banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁三重県 > 松阪駅 > 牛肉弁当の駅弁 (3種類収蔵)

←前は[松阪駅2000年代の駅弁] | 次は[松阪駅その他の駅弁]→

JR東海 紀勢本線 松阪(まつさか)駅 2013年1月1日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 名古屋から近鉄特急またはJR快速「みえ」で1時間強、近鉄山田線とJR紀勢本線が接続しJR名松線を分けるターミナル。松阪市は三重県中部で伊勢湾に面した人口約17万の城下町で、主に工業の街だが日本一の銘柄牛「松阪牛」の主要産地として名高い。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「あら竹」が改札口の脇で1番ホームと改札外に面した小売店を構え、雑貨に加え主に牛肉の駅弁を販売する。1893(明治26)年12月31日開業、三重県松阪市京町。

特上牛肉弁当(1,700円) 2003年7月26日に松阪駅駅舎内駅弁等売店で予約購入

掛紙 外観 中身

 松阪駅の主力駅弁「特選元祖牛肉弁当」の特上版。漆塗りをイメージした正方形のボール紙容器に、駅弁名や社名連絡先を金文字で記す。中身は「特選元祖牛肉弁当」と共通だが、特製のタレを絡めた牛ステーキが2枚から3枚に増えており、御飯も俵型になっている。高価ではあるが、成人男性が牛肉を食べた気分になるにはこれくらいの分量は欲しいところか。確実な入手には予約が無難。価格は購入当時で1,580円、2015年時点で1,700円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
松阪名物黒毛和牛特上牛肉弁当(2,200円) 2008年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 上記「特上牛肉弁当」の別バージョン。駅弁名、しばり方、御飯、おかずに間違い探しの範囲で変化が見られるが、大きく変わったのは価格。リニューアルかロットの差かは知らないが、牛肉が薄めコッテリから厚めサッパリに変わった気もした。催事場では幕の内タイプより丼ものが好まれるので、この駅弁は現地での販売が向いている思うし、実際に京王では「黒毛和牛モー太郎弁当」や「匠の技松阪牛物語」より売り切れが遅かったような。価格は購入当時で2,100円、2015年時点で2,200円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
極上松阪牛ヒレ牛肉弁当(10,500円) 2004年7月24日に調製元で予約購入

外観 外観
中身 中身 中身

 2000年頃に登場した日本最高額駅弁。A3サイズの特大容器を、これまた特大の赤い掛紙で包みビニールひもでしばる。中身は日本最高級で通る松阪牛の中でも15段階中最高評価の「A−5」ランクのヒレ肉に金箔を降りたっぷり詰め、俵飯は桜花や南高梅などで個々にトッピング、おかずも太めの伊勢湾産有頭車海老や三重県宮川産鮎甘露煮や有機野菜など地元の食材を詰める。調製時に入手できた季節物も加わることがあり、購入時には熊野灘のイカと伊勢若松のうざくが入った。

 メインの牛肉は、口に含むとタレの味が強いのではと感じるものの、少し噛むとそれがすっと引き、体温で熔けた肉の脂身の香りが口内に広がり、もう少し噛むとそれも消えて赤身の牛肉らしい濃厚な風味が支配する。

 これだけ高額な駅弁には賛否があると思われるが、地元でもなかなか入手できないという最高ランクの松阪牛を味わえる機会を持てるだけでも希少価値が高いと感じる。一週間前までに予約が必要だが、ひとつから注文可能。テレビや雑誌で何度も紹介される有名な駅弁で、放送や放映の後には駅弁屋さんに問い合わせが多いとか。「松阪牛ヒレ牛肉弁当」5,250円も要予約。

 なお、2015年の時点でこの駅弁は、調製元のホームページから削除されている。2014年4月の消費税率改訂の前に、販売を終えた可能性があると思う。

※2015年8月補訂:現況の推測を追記
※2004年8月補訂:写真の掲載に伴う解説文の一部変更

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
←前は[松阪駅2000年代の駅弁] | 次は[松阪駅その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年2月20日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.