banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

近畿味めぐり弁当(980円)2010年1月24日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Kinki Ajimeguri Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

新幹線の京都駅と新大阪駅で2009(平成21)年10月15日の発売開始。その前日に農林水産省近畿農政局から発表された「地産地消駅の弁当メニューコンテスト」の結果において近畿農政局長賞を得た8種の駅弁のうちのひとつである。

滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の各府県の略地図と1〜2個の名所や食材をふたの表や裏に描いた専用のボール紙製容器を使用、黒いプラ製トレーに詰められた中身は、かやくご飯に近江牛メンチカツ、筑前煮、出汁巻き玉子、ダイコンとなす、水菜と揚げのおひたし、タクアンなど。表面のおしながきと裏面の材料紹介のとおり、近畿地方の食材をふんだんに使ったそうな。

分量も価格もコンセプトもパッケージも、旅先で買って食べる駅弁として優れていると思う。しかしJRCPのことなので、数年内には消してしまうのだろう。価格は発売時や購入当時で950円、2015年時点で980円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120-919-212 http://www.jr-cp.co.jp/

【終売】幕之内にぎわい(860円)2013年5月6日に新大阪駅新幹線コンコース駅弁売店で購入
Makunouchi Nigiwai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 外観 外観

2012(平成24)年か、それ以前の発売か。新幹線の新大阪駅と京都駅で売られる駅弁。9区画のマス目の中に、ゆかりめし、かやくめし、黒米飯で3種の御飯と、鶏唐揚とブロッコリー、コロッケとスパゲティ、焼き魚と薩摩揚げと玉子焼、レンコンやカボチャなどの煮物、タケノコ煮と春雨サラダ、ゴボウの甘辛煮と柴漬け。

コンビニ弁当やファストフードと価格を比べられてはたまらないが、大都会での800円台の駅弁でこれだけ中身が賑わうのならば、かなりお得。形ではなく機能としての幕の内駅弁。価格は購入当時で840円、2014年から860円。2015年までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120-919-212 http://www.jr-cp.co.jp/

【終売】御堂筋弁当(1,000円)2007年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Midosuji Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1987(昭和62)年11月に「新幹線グルメ」キャンペーンで登場した駅弁。経木枠正方形容器の二段重ねで、下段はグリーンピースの白御飯に加えたこ焼きが5つ列び、上段は内部で9分割されて大阪のくいだおれをイメージした様々な食材が詰められている。大正浪漫風の掛紙が目印。この駅弁群の登場から20年、「新幹線グルメ」はすっかり死語になり、一部の駅では商品や駅弁屋が消滅、新幹線からは食堂車もビュフェもサービスコーナーも絶滅した。

大阪市街の中心軸をなす御堂筋は、1937(昭和12)年5月の開通。幅約6メートルの街路を44メートルにも広げ、道路下に地下鉄を敷設する事業は、沿道に負担金まで求める多大な犠牲の上に成り立っており、今の日本では実現不可能であろうし、当時でもものすごい非難があったようだが、今や永世の供用に堪える立派な都市インフラをよくぞ造り上げたと誰もが絶賛している。東海道新幹線もその仲間に入りそうな、公共事業とは何かを考えさせられるもの。

なお、この駅弁は駅弁業者の事業停止により、2010年4月19日までに失われてしまった。

※2010年4月補訂:終売を追記
※2007年5月補訂:写真の更新と解説文の一部追加
※2005年5月補訂:写真の掲載と解説文の一部追加
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
調製元
株式会社 水了軒 大阪府大阪市淀川区野中北1丁目16−16 06(6150)4137

