banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁静岡県 > 浜松駅 > 掛川駅 > その他の駅弁 (10種類・5枚収蔵)

←前は[浜松駅その他うなぎの駅弁] | 次は[大井川鐵道の駅弁]→

JR東海 東海道本線 浜松(はままつ)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線ひかり号で一時間半。浜松市は静岡県の西部で太平洋の遠州灘に面する人口約80万人の城下町で、2005年に2市8町1村を編入し、天竜の山奥まで市域を拡大。楽器やオートバイなどの工業でも、ウナギやミカンなどの農水業でも知られ、県庁所在地に負けない活力を持つ。駅弁は江戸時代に創業し明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外などで駅弁を販売。1888(明治21)年9月1日開業、静岡県浜松市中区砂山町。

JR東海 東海道本線 掛川(かけがわ)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線こだま号で1時間45分。掛川市は静岡県の西部で太平洋の遠州灘に位置する人口約11万人の城下町で、全国有数の茶所であり、県内有数の工業都市でもある。駅弁は、1988(昭和63)年に新幹線の駅ができたことで、浜松駅弁の一部が売られるようになった。1889年(明治22年)4月16日開業、静岡県掛川市南1丁目。

味自慢お寿司(510円) 2008年7月26日に浜松駅高架下商業施設で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 浜松駅の普通寿司駅弁。太巻き2個、細巻きのきゅうり2個、たくあん2個、かんぴょう3個、いなり3個を、長方形の発泡材枠容器に詰めて、木目調のボール紙でふたをして、21世紀には見栄えのしない掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。

 中身の見栄えは惜しいが、風味は並。分量もこんなもの。それより何より、こんな時代遅れの駅弁がいまだに売られ続け、買われ続けることは、ひとつの文化だと思う。もう一回り時代が進んだら、復刻掛紙でもかけてあげたい気がした。

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
【終売】そぼろとり釜めし(600円) 2008年7月26日に浜松駅高架下商業施設で購入

掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身

 浜松以外の駅弁に不思議と広まらない、柔らかいプラ製の釜飯容器を使用、これを商品名やちょんまげ姿の人のマンガを描くボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上に鶏肉そぼろと玉子そぼろを敷き詰め、鶏唐揚と紅生姜と枝豆を載せるもの。値段は安いが、それ以上に具のすべてがチープな感じで、味付けも甘ったるい。牛や豚より歴史が長く定評もあるものが多い鶏駅弁の中で、我が道を行く異色作。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
しらすコロッケ弁当(830円) 2011年4月17日に掛川駅新幹線改札内食堂で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2010年の夏までに登場か。正方形のボール紙の容器には、シラス入りコロッケと遠州灘の簡単なイラストと宣伝文が描かれる。赤いプラ製トレーに収まる中身は、白御飯と緑茶飯、しらすコロッケ、肉団子、アサリ煮、玉子焼、こんにゃくやがんもどきなどの煮物、しゅうまい、わらびもち。この価格ではなかなかの分量で、風味はとても柔らか。価格は購入当時で800円、2015年時点で830円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
赤飯弁当(840円) 2004年12月4日に浜松駅在来線改札脇駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 中身

 その名のとおり、浜松駅弁の赤飯弁当。白いトレーを入れた正方形の発泡材容器に木目調の紙蓋をして、おたふく柄で目出度さをアピールする赤い掛紙で包み、ピンクの紙ひもでしばる。中身は半分がお赤飯、残り半分がおかずで、白身魚フライ・鯖照焼・エビフライ・鶏肉カレー煮など。

