banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 静岡(しずおか)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Shizuoka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で1時間。静岡市は静岡県の中部に位置する人口約70万人の県庁所在地で、駿河湾から南アルプスまで静岡県を南北に縦貫する広大な市域を持つ。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外コンコースで古風な品揃えを持つ。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県静岡市葵区黒金町。

ますの押し寿司(800円)2008年7月26日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Masu no Oshizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

細長い長方形の発泡材枠容器に、駅弁名や調製情報などを書いた掛紙を兼ねるボール紙のふたをして、割りばしを乗せて輪ゴムで留める。中身は駅弁名どおりのマスの押寿司で、ばってらタイプで9切れを詰める。

下の「ますずし」と共にいつまでも知名度が出ないが、食べればうまいと評判な模様。中身の見栄えこそ、他の駅の同種駅弁に比べれば雑然としているが、マスの身の厚さと脂の乗りが、しつこくない程度に良く、食事でもつまみでも使える。価格は購入当時で780円、2014年4月の消費税率改定により800円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

ますずし(1,260円)2004年8月28日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Masuzushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

少なくとも昭和40年代には静岡で駅弁になっていた鱒鮨。富山駅弁「ますのすし」に似たパッケージに、これとは似ない正方形の木製押寿司容器を入れる。酢飯の上に鱒の身を載せて笹で包むスタイルは似るが、その身に脂と厚みがあり、量がやや少なく価格がやや高い。

富山の駅弁が偉大なので静岡で鱒とは意外に思えるが、静岡県はシェア2割で日本一、その8割が富士宮市で占めるというニジマスの名産地。1933(昭和8)年に静岡県営富士養鱒場が開設され、今も富士山の豊富な湧水を利用したニジマスの卵や稚魚の生産に試験研究が行われている。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

鯵押寿し(1,050円)2010年8月22日に静岡駅改札外コンコースコンビニ型キヨスクで購入
Aji Oshizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

静岡駅のコンビニ型キヨスク「ベルマート」で買えたアジ棒寿司。とても浅く細長い発泡材枠の容器に、白板昆布をかけたアジの棒寿司を1本、8切れにカットして置き、透明の上げぶたをして「静岡名物」のシールを貼り、商品名と調製元名を書いた掛紙を巻く。味はプリプリ感はゼロで、魚の身が粒状に溶ける柔らかさは同日に買った「鯖棒寿し」や以前に買った「鯵の押寿司」と同じ。おそらくこの地域ではこういう味が好まれるのだろう。分量は多め。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
千代田吉野鮨 静岡県静岡市葵区川合2丁目1−17 054(261)9830

鯖押寿し(1,050円)2010年8月22日に静岡駅改札外コンコースコンビニ型キヨスクで購入
Saba Oshizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

静岡駅のコンビニ型キヨスク「ベルマート」で買えたアジ棒寿司。とても浅く細長い発泡材枠の容器に、白板昆布をかけたサバの棒寿司を1本、8切れにカットして置き、透明の上げぶたをして「静岡名物」のシールを貼り、商品名と調製元名を書いた掛紙を巻く。味はプリプリ感はゼロで、魚の身が粒状に溶ける柔らかさは同日に買った「鯵棒寿し」や以前に買った「鯵の押寿司」と同じ。おそらくこの地域ではこういう味が好まれるのだろう。分量は多め。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
千代田吉野鮨 静岡県静岡市葵区川合2丁目1−17 054(261)9830