【終売】特撰弁当大阪(1,000円)2005年10月30日に新大阪駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Tokusen Bento Osaka (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2002(平成14)年の秋に登場した、東京・名古屋・京都・新大阪と用意された新幹線駅構内限定弁当の新大阪駅版。以前と異なる松花堂タイプの発泡材正方形容器に、掛紙を兼ねたボール紙のふたをかけて、まるごとラップで包む。季節で変わる中身は、購入時には鯖と海老と鯛の押寿司、ひょうたん型白御飯に塩昆布、蛸煮に鶏治部煮に太刀魚塩焼に蒲鉾や玉子焼、湯葉巻や煮物など。良い物が入っていると思うが、中身がスカスカで見栄えは悪化したし、購入日には夜遅くまで売れ残っていた。現存しない模様。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120-919-212 http://www.jr-cp.co.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】浪花の味くりげ(1,100円)2004年6月18日におそらく新大阪駅で購入
Naniwa no Ajikurige (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日から2005(平成17)年3月31日まで発売された期間限定駅弁。同じ名前の駅弁が、1987(昭和62)年のJR発足時にも販売されていたらしい。発泡材の正方形容器を使用、中身は3×3で九分割され、鮭と鯛のラップ包み手まり寿司が一個ずつに赤飯が御飯で、おかずにたこ焼きや肉じゃが茶巾など、その内容が掛紙にイラストとなって記される。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁で、京都駅でも販売。

販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
株式会社 ジェイアール西日本フードサービスネット 大阪工房 大阪府大阪市北区大淀中1丁目6−23 06(6453)3948 http://www.jwfsn.com/

【終売】特製弁当京風幕の内(850円)2003年11月3日におそらく新大阪駅で購入
Tokusen Bento Kyofu Makunouchi (end of sales)

掛紙 外観 中身

発泡材の枠にトレーを接着した華奢な容器を、京の町のシルエットを印刷するエンボス調な掛紙で包みマジックカットで留める。中身は9分割され、白・赤・黄色(五目飯)と三色の御飯に、煮物各種、海老とピーマンの天ぷら、鯖竜田揚、玉子焼に付け合わせが入る。味は良かったのだが、容器の薄さはコンビニ弁当を思わせるし、新大阪駅構内で駅弁のように販売される弁当が「京風」であり京都調製であるという、商品として悪くないが駅弁と見なせば失望するタイプ。2009年頃までの販売か。

JR6社のうち本州3社はそれぞれ、駅構内で弁当を販売する全額出資子会社を抱え、いずれも新幹線駅で駅弁と思わせる弁当を販売し、その一部商品は立派な駅弁であり百貨店の駅弁大会にも声がかかるが、少なからぬ商品がこの「駅弁?」のように容器や中身や販売形態でコンビニ弁当レベルとなる。鉄道利用の観光旅行客は駅弁に地域色や素朴感ないし高級感を多く求めているはずで、このような商品が旅行者がとても多いターミナル駅の、しかもJR系ということで抜群の立地を与えられた売店で販売されていることが、駅弁嫌いを増やしている気がしてならない。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
株式会社 ジェイアール西日本フードサービスネット 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目4番20号 06(6885)3573 http://www.jwfsn.com/

紅がら御膳(?円)2003年11月3日におそらく新大阪駅で購入
Benigara Gozen

掛紙 外観 中身

正方形の発泡材容器に透明蓋と掛紙をかけてマジックカットで留める。中身は俵飯・ちらし・炊込と三種の御飯に、焼魚・蒲鉾・玉子焼と幕の内駅弁三種の神器、有頭海老や昆布巻や松茸里芋のような見栄えのする食材に、鴨巻?や湯葉和えのような京風を感じる食材も入る。朱色の容器も含め見栄えが味を引き立てる。

但し、掛紙や容器に調製元の情報が全く記されていない。新大阪駅で販売されていたのに「京都弁当工房」の箸袋が付くのも駅弁らしくない。どうやらJR西日本の飲食子会社が京阪神地区の新幹線駅で販売する、中身は駅弁らしいが販売形態はむしろコンビニ弁当やホカホカ弁当と呼べる駅弁もどき弁当の模様。つまり、駅弁ファンが買うとがっかりするタイプの商品。普通の人は駅弁と誤認すると思う。

販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
株式会社 ジェイアール西日本フードサービスネット 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目4番20号 06(6885)3573 http://www.jwfsn.com/