banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 甲府(こうふ)駅2011年4月15日訪問Googleマップ
JR-East Kofu Station

駅名標 駅舎 駅構内

新宿駅から中央本線の特急列車で約1時間半。甲府市は山梨県の県庁所在地である人口約19万人の城下町で、昭和の頃までは商業で賑わった。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2002年3月に廃業して以来、小淵沢駅と東京地区の駅弁が売店で販売される。1903(明治36)年6月11日開業、山梨県甲府市丸の内1丁目。

【終売】武田陣中鍋めし(850円)2001年10月28日に品川駅コンコース駅弁大会で購入
Takeda Jinchu Nabemeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1967(昭和42)年、または1969(昭和44)年のNHK大河ドラマ「天と地と」の放送に合わせて同年に登場した鍋容器駅弁。ずしりと重い厚紙製パッケージの中に、武田信玄の陣中食の大鍋をイメージし、しかし1人用にコンパクトサイズにした、木のふたと鉄のつるが付いた本格的なミニ土鍋の中身は、味付け御飯の上にアワビやホタテに山菜類や錦糸卵などが載る釜飯風弁当。他の釜飯駅弁と比較して、おかずにできる肉類魚介類の量が少ないが、しっかりした味と風味は負けていない。

駅弁業者の解散により2002年3月末で消滅するはずが、惜しむ声に押されて4月以降もJR系列の別業者が同種製品を出したものの、現在は入手できない模様。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
株式会社 日食甲陽軒 山梨県甲府市丸の内1−7−7 0552(35)5555

【終売】武田本陣弁当(1,050円)2002年3月9日に甲府駅コンコース駅弁売店で購入
Takeda Honjin Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

1988(昭和63)年のNHK大河ドラマ「武田信玄」の放送に合わせて、同年に登場か。経木枠の六角形容器に勇ましい信玄像を描いたボール紙製のふたをかけ、ひもでしっかりしばる。中身は3分割され、手前に大豆入り御飯、左上にエビフライとシシャモ甘露煮と煮物など、右上に豚生姜焼にフルーツなどが入る。

甲府には武田の付く駅弁が3種類あるため、現地では「生姜焼き弁当」と案内されることがあるそうだ。駅弁業者の解散により2002年3月末で終売となった。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
株式会社 日食甲陽軒 山梨県甲府市丸の内1−7−7 0552(35)5555

【終売】武田無敵弁当(1,050円)2002年3月9日に甲府駅コンコース駅弁売店で購入
Takeda Muteki Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

駅弁名の「無敵」には「かつ」の振り仮名がついている。正方形の発泡材容器に透明なふたをして、シンプルなデザインの掛紙をかけて麻紐でしっかりしばる。中身はたっぷりの白御飯に、クリスピーな衣を付けた味噌カツが野菜と共に入り、ポテトフライやコンニャクに玉子焼や蒲鉾その他の付け合わせ。

甲府には武田の付く駅弁が3種類あるため、現地では「カツ弁当」などと案内されることがあるそうだ。駅弁業者の解散により2002年3月末で終売となった。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
株式会社 日食甲陽軒 山梨県甲府市丸の内1−7−7 0552(35)5555

【終売】旅のふれあい弁当(800円)2002年3月9日に甲府駅コンコース駅弁売店で購入
Tabi no Fureai Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

価格順に「あおぞら」「ふれあい」「おもいで」「ふるさと」とあった甲府駅弁のふるさとシリーズの、個人客向けで最も安い駅弁。仕切りと枠に経木を用いた長方形の容器に掛紙をかけて麻紐でしっかりしばる。中身はたっぷりの白御飯に、さっぱりとしたエビフライやチキンカツ、豚肉しぐれ煮にウインナー、帆立などの煮物に各種付け合わせなどが、容器の中にぎっしり積み重なるように入っている。駅弁業者の解散により2002年3月末で終売となった。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
株式会社 日食甲陽軒 山梨県甲府市丸の内1−7−7 0552(35)5555

【掛紙】特製お好み弁当(200円)調製年月日不詳
Tokusei Okonomi Bento

掛紙

1960年代の調製と思われる、昔の甲府駅弁の掛紙。現在も有名な観光地でハイキング名所である昇仙峡を描いているのだろう。その手前側に描かれるアーチ橋もおそらく1925(大正14)年竣工の長潭橋(ながとろばし)で、今も昇仙峡の玄関口として交通を支えている。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
甲陽軒 山梨県甲府市丸の内1丁目駅前 (35)5555

【掛紙】お好み弁当(100円)調製年月日不詳
Okonomi Bento

掛紙

1960年代の調製と思われる、昔の甲府駅弁の掛紙。上の掛紙の色違いに見えて、描かれているものはだいたい共通だが、山の形は少々異なる。

販売駅
中央本線 甲府(こうふ)駅 1903(明治36)年6月11日開業 山梨県甲府市丸の内1丁目
調製元
甲陽軒 山梨県甲府市橘町 (2)5924