banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


関西の駅弁兵庫県 > 姫路駅 > タイやタコの駅弁 (4種類収蔵)

←前は[姫路駅あなごの駅弁] | 次は[姫路駅幕の内の駅弁]→

JR西日本 山陽本線・播但線 姫路(ひめじ)駅 2015年10月17日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線で3時間強。姫路市は兵庫県の南西部で瀬戸内海に面する人口約53万人の城下町で、製鉄や液晶などの臨海工業で栄え、国宝で世界遺産の姫路城が観光客を集める。駅弁は明治時代からの駅弁屋「まねき食品」が、アナゴや姫路城などの駅弁を販売。1888(明治21)年12月23日開業、兵庫県姫路市駅前町御殿前。

【終売】明石たこやわらか煮弁当(850円) 2003年8月30日に姫路駅駅舎内駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 姫路駅弁独特の発泡材六角形容器に、その形に合わせた独特な形状の紙蓋をかける。その紙蓋は汎用品なのか駅弁名が書かれておらず、「明石たこやわらか煮弁当」と印字したシールと、「明石たこ煮弁当」と記した原材料名リストのシールを貼る。

 中身は、大根で叩いて柔らかくしたという明石産生タコを、出汁飯の上にぺたぺたと載せるもの。大粒で非常に柔らかいタコ足スライスに飯の風味がマッチして、満腹でも食が進む美味さ。小芋と薩摩芋の煮物に玉子焼も付いてくる。

 なお、容器とラップの間に封入されているのは「駅弁図鑑」の案内チラシ。パソコンと携帯電話でアクセス可能な、日本鉄道構内営業中央会西日本地区本部が手掛ける、JR西日本エリアの駅弁三百種以上を紹介する駅弁公式サイトで、ページがプログラムで書かれているため表示が遅く動作が鈍い点を除けば、情報満載で更新も頻繁で非常に興味深い試みであると思う。駅弁屋の売上向上やイメージアップに貢献しているかどうかは定かでない。。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記

【山陽本線姫路(ひめじ)駅】1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
【まねき食品株式会社】兵庫県姫路市北条953番地 TEL:079(224)0255
 http://www.maneki-co.com/
【終売】鯛寿司(850円) 2010年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2010年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売を行うために登場か。とても細長い経木枠の容器に木目柄のボール紙でふたをして輪ゴムで留め、鯛と城を描いた掛紙をかけて輪ゴム2本で留めて、割りばしと醤油が入った袋を添える。中身は酢飯にタイの昆布締を合わせた棒寿司が6切れ1本と酢レンコン。生タイプのタイの身にはゆずの風味も付いており、さわやかで味わい深い。

 中身は下記「ハッピーまねき」と同じものである。催事場での実演販売に際して、あの容器では一日数百個の会場内調製が困難であると考えたのか、容器も分量も無難なこのバージョンを投入したのだそうな。だから実演ブースでは「ハッピーまねき」も併売された。21世紀の鯛寿司駅弁として定着を期待したい。2013年に下記「瀬戸内産鯛ずし」へとリニューアル。

※2015年9月補訂:終売を追記

【山陽本線姫路(ひめじ)駅】1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
【まねき食品株式会社】兵庫県姫路市北条953番地 TEL:079(224)0255
 http://www.maneki-co.com/
瀬戸内産鯛ずし(1,100円) 2013年4月13日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入

掛紙 掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 上記の「鯛寿司」を2013年にリニューアルか。黒いパッケージに収まる経木折タイプの正方形容器に、今までと同じ鯛寿司を7個収める。酢レンコンの添付や、笹の葉と柑橘系の爽やかな香りもまた変わらない。値段も容器も、こちらのほうが見栄えがすると感じる。東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」での実演販売で購入したため、調製シール上の調製元が売店業者の日本レストランエンタプライズ(NRE)になっている。価格は購入当時で1,050円、2014年時点で1,100円。

【山陽本線姫路(ひめじ)駅】1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
【まねき食品株式会社】兵庫県姫路市北条953番地 TEL:079(224)0255
 http://www.maneki-co.com/
ハッピーまねき(1,890円) 2008年1月26日に阪神百貨店駅弁大会で購入

掛紙 掛紙
外観 外観 外観
外観 中身 中身

 2007年4月27日に登場。招き猫2匹を象った奇抜な陶器を使用、これをその表情がよく見える頑丈なボール紙容器に収める。容器の下半分のさらに半分に収まる中身は、瀬戸内の鯛と赤穂の塩を使った押寿司が2段10貫。古典的な内容や風味は、はじけた外観や容器とは対照的。高い価格には容器代が多分に含まれると思うが、食べる部分でも納得の一品。まずは姫路駅新幹線ホームで一日50個を販売、その後に3日前までの要予約商品になり、今回は駅弁大会で入手。

 姫路の駅弁屋の明治時代からの商号で後に社名となる「まねき」は、招き猫のまねきと同じく、お客様をおまねきするという意味にちなむ。この駅弁が招き猫なのは当然、それにちなむ。加えて姫路市白浜町の松原八幡神社で御輿をぶつけ合う秋季例大祭、通称「灘のけんか祭り」にもちなむそうだが、招き猫が提灯を提げ法被(はっぴ)を着ている点がそれか。

【山陽本線姫路(ひめじ)駅】1888(明治21)年12月23日開業 兵庫県姫路市駅前町御殿前
【まねき食品株式会社】兵庫県姫路市北条953番地 TEL:079(224)0255
 http://www.maneki-co.com/
←前は[姫路駅あなごの駅弁] | 次は[姫路駅幕の内の駅弁]→

2001年6月17日開設 2014年8月12日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.