banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁三重県 > 松阪駅 > モー太郎の駅弁 (2種類・3枚収蔵)
Ekiben at Matsusaka Station in Mie Pref.
←前は[松阪駅元祖特選牛肉弁当] | 次は[松阪駅2000年代の駅弁]→

JR東海 紀勢本線 松阪(まつさか)駅 2013年1月1日訪問  Googleマップ
JR-Tokai Matsusaka Station

駅名標 駅舎 駅構内

 名古屋から近鉄特急またはJR快速「みえ」で1時間強、近鉄山田線とJR紀勢本線が接続しJR名松線を分けるターミナル。松阪市は三重県中部で伊勢湾に面した人口約17万の城下町で、主に工業の街だが日本一の銘柄牛「松阪牛」の主要産地として名高い。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「あら竹」が改札口の脇で1番ホームと改札外に面した小売店を構え、雑貨に加え主に牛肉の駅弁を販売する。1893(明治26)年12月31日開業、三重県松阪市京町。

黒毛和牛モー太郎寿司(950円) 2004年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kuroge Wagyu Motaro Sushi

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2003年10月9日に登場。この駅弁の新発売に合わせて登場したキャラクター「モー太郎」のイラストを描いた、どう見ても弁当には見えないボール紙のパッケージの中に、肉の旨味が凝縮された和牛しぐれ煮を具とした、ちょっと硬めの酢飯を使った巻き寿司が密封パックで入っている。切れ目が入るので割箸だけで食べられる。モー太郎のシール付き。価格は発売時や購入当時で900円、2015年時点で950円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
【掛紙】黒毛和牛モー太郎寿司(950円) 2016年5月22日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Kuroge Wagyu Motaro Sushi

掛紙 掛紙

 2016(平成28)年5月21日頃の調製と思われる、松阪駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁名の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。モー太郎寿司に限り、添付のシールにまでロゴマークが入っていた。
黒毛和牛モー太郎弁当(1,350円) 2013年1月1日に松阪駅改札脇売店で購入
Kuroge Wagyu Motaro Bento

掛紙 掛紙 掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2002年9月28日に登場した、日本初の音楽が流れる駅弁。ボール紙のパッケージからは、牛顔型の真っ黒な樹脂製容器の耳の部分がはみ出ている。蓋を開けると「ふるさと」の電子メロディが流れ、メロディセンサーの注記や利用法を書いた紙を取ると出てくる中身は、御飯の上に牛すき焼き肉が敷かれるもの。牛肉駅弁では日本一と思われる肉の柔らかさと、牛肉の味と香りを引き立てるタレが素晴らしい。

 容器は米沢の駅弁屋さんと共同プロデュース。この駅弁のためのイメージソング「カントリー(こだわり駅弁バージョン)」のCDまで出したとか。2002年秋から2003年冬にかけての各地の駅弁大会では、入荷や発売開始後に数分で完売する凄い人気で、その前年のBSE騒動と偽装松阪牛問題の影響は完全に払拭できたのではないかと思う。価格は発売時や購入当時で1,260円、2015年時点で1,350円。

 2001年に社会を揺るがしたBSE騒動と偽装牛肉問題を機に、消費者の信頼回復を主目的に第3セクターの三重県松阪食肉公社が、松阪牛の個体識別管理システムを導入した。これにより消費者が肉の個体情報・農家情報・と畜出荷情報を、インターネット等で確認できるようになり、松阪牛ブランドの価値が上昇し価格は倍額に高騰、他のブランド牛産地にますます差を付けている。

 一方でその認証が受けられる産地を2002年8月19日から、松阪市など当時の三重県内22市町村に限定してしまい、エリア外の生産農家はとんだとばっちり。その後は生産量の減少か需要の拡大か認証の取得難かは分からないが、高級店を除き松阪牛がメニューや売り場からすっかり消えた感じ。

※2015年8月補訂:値上げを追記
※2014年5月補訂:写真の更新
※2011年2月補訂:旧版の写真削除に伴う解説文の移動併合

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
【掛紙】黒毛和牛モー太郎弁当(1,260円) 2004年1月25日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Kuroge Wagyu Motaro Bento

掛紙

 2004年1月25日の調製と思われる松阪駅弁のパッケージ。下記の1年前との差異は「松阪牛」が「黒毛和牛」に変わっただけ。
【掛紙】松阪牛モー太郎弁当(1,260円) 2003年1月10日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Matsusakaushi Motaro Bento

掛紙

 2003年1月10日の調製である、松阪駅弁のパッケージ。容器や価格や中身や風味は現行版と同じ。使用される牛肉は昔も今も仕入れ先を含めて変わらないそうだが、上記の認証産地限定により駅弁の名前が今のものに変わってしまった。
←前は[松阪駅元祖特選牛肉弁当] | 次は[松阪駅2000年代の駅弁]→

2001年6月17日開設 2016年6月1日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.