banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁岐阜県 > 高山駅 > ほうばの駅弁 (3種類収蔵)

←前は[飛騨金山駅の駅弁] | 次は[高山駅牛肉の駅弁]→

飛騨牛入りほう葉みそ弁当(1,150円) 2007年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身

 2006年10月のリニューアル。飛騨コンロを模した、漢文のようで平仮名混じりの文字を埋める側面デザインの、四角形の加熱機能付き容器を使用。中身は白御飯の上にほう葉を敷いて味噌を塗り、その上に飛騨牛ローストビーフ、ネギ、タケノコ、ゴボウなどを載せると共に、椎茸やアンズやがんもどきなどを添える。

 外観の見栄えや中身の構成に完成度は高い。しかし大規模催事での大量実演販売がたたったか、ほうばその他の香りは薄く、白御飯は無風味でべちゃべちゃ。それに中身が添付のイメージ写真とかなり異なる。おそらく正しい評価を下すには、現地かもっとおとなしい催事での再収穫が必要だろう。価格は購入当時で1,050円、2015年時点で1,150円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2007年4月補訂:写真の掲載と解説文の全面改訂

【高山本線高山(たかやま)駅】1934(昭和9)年10月25日開業 岐阜県高山市昭和町1丁目
【金亀商事株式会社】岐阜県高山市川原町30−2 TEL:0577(32)0184

三色ほうば寿司(1,300円) 2002年2月17日に川崎さいか屋駅弁大会で購入

掛紙 外観 中身 中身

 ボール紙製の小ぶりな長方形容器に、瑞々しいほうの葉で包んだ鯖と鮭・鰻・海老と松茸の3種類の寿司を詰める。1個420円と考えるとずいぶん高価な駅弁だが、特に鯖と鮭のものは香りと口当たりが抜群で、高山駅弁の主力級であることが納得できる。容器に描かれた中身の日本画もまた良い。価格は購入当時で1,260円、2015年時点で1,300円。

※2015年9月補訂:値上げを追記

【高山本線高山(たかやま)駅】1934(昭和9)年10月25日開業 岐阜県高山市昭和町1丁目
【金亀商事株式会社】岐阜県高山市川原町30−2 TEL:0577(32)0184

ほうば巻鯖寿し(1,850円) 2002年1月8日に横浜高島屋駅弁大会で購入

掛紙 外観 中身

 スーパーで肉や魚を入れるようなトレーに、酢飯にぷりっぷりの鯖を載せ朴葉で巻いた棒寿司を、ラップで巻いてさらにトレーごとラップで巻いて、光沢カラー印刷の美しいボール紙製パッケージに収める、お土産系の駅弁。

 価格は高いがそれだけの量と味を備えていると思う。出張実演販売にも力が入る商品で、その場合は写真のようにスライスしてくれるため食べやすい。価格は購入当時で1,500円、2015年時点で1,850円。

※2015年9月補訂:値上げを追記

【高山本線高山(たかやま)駅】1934(昭和9)年10月25日開業 岐阜県高山市昭和町1丁目
【金亀商事株式会社】岐阜県高山市川原町30−2 TEL:0577(32)0184

←前は[飛騨金山駅の駅弁] | 次は[高山駅牛肉の駅弁]→

2001年6月17日開設 2003年11月8日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.