banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅2017年3月11日訪問Googleマップ
Izu Hakone Railway Shuzenji Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から特急踊り子号で約2時間。伊豆市は2004(平成16)年の4町合併でできた人口約3万人の市で、修善寺は文豪が愛した古くからの温泉町。駅弁は1990年代かそれ以前から売られていたようだが、2000年代にその存在が知られるようになり、今では「あじ寿司」が人気。1924(大正13)年8月1日開業、静岡県伊豆市柏久保。

武士(たけし)のあじ寿司(1,188円)2012年9月21日に修善寺駅駅弁売店で予約購入
Takeshi no Ajizushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1999(平成11)年の登場。黒く小さく底が深い専用のボール紙製容器に、駅弁の名前や宣伝文句を記した小さな掛紙を巻く。中身は、限りなく白御飯に近い感じの酢が薄い酢飯の上に、限りなく刺身に近い感じの酢が薄い鯵の酢締めをたっぷり折り重ねて、松崎特産の桜葉塩漬けにレモンスライスを添えるもの。胡麻や生姜や青ジソや醤油やワサビの風味も一切れ毎に楽しむことができる、噂どおりの絶品。

2000年代には販売数量は一日10個限定とされ、海が荒れるなどして当日朝の鯵の入荷がないと作られないという希少価値が過去に売り文句として週刊誌に掲載されたが、最近はもっとたくさん作っている模様。価格は登場時で900円、2008年2月から1,000円、2009年8月から1,100円、購入時点で1,200円、2015年時点で1,100円、2016年時点で1,188円。

修善寺は、東京からの直通特急が発着する、西伊豆観光の玄関口のひとつ。国鉄〜JRの駅でないこともあり、著名な駅弁専門家でも駅弁の存在を知らなかったという無名で地味な駅弁販売駅であったが、この駅弁が雑誌に取り上げられるようになり、下記のように2009年1月には京王百貨店駅弁大会での実演販売も実施され、その知名度を広めている。

※2017年3月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値下げを追記
※2014年2月補訂:写真の更新、値上げを追記
※2009年9月補訂:価格の再改定を追記
※2009年3月補訂:価格の改定を追記、所在地に新市名を反映
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

【掛紙】舞寿しのあじ寿司(1,000円)2009年1月8日に京王百貨店駅弁大会で購入
Maizushi no Ajizushi

掛紙

2009(平成21)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売されていた修善寺駅弁の掛紙。黒いボール紙製容器にこのような掛紙が巻かれるようになり、駅弁の名前が「舞寿しのあじ寿司」に変わった。中身は2012年時点のものと同じ。

ここでのアジの味は残念ながらというか、やはりというか、固めでプリッとした食感がない固めで骨混じりのもので、大量製造の弊害が出て現地版には及ばなかった。それでも修善寺に駅弁あり、と大いにアピールできたのではないだろうか。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416

【掛紙】あじ寿司(900円)2003年7月21日に修善寺駅駅舎内駅弁売店で購入
Ajizushi

掛紙

2003(平成15)年7月21日に購入した修善寺駅弁のふた。当時は掛紙が使われておらず、駅弁の名前もシンプルに「あじ寿司」であり、駅弁売店は土産店の入口の片隅のとても小さな箱であった。中身は2012年時点のものと同じ。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416

武士(たけし)のあじ巻き寿司(1,188円)2012年9月21日に修善寺駅駅弁売店で購入
Takeshi no Aji Maki Zushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年9月5日の発売。主力の「あじ寿司」と同じアジと酢飯を使い、シソとショウガを合わせて細めに巻いて、深めにカットして6切れを容器に詰める。見栄えは写真でも現物でも「あじ寿司」のほうが良いと思うが、食べやすさは断然にこちら。購入には予約が推奨されている。価格は購入当時で1,200円、2015年時点で1,100円、2016年時点で1,188円。

※2017年3月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値下げを追記
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

武士(たけし)のわさびいなり(702円)2014年11月9日に修善寺駅の駅弁売店で予約購入
Takeshi no Wasabi Inari

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2009(平成21)年9月の発売か。中身はシンプルに、いなりずしが6個とわさび漬。ワサビとワサビ田のイメージでデザインされたと思う掛紙も、またシンプル。具の酢飯には天城の本ワサビと調製元自家製のワサビ茎が混ぜられており、ワサビの香りがおだやかに漂う。価格は2014年の購入時点で650円、2016年時点で702円。4個入りの商品もある模様。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

武士(たけし)のわさびシャモ飯(1,512円)2014年11月9日に修善寺駅の駅弁売店で予約購入
Takeshi no Wasabi Shamo Meshi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2010(平成22)年3月15日の発売。前日23時に放送されたテレビ朝日の番組「地球号食堂」の、駅弁プロジェクトで生まれた新作駅弁。同番組によると、伊豆の特産「ワサビ」と、知る人ぞ知る伊豆の地鳥「天城シャモ」を使い、伊豆修善寺の有名駅弁屋「舞寿し」の主人が、新しい駅弁を作り出したのだという。修善寺駅弁の主役はあじ寿司だが、最近は地元の駿河湾産の地アジがなかなか獲れず困っているとも紹介されたらしい。

竹皮編みの容器に半透明のトレーを詰めて、店主が描いたという鶏とワサビと商品名の掛紙をかける。中身は鶏ガラスープで炊いたワサビ飯を、焼き鶏と炒り卵で覆い、野菜の煮物とシイタケと、ワサビ茎を添える。食材はいずれも、地元のものだという。ワサビの香りで味わう、美しい鶏丼。価格は発売時で1,300円、2014年の購入当時で1,400円、2016年時点で1,512円。まずは2010年3月22日まで一日20個を販売、以後は土日曜日に販売。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