 容器のせいか、赤飯を除けば味も見た目も昭和の頃の惣菜弁当という感じで、懐かしさを感じるか貧弱さを嘆くかは微妙なところだが、駅弁としての価格を勘案すればこんなものか。なお、この駅弁にも入る鶏肉カレー煮に、浜松駅弁を感じる方もいるそうな。価格は購入当時で760円、2015年時点で840円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
遠州の夢の夢ポーク弁当(930円) 2015年9月5日に浜松駅改札外高架下商業施設の調製元店舗で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2015(平成27)年4月27日の発売。白御飯を、酒粕入りの味噌だれを塗って焼いた「遠州夢の夢ポーク」で覆い、パセリを振り、コンニャクとシイタケとレンコンの煮物、紅生姜、大根漬を添えるもの。濃くて痛い味がしそうな見た目よりは、味が軽い感じ。豚肉は広くて薄いので、食感も軽い。

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
【終売】粋な寿司つまみ弁当(950円) 2008年7月26日に浜松駅高架下商業施設で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2003年までに登場か。やや広めな長方形の発泡材枠容器に、木目柄のボール紙でふたをして、駅弁名や宣伝文を書いたA4サイズより大きい掛紙を被せ、割りばしと共にひもで十字にしばる。中身は見た目でおつまみ向けと分かるもので、コノシロやサケの手まりずしが3個、ボイル海老の握りとおいなりさん、ウナギ細巻きが3個、枝豆、フライドポテト、牛肉ごぼう巻、鶏肉団子とイカの串、わらび餅など。味はそれなりだが、東京駅以外でこういう駅弁が成立しているのは珍しい。出張帰りの新幹線でビールと共にいただくべき。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
濱松出世大名家康くん弁当(1,050円) 2012年9月17日に浜松駅新幹線上りホーム上駅弁売店で購入

掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2012年の5月までに登場か。駅弁の名前にもなるキャラクターのイラストを掛紙に使う。中身はウナギ御飯、みかん御飯、茶飯、しらす御飯の小さなおにぎりが各1個と、しらすコロッケ、ふぐの天ぷら、煮玉子半分、肉団子、エビ黄身煮、キャベツ餃子、しそ巻き、抹茶わらび餅など。その少なからずが浜松にちなむ。駅弁では珍しい食材をいろいろ楽しめた。また、この駅では最近はしらすが美味く、ここでもその味が発揮されている。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,050円。

 出世大名家康くんとは、浜松市が市制百周年を記念して2011年4月に制作したゆるキャラ。徳川家康にウナギのちょんまげと鍵盤の袴で浜松を表現する。熊本での「くまモン」の経済効果を根拠に、2013年度には1700万円ないし6107万円の予算を付けて、民間会社のイベント「ゆるキャラグランプリ」に組織票を投じてまでその知名度の向上を図っている。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
【終売】一豊御膳(1,000円) 2008年7月26日に浜松駅高架下商業施設で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 1988(昭和63)年3月13日の新幹線駅開業と共に「新幹線グルメ」のひとつとして誕生した駅弁。しかし新幹線グルメの自然消滅に伴い、内容は当時から大きく変わった模様。浜松駅弁にしては立派な発泡材枠容器に、掛川城の写真に駅弁名、そして山内一豊のストーリーを記したボール紙のふたをかけ、風呂敷で包む。中身は梅花型の茶飯御飯と梅山菜御飯、高野豆腐や湯葉巻などの煮物、海老や舞茸の天ぷら、サツマイモ、肉団子、わさび漬、葛菓子など。

 新幹線グルメ当時の、土佐に移る前に掛川城主を務めた山内一豊の妻にちなんだ愛妻弁当というコンセプトは今に残っていないと思うが、のぞみ号が止まらない新幹線駅にあるのが珍しいような、あるいは政令指定都市の中心駅の駅弁ラインナップに備えるべき、上品で高級感のある駅弁。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2008年7月補訂:写真の掲載と説明文の全面改定

【東海道本線掛川(かけがわ)駅】1889(明治22)年4月16日開業 静岡県掛川市南西郷
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
しらす弁当(1,030円) 2003年12月22日に浜松駅在来線改札脇駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 昔からあるそうだが知名度は無に近い浜松駅の隠れた駅弁。しらすの写真に能書きを加えた長方形の紙箱に御飯とおかずの白いトレーをひとつずつ入れる。その能書きに幕の内弁当と書かれているが、中身に焼魚も蒲鉾も俵飯もない非幕の内風。塩ゆでのシラスを敷き詰めた白御飯に、エリンギ天ぷら、海老すり身揚げ、海老団子、煮物各種、胡麻団子などが入る。おかずに微妙な高級感がある。

