banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小淵沢(こぶちざわ)駅2016年11月12日訪問Googleマップ
JR-East Kobuchizawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

新宿駅から中央本線の特急列車で約2時間。北杜市(ほくとし)は山梨県の北西端を占める、人口約4.6万人の市。甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳や金峰山や茅ヶ岳に囲まれた高原に、農地が広がり、山や緑に観光客が来る。駅弁は売店に「小淵沢駅の名物は駅弁です」と掲示するほどの名物。1894(明治27)年12月21日開業、山梨県北杜市小淵沢町。

【終売】信州ワインランチ(1,300円)2010年10月10日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Shinsyu Wine Lunch (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年9月15日の登場は、同年10〜12月のJRグループ「信州デスティネーションキャンペーン」や2010〜2011年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。電子部品でも入っていそうな独特な形状の薄いプラ製容器を使用、透明なふたの中に掛紙や割りばしやおしぼりを詰める。

中身はイヅツワイン「信州紀行」の赤ワインのミニボトル1本に、笹巻きサーモン押寿司、丸めたハムチーズサンド、レーズンレパン、野菜のキッシュ、豚肉串団子、野菜アンチョビマヨネーズ。これは下記「甲州ワインランチ」の生まれ変わりなのだろうか。とすれば価格が700円下がり、中身は軽食に変貌。しかし笹寿司と野菜スティックがあり得ないほど酸っぱいことだけが印象に残った。2011年に終売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
中央本線 小淵沢(こぶちざわ)駅 1894(明治27)年12月21日開業 山梨県北杜市小淵沢町
調製元
株式会社 丸政 山梨県北杜市小淵沢町996 0551(36)2521 http://www.genkikai.org/

【終売】甲州ワインランチ(2,000円)2009年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kosyu Wine Lunch (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

京王百貨店駅弁大会または駅弁大会シーズンに向けてか、2008(平成20)年11月5日に登場。2009年1月の京王百貨店駅弁大会では酒入り駅弁特集で輸送駅弁コーナーに積まれたが、現地では前日16時までの要予約駅弁。

トレー入り発泡材容器とワインの小瓶1本を詰めたボール紙の容器には、駅弁名に加えて卵殻モザイク画が印刷される。中身はアワビ煮貝の押寿司、紅マス押寿司、古代米の細巻が御飯として入る他は、甲州ワインビーフのサイコロステーキ、スパニッシュオムレツ、レーズンパン、スイートピクルスなどのサラダ、ヤマイモにブロッコリーなど。これに「中央線オリジナルワイン 甲斐のしずく」180ml瓶とプラ製カップが付いてくる。ワインは予約時のリクエストで赤ワインへ変更可能。

ワインに合いそうなおかずを添えた中身の選定や見栄えや味は妙に洗練されている。1982(昭和57)年の塩尻駅「ワインランチ」を発祥とするワイン入り駅弁は、各地でなにかと入手難となっているため、後発でもガンガン売って駅弁の魅力を発信してもらいたいもの。なお、山梨県内では駅や道路の観光売店でワインの大瓶や小瓶を気軽に買えるため、駅弁にわざわざワインをセットする必要があるかといえば、そうではないかもしれない。2010年に終売か。2013年1月の京王百貨店駅弁大会に、ひょっこり出てきた。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
中央本線 小淵沢(こぶちざわ)駅 1894(明治27)年12月21日開業 山梨県北杜市小淵沢町
調製元
株式会社 丸政 山梨県北杜市小淵沢町996 0551(36)2521 http://www.genkikai.org/