banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁長野県 > 長野駅 > 信州職材の駅弁 (3種類収蔵)

←前は[長野駅笹ずしの駅弁] | 次は[長野駅幕の内の駅弁]→

JR東日本 信越本線 長野(ながの)駅 2011年6月19日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線「あさま」で約1時間半。長野市は長野県の北部に位置する人口約38万人の門前町で、長野県の県庁所在地であり1998年の冬季五輪の開催地でもある。駅弁は2007年1月に国鉄時代からの駅弁屋が撤退、その後しばらくはNREの東京駅弁が売られた後、現在はNREが地元業者の駅弁を販売している。1888(明治21)年5月1日開業、長野県長野市末広町。

【終売】信州職材 フレンチおつまみ(1,000円) 2010年10月10日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2010年10〜12月のJRグループ「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせて、2010年9月1日に登場。通常はこの容器の二段重ね18区画で2,000円の駅弁である模様。9区画を持つ市販の正方形のプラ製容器を使用、中身のイメージ写真をメインに据えた掛紙で巻く。

 中身は左上から時計回りに「信州サーモンのオモニエール」「信州アルプス牛煮込みイカ墨の香り」「古代米、そば米、キノコのライスサラダ」「半熟玉子味付き薫製」「信州産福味鶏のガランティーヌ(洋風肉巻き)」、「信州産茄子のコンフィと冷製薫製野菜」「信州産鹿のテリーヌ」「セロリと信州産鹿のシチュー」で、真ん中に「信州サーモンの吟醸炭火焼」。

 駅弁名のとおり、ビールではなくワインに合うべき9区画のおつまみであり、長野駅弁で見たゆで卵と前者に入る焼鮭でようやく駅弁を思い出すもの。今までの長野駅弁は少々野暮ったいところがあったが、この路線がヒットすればリゾートや高原の地域性が結び付くと思う。

 なお、この駅弁は調製元の破産により2012年3月30日までに終売となった模様。

※2012年4月補訂:終売を追記

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【有限会社吉美】長野県長野市青木島綱島519 TEL:026(284)1234

【終売】信州職材 サーモンと福味鶏の吟醸炭火焼き(1,200円) 2010年10月10日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2010年10〜12月のJRグループ「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせて、2010年9月1日に登場。黒塗りの長方形の発泡材容器に透明なふたをして、中身の写真をメインに据えた掛紙で巻く。中身はコンソメの味付飯の上にささがきごぼうを散らし、鶏粕漬焼、サーモン粕漬焼、半熟薫製玉子でだいたい覆い、野菜のピクルスを添えるもの。

 飯と鮭と鶏の組合せは珍しいと思った。鶏もサーモンも酒粕もごぼうも信州つまり長野県内から調達したという。茅野市蓼科の宿泊施設付きレストラン「オーベルジュ・エスポワール」の藤木シェフと調製元との共同開発弁当シリーズ「信州職材」コンセプトなのか、フレンチの薫り高く、デパ地下の高級総菜に負けない味がある。

 なお、この駅弁は調製元の破産により2012年3月30日までに終売となった模様。

※2012年4月補訂:終売を追記

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【有限会社吉美】長野県長野市青木島綱島519 TEL:026(284)1234

【終売】信州職材 福味鶏と信州サーモンの吟醸炭火焼弁当(1,000円) 2011年1月19日に東京駅駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 上記駅弁の2011年1月時点での姿ではないかと思う。容器をコンパクトにして黒いボール紙製に変え、掛紙を廃してブランド紹介シールと商品名シールと調製シールを容器に直接貼り、中身からはサーモンが1切れ減り、鶏粕漬焼のうち1切れがソテーに変わり、価格が200円下がった。弁当の名前も微妙に違う。駅弁マニアの目では包装が寂しいが、味をそのままに買いやすく、食べやすく改良された感じ。

 なお、この駅弁は調製元の破産により2012年3月30日までに終売となった模様。

※2012年4月補訂:終売を追記

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【有限会社吉美】長野県長野市青木島綱島519 TEL:026(284)1234

←前は[長野駅笹ずしの駅弁] | 次は[長野駅幕の内の駅弁]→

2001年6月17日開設 2012年5月5日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.