banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 浜松(はままつ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Hamamatsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で一時間半。浜松市は静岡県の西部で太平洋の遠州灘に面する人口約80万人の城下町で、2005年に2市8町1村を編入し、天竜の山奥まで市域を拡大。楽器やオートバイなどの工業でも、ウナギやミカンなどの農水業でも知られ、県庁所在地に負けない活力を持つ。駅弁は江戸時代に創業し明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外などで駅弁を販売。1888(明治21)年9月1日開業、静岡県浜松市中区砂山町。

JR東海 掛川(かけがわ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Kakegawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間45分。掛川市は静岡県の西部で太平洋の遠州灘に位置する人口約11万人の城下町で、全国有数の茶所であり、県内有数の工業都市でもある。駅弁は、1988(昭和63)年に新幹線の駅ができたことで、浜松駅弁の一部が売られるようになった。1889年(明治22年)4月16日開業、静岡県掛川市南1丁目。

濱松ひつまぶし(1,650円)2005年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hamamatsu Hitsumabushi

掛紙 外観 外観 中身

従前の駅弁「ひつまぶし」を、2004(平成16)年末頃にリニューアルか。ボール紙の正方形容器は以前よりだいぶ小さくなり、中身は見た目で普通のうなぎ弁当に変わっている。もちろん「ひつまぶし」なのでウナギ蒲焼は刻まれていて、以前と同じく昆布茶のパックが入る。肝の佃煮も添付。個人的には紅生姜は袋で別添として欲しかったが、220円の値上げもあり、確実に改良されている。ただ、ここの最近のウナギ駅弁は常温ではなく加温していただきたい。

京王百貨店の駅弁大会では、二年連続で商品リストに「ひまつぶし」と記入。「瀬戸のしゃこめし」「瀬戸のじゃこ飯」と共に、間違えやすさで上位に入る駅弁名な模様。なぜか名古屋のものは間違えられないので不思議だ。

価格は購入時点で1,200円。稚魚の枯渇による高騰を受けてかどうか、2011年現在で1,500円、2012年4月現在で1,600円、2015年時点で1,650円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2012年5月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 浜松(はままつ)駅 1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
調製元
株式会社 自笑亭 静岡県浜松市中区神田町518 053(442)2121 http://www.jishowtay.com/

浜の釜めし(970円)2004年9月4日に浜松駅在来線改札脇駅弁売店で購入
Hama no Kamameshi

掛紙 外観 外観 中身

昭和の頃には登場していた駅弁。赤黒いプラスティックの釜飯駅弁型容器に正方形の掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は茶飯の上に細かい玉子そぼろと鳥そぼろを敷き小さな椎茸や鰻蒲焼などを載せるものだが、飯のおかずに困るうえに、パサパサしたそぼろの上に毒々しい蛍光緑色の着色料が流れ、鰻を除き味が悪いという、滅多に出会えない恐怖の駅弁。素直に鰻重駅弁を買えば良かったと後悔した。価格は購入当時で820円、2015年時点で970円。

販売駅
東海道本線 浜松(はままつ)駅 1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
調製元
株式会社 自笑亭 静岡県浜松市中区神田町518 053(442)2121 http://www.jishowtay.com/

【終売】あつあつ浜の釜飯(1,200円)2009年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Atsuatsu Hama no Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年までに登場した、上記「浜の釜めし」の加熱機能付き容器版か。円形の加熱機能付き容器に透明なふたをして、割りばしとスプーンと注意書きを添え、中身のイラストが食欲を誘うボール紙の枠にはめる。中身は炊込飯の上にウナギ蒲焼、刻み玉子焼、アサリ、シラス、グリーンピース、紅生姜、漬け物などを置くもので、通常版より少々豪華になっている。

具がぐちゃぐちゃなのは、輸送販売の影響だろう。しかし通常版と同じく、うまいのは紙箱のデザインと宣伝文だけ。鰻重も幕の内もその他の駅弁もうまく作る浜松の駅弁屋に、釜飯の名が付く駅弁を作らせると、なぜこれだけとんでもないものにしてしまうのか、本当に不思議だと思う。2011年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 浜松(はままつ)駅 1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
調製元
株式会社 自笑亭 静岡県浜松市中区神田町518 053(442)2121 http://www.jishowtay.com/

【終売】うなぎずし(920円)2003年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Unagi Zushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

棒寿司でも入っていそうな細長いパッケージ。中身は酢飯の上に鰻蒲焼を載せたものが半分、鰻の太巻寿司が半分、その両者を仕切る形で鰻の骨の唐揚げが入る。骨唐揚をつまんでいると鰻寿司の味がぐんと良くなると思うのは気のせいか。千円を切る価格が嬉しい。ウナギが高騰する前になくなり、現存しない模様。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 浜松(はままつ)駅 1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
調製元
株式会社 自笑亭 静岡県浜松市中区神田町518 053(442)2121 http://www.jishowtay.com/

【終売】ひつまぶし(980円)2001年12月2日に天王町サティ駅弁大会で購入
Hitsumabushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

2000(平成12)年の登場。円形の薄手なプラスティック容器はベンツのマーク状に3分割され、錦糸卵と刻み海苔に細かく切り目が入ったうなぎ蒲焼きを載せた白御飯と、錦糸卵を抜いたものと、付け合わせがそれぞれの区画に入る。まず錦糸卵入りの部分をそのまま食べ、錦糸卵抜きの部分に昆布茶粉末などが入った粉末をまぶしてお茶漬けにして食べることが推奨されている。鰻の肝付き。

販売駅
東海道本線 浜松(はままつ)駅 1888(明治21)年9月1日開業 静岡県浜松市中区砂山町
調製元
株式会社 自笑亭 静岡県浜松市中区神田町518 053(442)2121 http://www.jishowtay.com/