banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 名古屋(なごや)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Nagoya Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本国内第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

味噌カツ丼(870円)2015年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Miso Katsu Don

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

似たような駅弁がここにはいくつもあると思うが、これそのものは2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売でデビューか。惣菜向けの円形プラ容器に白御飯を詰めて、みそかつを1個置いて、山菜煮ともやし炒めですき間を埋め、守口大根漬を添え、半熟卵を1個付ける。分かりやすい飯+カツ+半熟卵+付合せ。簡素な容器の使用も、ここでは特徴を後押ししている感じ。駅でどう売られているかは分からない。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

びっくりみそかつ(1,188円)2010年12月11日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Bikkuri Miso Katsu

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新幹線700系のぞみ号の登場に伴い、1999(平成11)年4月に登場か。正方形の発泡材枠容器に、八丁味噌の製造風景を背景に駅弁名を書いたボール紙でふたをする。中身は柴漬けでの日の丸御飯にきしめんサラダ、いんげんごま和え、オレンジ、そして赤黒く「びっくり」するほど大きく、それでいて極端に薄くもない「みそかつ」が置かれるもの。割りばしに加えてプラスティックのナイフとフォークが付属する。名古屋駅で味も量も重たい駅弁を食べたくなったら、迷わずこれを選びたい。価格は2010年の購入時点で980円、2014年時点で1,090円、2015年時点で1,166円、2017年時点で1,188円。

※2017年5月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
※2011年8月補訂:写真の更新と解説文の一部修整
※2005年12月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

みそかつ弁当(880円)2003年12月31日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Nagoya Miso Katsu Bento

掛紙 外観 外観 中身

名古屋の味噌カツ駅弁のJRCP版。赤味噌仕込を描いた紙箱に黒いトレーを入れて、食品表示のシールで封をする。中身は幕の内駅弁風の梅干付俵飯に、黒豚トンカツが一切れ、マカロニサラダや煮物各種などと温泉卵が入る。価格は購入時点で850円、2014年4月の消費税率改定により870円、2017年時点で880円。

購入当時は温泉卵が入っていて、付属のカップで温泉卵を溶いてかける必要があったため、テーブルなしに列車内で食べることが難しかった。普通列車にそんな設備はなく、東海道新幹線は立たされたり乗車を禁止したりと、指定席やグリーン車の正価での購入でない利用に各種の制約があることから、まるでJR東海の利益に貢献する人のために用意されたような駅弁だと思った。今の中身は車内調理の必要がない模様。味は良好。

※2017年5月補訂:中身についての記述を見直し
※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120(919)212 http://www.jr-cp.co.jp/
疑義駅弁

【終売】どてみそかつ丼(950円)2013年1月26日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Dote Miso Katsu Don (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年1月の京王百貨店駅弁大会と阪神百貨店駅弁大会で販売された実演販売商品。どうもそれ以外の場所では販売されなかった模様。駅弁でおなじみの長方形の容器に白御飯を詰め、八丁みそだれを濃厚にまとう尾張牛の牛すじのどて煮を敷き、トンカツ、煮玉子、山菜醤油漬、紅生姜を添えるもの。こんな濃い見栄えと具材なのに、同時に登場した「どて&大えびフライ丼」と連続で食べて胃もたれしない意外な軽さ。もし現地でこのキラキラしたパッケージを見ることができるのならば、元気になれそう。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】元祖みそかつ物語(1,050円)2008年8月10日に名古屋駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Ganso Miso Katsu Monogatari (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年10月の登場。レンジでチンがお似合いのプラ製惣菜容器を、パソコン用ソフトウェアでも入っていそうなブック型のボール紙製容器に収める。中身は白御飯の上に串カツ2本と牛すじどて煮、タクアンと竹輪とウズラ卵とこんにゃく玉、半熟卵にねりからし。中身はなんとなくおでん風。

催事屋製の「駅弁の達人」マークが付いているとおり、駅弁催事向けの商品だと思うし、実際にそういう光景を何度も見たが、こうやって駅でも売られ、駅での実演販売も行った。名古屋くらい多種多様の駅弁が入り乱れているのならば、こういう駅弁らしくない変わり者がいてもよい。駅弁ファン以外の層に受けている人気駅弁。2009年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】駅弁出来立て弁(1,000円)2007年1月28日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Ekiben Dekitate Don (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

駅構内で実演販売をするという、世にも珍しい駅弁。秋冬の駅弁大会でも実演販売が実施され、販売数ではこちらが多いかもしれない。中身は「びっくりみそかつ」や「だるまのみそ丼」と同じ味がする、御飯と千切りキャベツとミソカツと半熟玉子とタクアンを惣菜用プラ容器に入れるもの。具の変更は容易だろうから、様々なバージョンが存在するだろう。

名古屋駅では2004年5月から、駅弁業者3社が月替わりで駅弁の実演販売が実施されており、地元で話題を呼んでいる。駅構内にはレストランやファストフードもあるから、弁当の実演販売が実施されても不思議ではないが、駅弁屋が駅弁をこうやって売るのは類例がないと思う。2008年頃に撤収か。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】だるまのみそ丼(800円)2003年12月22日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Daruma No Miso Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2002(平成14)年頃の登場か。赤いトレーを入れた長方形の発泡材容器に透明なふたをかけてボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に八丁味噌のタレにどっぷり漬けたヒレカツとエビフライを2個ずつ載せて、インゲン胡麻和えと共に半熟卵をひとつ添えている。

食べる際にこれをカツの上に割ることを推奨するが、駅弁を置く平坦地と卵を割る角さえ確保できれば、うまく卵がこぼれない程度の窪みが確保されているから、成功率は高いと思う。これで味噌ダレの味の角が丸まり、カツとタレのまろやかな風味が口に広がるから、赤味噌嫌いでも大丈夫かもしれない。これが名古屋の新名物「みそ丼」。2009年までに「だるまのみそかつえびヒレ重」と交代。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】だるまのヒレカツみそ丼(850円)2003年12月20日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Daruma No Fillet Katsu Miso Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2002(平成14)年頃の登場か。赤いトレーを入れた長方形の発泡材容器に透明なふたをかけてボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に八丁味噌のタレにどっぷり漬けたヒレカツを3個載せて、インゲン胡麻和えと共に半熟卵をひとつ添えている。

食べる際にこれをカツの上に割ることを推奨するが、駅弁を置く平坦地と卵を割る角さえ確保できれば、うまく卵がこぼれない程度の窪みが確保されているから、成功率は高いと思う。これで味噌ダレの味の角が丸まり、カツとタレのまろやかな風味が口に広がるから、赤味噌嫌いでも大丈夫かもしれない。これが名古屋の新名物「みそ丼」。2009年までに「だるまのみそかつヒレ重」と交代。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】びっくりみそかつ 食べごろサイズ(750円)2003年12月20日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Bikkuri Misokatsu Tabegoro Size (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

下で紹介する「びっくりみそかつ」の縮小版。パッケージのデザインや中身を変えないまま、御飯を少なくみそかつを小さく、それに従い容器の大きさもやや小さくなり、価格も約7割に抑える。それでも見栄えと味の重さは同等に確保され、やっぱり十分に胃に重たい。この駅弁業者が使用する袋にもでかでかと「びっくりみそかつ」の名が記されるということは、このシリーズが最も売れているのだろう。2004年頃までの販売か。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/