の鶏」と読むことにする。

白御飯の上を、「越後もちぶた」の豚そぼろと豚角煮と豚肉団子、錦糸卵、「越の鶏」の鶏そぼろと鶏塩焼と鶏肉団子で覆い、山セリ煮と大根桜漬を添える。2種6様の肉は、味も食感も個々にはっきりとした違いを見せ、新幹線車内でモリモリ食べる食事として優れもの。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

越後もちぶたとんかつ弁当(930円)2012年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Echigo Mochibuta Tonkatsu Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年秋の新作か。黒いプラ製トレーと合わせた長方形の発泡材枠容器に透明なふたをして、商品名を賑やかにデザインしたボール紙の枠にはめる。中身は新潟県産コシヒカリの白御飯の上に業務用錦糸卵とソースカツを載せ、赤カブと山セリを添えるもの。甘い甘い味噌味で、常温でも食べやすいカツ丼。付合せが紅生姜や柴漬けでない点が、個人的にはありがたい。価格は購入当時で900円、2015年時点で930円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

新潟たれカツ重(900円)2009年5月15日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Niigata Tare Cutlet Ju

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年4月11日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で販売するために登場したと思われる。新潟駅や新津駅でも販売されている模様。黒いプラ製トレーをボール紙を組んだ長方形容器に詰め、透明なふたをして商品名を中心の縦一列に描いた掛紙をかけて、赤いひもで十字にしばる。中身は白御飯に千切りキャベツを敷いて、豚ロース味噌漬を揚げてから醤油のたれに漬けたトンカツを貼り、フキ山椒と赤かぶ漬を添えるもの。柔らかい味で一気に食べ終えてしまう、内容に違い口にも胃にも優しい駅弁。

掛紙ではこれが昔から新潟の郷土の味と記される。醤油のたれに漬けるトンカツは、これをたれカツと呼べば新潟県新潟市で元祖を名乗る食堂がいくつかあるようだが、醤油カツと呼べば東京都内や岐阜県中津川市など、そう多くないが各地で少々見られるかもしれない。新潟県でも長岡市になると洋風カツになり、新潟市でも東北の系統となる玉子とじのカツ丼も並立しているそうな。いずれにせよ駅弁化はおそらくNREにつつかれて、ここまで待つこととなった。価格は発売時や購入当時で870円、2014年4月の消費税率改定により900円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111 http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/

もち豚まいたけ弁当(1,050円)2007年11月4日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Mochibuta Maitake Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

JR20周年記念駅弁の新津駅版として、2007(平成19)年9月頃に登場。長方形の容器に白御飯を詰めて、豚角煮、肉団子、豚そぼろ、錦糸卵、舞茸でバーコードを描き、赤かぶと山せりを添える。越後もち豚の名前と、こういう構造の容器や中身の見栄えは、いろんな駅弁で見てきた気がする。その点で没個性的だが、風味は見栄えを上回ると思う。

鉄道の街・新津は、戦後からつい最近まで長らく新潟県新津市であったが、2005年3月に新潟市へ編入され、2007年4月には政令指定都市へ移行したため、今は新潟県新潟市秋葉(あきは)区に変わっている。建立250年程度の神社の名前が由来だそうで、部外者からはなぜ素直に「新津区」にしなかったのかと思う。旧新津市と旧小須戸町を主なエリアとする仮称「5区」の名称決定の経緯に関する不透明なゴタゴタが、新潟市のパブリックコメントや新潟市行政区画審議会の会議録などから感じ取れる。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

【終売】越後もちぶた大きなハンバーグ弁当(1,050円)2009年2月15日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Echigo Mochibuta Ookina Hamberg Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2009(平成21)年1月までに駅弁催事で登場か。中身の写真やイメージ写真を掲載したボール紙のパッケージに、大きな白い紙カップが1個収まる。中身は白御飯に円形のハンバーグを1個敷き、透明なトレーにソース、半熟卵、ポテトやニンジンやブロッコリーなどを詰めて重ねたもの。

駅弁ではあまりないが、コンビニやホカ弁では珍しくないハンバーグ弁当。内容は平凡で風味も優秀ではない、というより輸送で冷えた状態ではあまりうまくないが、ハンバーグに豚肉使用の臭みはないし、名前や見栄えでの演出はなかなかのもの。現地にて温もりのある状態で販売されていれば、と思う。2013年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/