banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁静岡県 > 静岡駅 > その他の駅弁 (11種類・2枚収蔵)

←前は[静岡駅押寿司の駅弁] | 次は[浜松駅うな重の駅弁]→

JR東海 東海道新幹線・東海道本線 静岡(しずおか)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線ひかり号で1時間。静岡市は静岡県の中部に位置する人口約70万人の県庁所在地で、駿河湾から南アルプスまで静岡県を南北に縦貫する広大な市域を持つ。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外コンコースで古風な品揃えを持つ。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県静岡市葵区黒金町。

そぼろ親子(440円) 2015年9月5日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 静岡駅の駅弁売店で今回初めて見て買ったが、10年かそれ以上前から売られている商品である模様。昭和末期には駅弁にも使われていた、銀色の薄い惣菜容器に、白御飯を詰め、鶏の玉子そぼろと肉そぼろを半分ずつ敷き詰め、グリーンピースを散らし、紅生姜を添える。甘くて濃い味付けも含め、悪口を言えば古臭い、そうでなければほっと安心できる、腹を満たす軽食。

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
親子焼(450円) 2008年7月26日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 2008年の登場か。とても細長い発泡材の長方形容器に、中身写真と商品名と宣伝文を書いたシールを貼り、調製シールとセロテープで短辺を留め、輪ゴムをひとつ巻く。中身は真空パックの出汁巻き卵が1本。よくよく見ると鶏そぼろが混入しており、なるほど確かに親子巻だが、風味は新鮮な卵の香りがいっぱいの、柔らかいけれど崩れない玉子焼。

 駅弁売店で駅弁のような外観で駅弁と共に売られていたが、割りばしやプラ製ナイフなどの食べる道具が付いていないため、持ち帰りの惣菜だろう。幕の内駅弁のおかずで入る玉子焼を単品販売の形で商品化したものだそうな。価格は購入当時で350円、2015年時点で450円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
【終売】駿府特製お粥(420円) 2002年3月16日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 中身

 側面に東海道五十三次の絵を縦に押し潰して印刷したボール紙製のパッケージの中に、断熱性の発泡材容器に入ったおかゆと紀州梅、鮪角煮と桜島大根つぼ漬が入ったミニカップと、コンセプトを記した紙が1枚入る。すっかり冷たくなった状態で食べたがプレーンなおかゆだけでもおいしくいただけた。粥駅弁は上州高崎だけではないことを認識。2005年以降に終売。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
親子めし(700円) 2011年4月17日に静岡駅新幹線上りホーム上駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 昭和の頃からの静岡駅の名物駅弁。小柄な長方形の発泡材容器に、ニワトリとヒヨコをデザインしたボール紙でふたをする。中身は茶飯を玉子そぼろとぶつ切りの鶏肉煮とグリーンピースで覆い、ゴボウやタケノコなどの煮物と漬物類を添えるもの。懐かしさを味わう昭和の風味。2003年の購入時も今回も、容器も中身も価格も全く変わっていない。価格は2003年や2011年で680円、2014年4月の消費税率改定により700円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2012年3月補訂:写真の更新と解説文の全面改訂

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
大御所弁当(760円) 2006年7月23日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 1983(昭和58)年放送のNHK大河ドラマ「徳川家康」にちなんで登場。正方形の発泡材枠容器に、徳川家の家紋を描いたボール紙のふたをして、その家紋の上に調製シールを貼り、割箸を置き、紙ひもでしばる。松花堂弁当風に4区画に仕切られた中身はそれぞれ、赤飯、鯛めし、焼サバ・蒲鉾・玉子焼・エビフライ・鶏肉団子、安倍川餅・わさび漬け・アンズ。

 県内の産物と、徳川家康が命名したとも言われる安倍川餅を配したそうな。価格の割に見た目や内容が立派で、しかしその分量や詰め方がややチープで、全体的に少々古風ながら、買って良かったと思える駅弁。価格は購入当時で730円、2014年4月の消費税率改定により760円。

 家紋の歴史は飛鳥時代か平安時代から現代にまで及ぶが、最も使用されたのはだいたい、室町時代から戦国時代を経て江戸時代までの時期における武家。戦乱の世の中で戦場での識別マークとして活用され、その後の和平の世の中では儀式的、儀礼的な性格に転じている。徳川家康が用いた家紋「三つ葉葵」や葵の紋は、天下統一後に将軍家一族の独占使用とされ、他家の使用を厳しく禁じた。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
おべんとう(800円) 2010年8月22日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 調製シールや公式サイトでの駅弁名は「特製お好み弁当」。しかし「おべんとう」としか書かれていないボール紙製の長方形容器を使用する。中身は白いトレーのひとつに白御飯を敷いて枝豆とコーンをまぶし、もうひとつの白いトレーにおかずとして焼サバ、鶏唐揚、海老天ぷら、サトイモなどの煮物、インゲン和え、海老入りコールスローサラダ、紅白のミニ大福などを詰めるもの。頑張って解釈すれば女性向けのおしゃれな駅弁と言えるかもしれない。御飯は季節により変わる模様。

