banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 名古屋(なごや)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Nagoya Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本国内第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

特製とり御飯(1,080円)2003年7月26日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Tokusei Torigohan

掛紙 外観 中身

1955(昭和30)年頃に登場した、名古屋駅伝統の駅弁。鶏をCGでデザインした浅く広い長方形の紙箱に赤帯を締める。中身は鶏ガラスープで炊いた御飯に鶏そぼろと卵そぼろを斜に敷いた「とり御飯」に、チキンカツや鶏つくねに鶏照焼や鶏肉磯辺揚にだし巻卵やうずらの卵と、鳥由来の食材を中心に十種を超えるおかずが入っている。

新しい駅弁が賑やかな名古屋駅では、最も歴史のある駅弁といえるだろう。御飯はもちろん、おかずにもファンが付く、松浦商店の主力で人気の駅弁。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。2016年4月頃に「天下とり御飯」へ改称。

なお、おかずのない単品のとり御飯は、現在は扱われていない模様。名古屋駅では昭和30年代頃まで、汽車客相手に鶏の丸焼きをホーム上で立ち売りしていたそうな。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/

【終売】まるごとからあげ弁当(750円)2004年10月9日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Marugoto Karaage Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年の新作駅弁か。暖かい色彩と質感を持つ正方形のボール紙容器を赤い紙帯で締める。中身は俵飯に鶏唐揚その他が入るシンプルな内容。通常は鶏肉を切ってから揚げる唐揚を揚げてから切る製法で、見た目でも香りでも味でも鳥の存在感がより強く出ており、これで750円とはお買い得。若者向けな駅弁だ。2012年頃に「でかから弁当」へリニューアルか。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/

【終売】そぼろぼろぼろ大好きべんとう(750円)2003年12月31日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Soboro Boroboro Daisuki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2001(平成13)年1月1日に登場。2000年7〜8月に当時のJダイナー東海が「東海道新幹線21世紀私の食べたい駅弁コンテスト」で公募した応募作品について、子供の部でグランプリ賞を獲得した作品を商品化したもの。当初は2001年1〜3月の限定発売の予定が、好評のため名古屋駅でレギュラー入りした。

赤と青の正方形の紙箱を二段重ねにして紙蓋をかけて透明な帯で十字にしばる。中身は下段が星形蒲鉾とグリーンピースで星空を描いた鶏そぼろ御飯、上段がエビフライ、肉団子、うずら卵、鶏唐揚にデザートがこんにゃくゼリー・オレンジ・さくらんぼと三種も付いている。

パッケージを中心に中身でも子供向けをアピールするが、分量は少なくないので大人向けとしても使える。または割箸とプラスティック製スプーンがひとつずつ付いているので、小さな子供とその親が分けて食べることを想定しているのかもしれない。2005年にモリゾー柄とキッコロ柄のかまぼこを入れた「万博バージョン」を売り、そのまま終売か。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120(919)212 http://www.jr-cp.co.jp/

【掛紙】とり御飯(600円)調製年月日不詳
Tori Gohan

掛紙

1980年代の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。おそらく中身は現在の「特製とり御飯」の、おかず満載ではない普通版か。個人的にそういう商品が現代に復刻されることを願っている。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市西区児玉町8丁目36番地 052(524)1795