banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 静岡(しずおか)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Shizuoka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で1時間。静岡市は静岡県の中部に位置する人口約70万人の県庁所在地で、駿河湾から南アルプスまで静岡県を南北に縦貫する広大な市域を持つ。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外コンコースで古風な品揃えを持つ。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県静岡市葵区黒金町。

駅弁屋のカツサンド(670円)2015年9月5日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Ekibenya no Cutlet Sandwich

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年11月の発売か。21世紀の新商品であるにもかかわらず、見た目は昭和時代そのもの。静岡駅伝統の上記「サンドイッチ」と同じ構造の紙箱に、そのうちレトロと表現されそうなデザインで、豚と富士と商品名と会社名を描く。

中身はヒレカツサンド3切れ、ハムサンド1切れ、タマゴサンド1切れ。通常のカツサンドは、駅弁でもスーパーでもカツサンドのみを詰めることが多いので、この組合せは独特である。メインのトンカツは、固いや硬いでなく「堅い」と表現したい締まり具合で、灰色と歯応えや形状がワイルドに思えた。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

サンドイッチ(320円)2002年3月16日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Sandwich

掛紙 外観 中身

静岡駅版・駅弁屋さんのサンドイッチ。タマゴサンドとハムサンドが3切れずつ、まるごとラップに包まれて、国鉄時代から変わらない紙箱に収める。静岡駅ではJR発足以降も東京・大垣間の夜行快速の発着に合わせ、深夜2時頃の駅弁等のホーム上販売が実施されていた。価格は購入当時で310円、2014年4月の消費税率改定により320円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

【掛紙】サンドイッチ(300円)1992年3月14日調製
Sandwich

掛紙

1992(平成4)年3月14日1時の調製と思われる、昔の静岡駅弁の掛紙。十年前や十年後のサンドイッチと同じデザインで、価格もあまり変わっていない。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
合名会社 東海軒 静岡県静岡市紺屋町9−12 (253)5171

【掛紙】サンドイッチ(250円)1982年6月23日調製
Sandwich

掛紙

1982(昭和57)年6月23日0時の調製と思われる、昔の静岡駅弁の掛紙。十年後や二十年後のサンドイッチと同じデザインで、価格もあまり変わっていない。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
合名会社 東海軒 静岡県静岡市紺屋町9−12 (53)5171

しゅうまい(420円)2012年9月8日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Syumai

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

静岡駅伝統の駅売り焼売。赤い紙箱に肉焼売が11個入っている。焼売は横浜や小田原のものとほぼ同じサイズで、やや柔らかく大味な感じがする。今では東海道本線沿線を除くと札幌と鳥栖でくらいしか見られなくなった、駅弁スタイルの駅売り焼売。

※2014年2月補訂:写真の更新
※2006年11月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

【掛紙】しゅうまい(420円)2006年7月23日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Syumai

掛紙

2006年7月23日に購入した静岡駅弁のパッケージ。上記の6年後と比べて、中身と価格と商品名は変わっていないが、ボール紙製容器の構造が違い、その絵柄も微妙に異なる。駅前再開発に伴い調製元が移転したため、その所在地や電話番号も異なる。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市葵区紺屋町9の12 054(253)5171

【掛紙】しゅうまい(420円)2003年3月23日に静岡駅新幹線上りホーム駅弁売店で購入
Syumai

掛紙

2003年3月23日に購入した静岡駅弁のパッケージ。上記の3年半後と比べて、バーコードがないことと、調製元の所在地に区名が付いていないことくらいしか違わない。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市紺屋町9の12 054(253)5171

【掛紙】くだもの(30円)調製年月日不詳
Kudamono

掛紙

1950年代の調製と思われる、昔の静岡駅売り商品の紙袋。品名は「くだもの」としか書かれてないが、中身は何であったのだろう。みかんなら「みかん」と書く気がするし。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
旭産業 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

タマゴロウ(150円)2015年9月5日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Tamagoro

掛紙 外観 中身 中身

東海地方や西日本のキヨスクやコンビニなどで売られている、愛知県豊橋市の味付けゆで卵で、昭和50年代の発売。その存在は、東日本の「マジックパール・カル」に相当するものだろう。静岡駅の駅弁売店で買った今回のものは、塩味が付いたゆで卵を2個、プラ製のネットに収めたものであるが、紙箱入りや1個入りのものもある模様。私が食べ慣れていたマジックパールより、ざらっとした感じを受けた。添付の包み紙に記される「タマゴロウのカラのむき方」の内容が独特。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
中日本 株式会社 愛知県豊橋市大岩町字車田31−1 0532(41)12761 http://www.tamagoro.co.jp/