banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 加賀温泉(かがおんせん)駅2014年5月18日訪問Googleマップ
JR-West Kagaonsen Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪から特急で約2時間半の、加賀温泉郷の総合玄関口。山代、片山津、山中の著名温泉地への玄関口としてその地位を争った、動橋駅と大聖寺駅の役割を一本化するため、その両駅に挟まれた作見駅を1970(昭和45)年に改称し」整備した。駅弁は国鉄時代に今庄駅から移転してきた駅弁屋「高野商店」が、多種多様な商品を改札外売店で販売する。1944(昭和19)年10月1日開業、石川県加賀市作見町。

海鮮上ずし百万石(1,180円)2011年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kaisen Jozushi Hyakumangoku

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

下記の駅弁「海鮮上すし梅鉢御紋」の、2011(平成23)年1月時点での姿と思われる。名称を従前に戻し、価格を下げ、ふたを透明なプラ製に簡略化し、酢飯の上に載る具の種類も有頭海老、ベニズワイガニ、セリ、イクラ、サケに減らしている。過去と比較すれば寂しくなったが、九谷焼の器の使用など基本的な所をしっかり押さえた、単体で容器も具も美しい海鮮丼。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

海鮮上すし梅鉢御紋(1,500円)2003年10月19日にフーデックスプレス山下公園店駅弁大会で購入
Kaisen Jozushi Umebachi Gomon

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003年の駅弁大会シーズンに初投入。下記の駅弁「海鮮上ずし百万石」と同じ、美しい九谷焼を容器に使う。中身は少量の御飯の上に海老・カニ・鮭・帆立・イクラ・数の子が折り重なるもので、豪華さも値段もグレードアップ。蓋も黒塗り木製で加賀百万石の贅沢さをアピールする。器の柄がプリントであることに気が付いてはいけないが、箸ではなくプラスティックの先割れスプーンが付いているのは、この価格の駅弁としては気になる点。なお、駅弁名になっている加賀藩前田家の家紋である梅鉢は、パッケージや容器に描かれてはいない。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

海鮮上ずし百万石(1,250円)2001年11月12日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Kaisen Jozushi Hyakumangoku

掛紙 外観 中身

容器の実用的な美しさは日本一だと思う。非常に美しい九谷焼を容器に使用、甘みのある酢飯の上にウニ・イクラ・エビ・ホタテ・カニといった海の素材を敷き詰めている。箸ではなく先割れスプーンが付くのはユニーク。少量の割に高価な点は、容器を購入したら中身が入っていたと考えれば余りあるもので、その中身も実に美味である。最近は見ないため、上記の駅弁「梅鉢御紋」にリニューアルされた可能性がある。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

日本海かにちらし(1,350円) 
Nihonkai Kanichirashi

2001(平成13)年の登場。越前焼の美しい容器を使用し、中身はカニの爪と脚肉と炒り身(ぼろ)が錦糸卵などと一緒に酢飯の上に載せられるカニ弁当。量は少なく、価格の多くは容器代に費やされているようだが、確かに容器に手抜かりはなく、茶碗として十分実用に耐えるばかりでなく観賞用にも向く。

福井の業者が「日本窯元めぐり」として加賀温泉・名古屋・豊橋・草津・岡山・和田山の各駅の駅弁業者に声を掛け、同じ大きさの容器と同じ値段で6種の駅弁をプロデュース、駅弁大会に売り込んだのだろう。現地で入手できるかは不明。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/