banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 名古屋(なごや)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Nagoya Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本国内第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

大えびふらい弁当(1,220円)2011年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Oebi Fly Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売で登場か。発泡材枠の長方形容器に透明なふたをして、駅弁の名前とエビフライを大きく書いたボール紙の枠にはめる。中身は御飯の上に錦糸卵と刻み海苔を敷き、確かに大きなエビフライを2本横たえて、レモンのスライス、落花生煮、昆布佃煮、守口漬を添えるもの。八丁味噌だれとタルタルソースを袋で別添する。価格は購入時点で1,100円、2014年時点で1,220円。

エビフライは確かに大きく、衣で増量せず身での大きさがある。「びっくりみそかつ」に続きインパクトのある商品が誕生した感じ。パッケージには「三河安城駅」の表記が見えるが、現地ではこれからどこでどのように販売されるのだろうか。

※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/
疑義駅弁

【終売】どて&大えびフライ丼(1,050円)2013年1月26日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Dote and Oebi Fly Don (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年1月の京王百貨店駅弁大会と阪神百貨店駅弁大会で販売された実演販売商品。どうもそれ以外の場所では販売されなかった模様。駅弁でおなじみの長方形の容器に白御飯を詰め、八丁みそだれを濃厚にまとう尾張牛の牛すじのどて煮を敷き、エビフライ、煮玉子、山菜醤油漬、紅生姜、レモンを添えるもの。こんな濃い見栄えと具材なのに、同時に登場した「どてみそかつ丼丼」と連続で食べて胃もたれしない意外な軽さ。もし現地でこのキラキラしたパッケージを見ることができるのならば、元気になれそう。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

だるまの大えびふらい&みそかつ弁当(983円)2011年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Daruma no Oebi Fly and Misokatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

この年この月の京王百貨店駅弁大会で実演販売したばかりの弁当が、早くもリニューアルか。下記「大えびふらい弁当」に比べて、中身が丼タイプから弁当タイプに変わり、えびふらい1本がみそカツに変わり、玉子焼にタケノコやサトイモなどの煮物やポテトサラダといった付合せが入り、価格が220円も下がった。現地ではどちらがちゃんと販売されているのだろうか。いずれもまだ、駅弁催事以外での目撃報告を探せていない。価格は購入時点で880円、2014年時点で983円。現在は中部国際空港で売られている模様。

※2017年7月補訂:販売現況を追記
※2017年5月補訂:終売を追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/