武士(たけし)のちらし寿司(1,080円)2014年11月9日に修善寺駅の駅弁売店で予約購入
Takeshi no Chirashizushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年か、それ以前の発売か。ここの人気駅弁「あじ寿司」と、形が同じで絵柄が異なる箱と掛紙を使う。中身は駅弁の名前のとおり、酢飯の上にサーモン、ゆでエビ、カニかまぼこ、イクラ、シイタケ、タケノコ、玉子そぼろなどを散らす、ちらしずし。これもまた、きれいな見た目と味。価格は2014年の購入時点で1,000円、2016年時点で1,080円。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

武士(たけし)の椎茸弁当(972円)2014年11月9日に修善寺駅の駅弁売店で予約購入
Takeshi no Siitake Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

下記の「椎茸弁当」をリニューアル。四角い容器に、シイタケの戻し汁で炊いた五目飯を詰め、シイタケを6個程度転がし、炒り卵で彩り、タケノコなどを添える。家庭料理かお惣菜のような、シイタケの炊込飯の味。価格は2014年の購入時点で900円、2016年時点で972円。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

【終売】椎茸弁当(700円)2003年7月21日に修善寺駅駅舎内駅弁売店で購入
Siitake Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

嵩(かさ)のある正方形の樹脂容器をすっぽりと掛紙で覆いビニールひもでしばる、駅売店で見れば一目で駅弁と認識できるパッケージ。中身は混ぜ御飯の上に椎茸とわらび・ぜんまい・姫竹等の山菜などを載せるものだが、肝心の椎茸は小粒で量が少なく、最も多い具は錦糸卵である。それでも味は良く、少量であることもありすいすいと食が進む。価格は購入時で700円、2008年2月から750円、2015年時点でシイタケを増やした「武士の椎茸弁当」900円へリニューアル。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2009年3月補訂:価格の改定を追記、所在地に新市名を反映
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

武士(たけし)の助六弁当(648円)2014年11月9日に修善寺駅の駅弁売店で予約購入
Takeshi no Sukeroku Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

名前は立派だが、つまり助六。中身はいなりずし3個と、カンピョウの細巻き8個のみ。特徴は皆無だが、調製元が寿司屋ということで、味の基本性能は高い、特に酢飯の風味に優れていると感じた。価格は2014年の購入時点で600円、2016年時点で648円。

販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

【終売】月見助六(500円)2003年7月21日に修善寺駅駅舎内駅弁売店で購入
Tsukimi Sukeroku (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

上記「武士(たけし)の助六弁当」の、2003(平成15)年時点での姿。中身は同じで、容器がビニール製っぽく、名前は「月見助六」だった。これの何が「月見」なのかは不明。価格は購入時で500円、2008年2月から600円。2009年に「武士(たけし)の助六弁当」へ改称か。

※2017年3月補訂:新版の収蔵による紹介文の整理
※2009年3月補訂:価格の改定を追記、所在地に新市名を反映
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

い寿司(1,200円)2008年8月9日に修善寺駅駅舎内駅弁売店で購入
Izushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

静岡県伊豆半島内の4町合併に伴う伊豆市の発足を記念し、2004(平成16)年4月29日に登場。だから名前は「いずし」。小柄な木枠の長方形容器に木目プリントのボール紙でふたをして、割りばしとお手ふきを置いて緑色の掛紙を巻き、小さなチラシと手すき和紙のしおりを挟んで輪ゴムで留める。

中身はワサビの茎を混ぜた酢飯の上にアジ、エビ、椎茸、きぬさや、サクラエビ、炒り卵、魚フレークをバーコード状に並べる押寿司。この分量と内容での1,200円は、一番人気の「あじ寿司」と比べても割高感があるが、風味と品質は申し分ない。2015年時点で「武士のい寿司」1,100円、価格は2016年時点で1,188円。

伊豆は伊豆半島一帯の旧国名で、明治時代に駿河や遠江(とおとうみ)と合わせて静岡県の一部となってからも、神奈川とも静岡とも、関東地方とも中部地方とも付かないひとつの地域をなしている。いわゆる平成の大合併において修善寺・土肥・天城湯ヶ島・中伊豆の4町で合併話がまとまった際に、伊豆半島の1/4強のエリアを占めるだけなのに新市名「伊豆市」の採用を強行、他の市町からの反感を買った。これに対抗してか、翌2005年に伊豆市の北側で伊豆長岡・大仁・韮山の3町が合併した際には新市名を「伊豆の国市」と命名、よそ者には紛らわしい状態が発生した。

※2017年3月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:現況を追記
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/

【終売】舞のサンドイッチ(500円) 2003年7月21日に修善寺駅駅舎内駅弁売店で購入
Mai no Sandwich (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

修善寺駅の駅弁屋さんのサンドイッチ。掛紙をかけた紙箱に、レタスを挟んだハムサンドとレタスを挟んだ玉子サンドを3切れずつ、まとめてラップに包んで入れる。

この包装のため具の水分がパンを均一に湿らせる上に開けにくく、具や分量の割に割高で、添加物の有無は不詳だがそれを除けばコンビニのサンドイッチのほうが美味いと感じる。包装の工夫だけで味が向上するのではとも感じる。現在はサンドイッチの販売はない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2009年3月補訂:所在地に新市名を反映
販売駅
伊豆箱根鉄道 修善寺(しゅぜんじ)駅 1924(大正13)年8月1日開業 静岡県伊豆市柏久保
調製元
舞寿し(株式会社 たけし)静岡県伊豆市修善寺駅前625−6 0558(72)2416 http://www.maizushi.jp/