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
【終売】しずおか物語り(880円) 2004年12月5日に静岡駅新幹線上りホーム駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 2003年4月頃の登場か。とても巨大な専用のボール紙正方形容器を使用、中身はトレーで9分割され、桜海老御飯としらす御飯に抹茶パスタ、焼魚に桜海老かき揚げに鰻蒲焼など、個々は少量ながら静岡を感じるものとそうでないものがいろいろ入って、お値段は小さく880円。「食の文化」「静岡まるごと召し上がれ」とは大げさでも、小食な方かおつまみに向きそう。2008年か2011年頃に終売か。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
【終売】華御膳(950円) 2008年7月26日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 プラ製トレーを発泡材で巻いた、簡素なタイプの二段重ねの容器に透明なふたをして、中身を見せて商品名を書くボール紙の枠にはめる。中身は下段にエビや椎茸の天ぷらに白御飯、上段に赤魚粕漬、ウナギ蒲焼、揚げ海老、タケノコ、玉子焼、メロンなど。高級な風味で見栄えと分量が簡素な御料理弁当で、駅弁というよりデパ地下系惣菜として市民に親しまれていそうな感じ。2013年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
【終売】不二の味覚(980円) 2010年8月22日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 実物には書かれていないが、静岡空港の開港と調製元の新工場移転を記念し、調製元と市民団体「色・豊かなまち静岡活用推進委員会」との共同開発により2008年4月4日に登場。富士山に見立てた竹皮柄で台形の発泡材容器を、駅弁名を書いたボール紙の帯にはめる。中身はサクラエビを散らした緑茶飯に豆腐ハンバーグ、レンコンのはさみ揚げ、黒はんぺんのてんぷら、じゃこ入り玉子焼、タケノコやシイタケなどの煮物、ナスみそ炒め、ゼリー。容器の形状も中身もユニークで、風味も良好。2013年頃までの販売か。

 静岡駅の真正面にビルを構えていた静岡駅弁の東海軒は、静岡駅前紺屋町地区第一種市街地再開発事業に伴い、2006(平成18)年11月に工場を駅から南東へ約2km離れた特別工業地区へ移転、2010(平成22)年4月には本社もそこへ移転した。1929(昭和4)年築の鉄筋コンクリート3階建のビルは2007(平成19)年7月までに解体され、地元の新聞の記事になった。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
うなぎめし(1,050円) 2006年7月23日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 静岡駅に残存するウナギ駅弁。長方形の黒いボール紙容器に、弁当名を描いたボール紙のふたをして、割箸を置いて紙ひもでしばる。白いトレーに詰まる中身は、白御飯の上にウナギ蒲焼を載せて、タレと山椒とウリ奈良漬を添えた、文字通りの鰻重駅弁。

 容器も中身も付け合わせも、鰻重駅弁としてごく普通。しかしその普通な姿が、いまやだいぶ貴重である。また、昔に東海道新幹線の車内販売で何度も食べたうなぎ弁当と、調製元が違うのになんとなく風味が似ていて、懐かしい感じがした。

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
うなぎめし(1,400円) 2012年9月8日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 上記の静岡駅のウナギ駅弁の6年後の姿。白御飯+ウナギ蒲焼+タレ+山椒+奈良漬の中身は変わらないが、容器の色が変わったため、まったく別の弁当に見える。価格は高騰したが、ウナギの高騰と浜松駅弁の大幅値上げに比べれば、まだ良心的。価格は購入当時で1,400円、2015年時点で1,600円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線静岡(しずおか)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
【株式会社東海軒】静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 TEL:054(287)5171
 http://www.tokaiken.jp/
【掛紙】あ倍川もち(50円) 1955年10月17日調製

昔の駅弁掛紙

 1955(昭和30)年10月17日の調製と思われる、昔の静岡駅売り商品の掛紙。安倍川餅は今でも駅のキヨスクでも販売されているが、キヨスク専用の掛紙はない。
【掛紙】えび寿司(600円) 1982年6月23日調製

昔の駅弁掛紙

 1982(昭和57)年6月23日0時の調製と思われる、昔の静岡駅弁の掛紙。以前の静岡には深夜の駅弁需要があったが、こんな駅弁までこういう時間帯に調製していたのかと思う。
←前は[静岡駅押寿司の駅弁] | 次は[浜松駅うな重の駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年11月28日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.