 しらす御飯はほぼ無味無臭。カタクチイワシの稚魚を釜で炊いて干したものが、関東ではシラス、関西ではチリメンとなり、その塩味をイメージしていると物足りなさを感じるか。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,030円。

 静岡県では浜名湖沿岸の遠州灘沖が漁場で、全国シェア17%のしらす生産額は都道府県別で日本一。実は漁獲高ベースでは2位となる。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
喧嘩凧(けんかだこ)(1,030円) 2003年12月20日に浜松駅在来線改札脇駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 1987(昭和62)年11月に「新幹線グルメ」キャンペーンで登場した駅弁。しかし現在はその特徴である金色のシールが取れ、パッケージの意匠と価格を維持したまま上級幕の内弁当に変化している模様。新幹線グルメ時代は紅白の御飯と正方形の容器で大凧をイメージさせていた。

 中身を入れたトレーを収める長方形のボール紙容器には103個の町別の凧の柄を散りばめる。中身は俵飯に鶏唐揚・焼鯖・鶏カレー煮・肉団子・海老団子・煮物漬物など。うなぎ佃煮とわさび漬けだけで静岡県浜松をアピールする。

 品質は悪くないが割高感はあり、そもそもこの駅で有名なのは昔も今も鰻蒲焼の駅弁なので、それ以外の駅弁は売りづらく買われにくいのだろう、この駅弁を購入する際も売り子さんから「これは幕の内だけどいいの?」と聞き返されたほど。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,030円。

 喧嘩凧とは毎年ゴールデンウィークの5月3〜5日に開催される「浜松まつり」において中田島砂丘で行われる町内対抗凧合戦のこと。4〜10畳サイズの凧を揚げ、凧糸を絡め相手の糸を切る「糸切り合戦」が華、つまり浜松の日常の姿からは想像できない、相当に荒くれた激しいお祭り。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線浜松(はままつ)駅】1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
【株式会社自笑亭】静岡県浜松市中区神田町518 TEL:053(442)2121
 http://www.jishowtay.com/
【掛紙】上等御辨當(35銭) 1930年3月29日調製

昔の駅弁掛紙

 昭和(または大正?)5年3月29日の調製と思われる、昔の浜松駅弁の掛紙。調製元は現在と同じ自笑亭。掛紙のデザインは「浜」に「松」だろうか。
【掛紙】サンドウ井ッチ(35銭) 1938年11月12日調製

昔の駅弁掛紙

 昭和(または大正?)13年11月12日13時の調製と思われる、昔の浜松駅弁の掛紙。当時のサンドイッチは高級食であり、駅弁としては幕の内弁当と同等以上の価格が付けられていた。
【掛紙】上等御辨當(35銭) 1939年11月22日調製

昔の駅弁掛紙

 昭和(または大正)14年11月22日の調製と思われる、昔の浜松駅弁の掛紙。
【掛紙】御寿し(100円) 1959年5月6日調製

昔の駅弁掛紙

 1959(昭和34)年5月6日13時の調製と思われる、昔の浜松駅弁の掛紙。絵柄が浜の松と洒落ているのは気のせいか。また、調製印が3456と数字が揃っている。
【掛紙】御寿司(150円) 1971年4月21日調製

昔の駅弁掛紙

 1971(昭和46)年4月21日の調製と思われる、昔の浜松駅弁の掛紙。「DISCOVER JAPAN」のロゴマークが捺印なので、1970年以前に刷った掛紙を流用したのだろう。
←前は[浜松駅その他うなぎの駅弁] | 次は[大井川鐵道の駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年11月28日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.