banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 越後湯沢(えちごゆざわ)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Echigo-yuzawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から上越新幹線で約1時間20分。新潟県南魚沼郡湯沢町は新潟県の最南部の山中に位置する人口約8千人の宿場町で、温泉やスキーで観光客を集め、新幹線と高速道路の開通により高層マンションが林立するリゾート都市へと変貌し、バブル経済の崩壊とスキー人口の激減で痛手を負っている。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースの専用売店で10種弱を販売するほか、他駅の駅弁が売店や仮設売店で販売されることがある模様。1925(大正14)年11月1日開業、新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢。

駒子べんとう(950円)2007年8月11日に越後湯沢駅コンコース駅弁売店で購入
Komako Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

越後湯沢駅の上等幕の内駅弁なのだろうか。女性がにじむ絵柄の大きめなボール紙製正方形容器を使用、そのふたの裏ではしおざわコシヒカリを宣伝している。白いトレーに詰めた中身は、その日の丸ご飯ととんかつ、やきそば、伊達巻など。

茶色い色のおかずの構成や品質はジャンクフード級、うまいはずのしおざわコシヒカリは水気でべちゃべちゃ。お盆休みの繁忙期で雑なつくりになったと思うことにする。それでも中身は年中変わらないだろうから、上で紹介した並等幕の内も含め、この駅で駅弁を買うときには幕の内を選んではならない。価格は購入当時で920円、2015年時点で950円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
上越線 越後湯沢(えちごゆざわ)駅 1925(大正14)年11月1日開業 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
調製元
合資会社 川岳軒 新潟県南魚沼郡塩沢町関115−1 025(783)2004 http://ekiben.jp/

雪国弁当(840円)2005年8月11日に越後湯沢駅コンコース駅弁売店で購入
Yukiguni Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

越後湯沢駅の並等幕の内駅弁。正方形のボール紙パッケージの中に白いトレーが入り、その中身は越後米コシヒカリの日の丸御飯に焼鮭、蒲鉾、伊達巻、ハム、煮物類、山菜、クルミ、漬物類。購入時にアツアツな御飯のうまさに救われるが、越後湯沢駅弁らしいクルミの添付を除けば、見た目や内容はふた昔もさらに前の昔懐かしい、国鉄や駅弁が殿様商売でやっていけた頃のタイプの幕の内駅弁。価格は購入当時で800円、2015年時点で840円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
上越線 越後湯沢(えちごゆざわ)駅 1925(大正14)年11月1日開業 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
調製元
合資会社 川岳軒 新潟県南魚沼郡塩沢町関115−1 025(783)2004 http://ekiben.jp/

ほくほく弁当(900円)2005年8月11日に越後湯沢駅コンコース駅弁売店で購入
Hokuhoku Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

山菜醤油飯を使った幕の内風駅弁。シンプルで目立つ長方形ボール紙容器を使用、白いトレーに入った中身は、クルミ混じりの山菜醤油飯と、大きな焼鮭や細長い玉子焼、蒲鉾とチキンナゲットとぜんまいその他の付け合わせ。駅弁名は1997年10月開業の北越急行ほくほく線にちなむものだと思う。

飯・鮭・玉子焼までは美味いのだが、白いトレーやナゲット周りの見栄えの悪さで見た目が並となる。世間の評価も主に可もなく不可もなしという感じ。容器を変えて御飯を前面に出した商品に変えてみたい気がした。価格は購入当時で850円、2015年時点で900円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
上越線 越後湯沢(えちごゆざわ)駅 1925(大正14)年11月1日開業 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
調製元
合資会社 川岳軒 新潟県南魚沼郡塩沢町関115−1 025(783)2004 http://ekiben.jp/