banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 新神戸(しんこうべ)駅2017年2月3日訪問Googleマップ
JR-West Shin-Kobe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3時間弱。神戸市は兵庫県の南東部で大阪湾に面する人口約154万人の港町で、関西や日本を代表する大都市のひとつであり、異国情緒や夜景で有名な観光地でもある。駅弁は第二次大戦後に神戸へ移転した駅弁屋の、肉や洋食や新幹線型など、様々な駅弁が賑やかである。1972(昭和47)年3月15日開業、兵庫県神戸市中央区加納町。

神戸名物すきやき御飯(1,000円)2003年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kobe Meibutsu Sukiyaki Gohan

掛紙 外観 中身 中身

パッケージの記述から、「のぞみ号」新神戸駅停車を記念して2001(平成13)年10月に登場か。神戸の他の加熱機能付き容器駅弁でお馴染みの、八角形のパッケージに円形の容器を入れる。中身はわりしたで炊いた御飯の上に、兵庫県産和牛を使用したという牛すき焼きを載せるもの。つまり高級な牛丼ということで、温めればモリモリと食べられる。

販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
東海道本線 神戸(こうべ)駅 1874(明治7)年5月11日開業 兵庫県神戸市中央区相生町3丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】あっちっちスキヤキ?哩(カレー)飯(1,050円)2009年11月23日に「お台場オトナPARK2009」駅弁大会で購入
Achichi Sukiyaki Curry Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年2月頃の登場か。円形の加熱機能付き容器を使用、これをカレー色のボール紙のパッケージに収める。中身は白御飯の上をカレー色に染まってカレー味のする牛肉煮、タマネギ煮、ごぼう煮、糸こんにゃくで覆い、いんげんとニンジンを添えるもの。これは調製元の得意料理に見えて、牛肉がザラザラしてとにかく固くてスジだらけであり、昔の安くて不味いカレーライスを思い起こさせるもの。ルーがあまり辛くなかったのは個人的には嬉しかったが、これも味としてはマイナスかもしれない。神戸の駅弁には珍しい駄作に感じた。なお、カレー飯の「カ」は、くちへんに加わるという文字を書く。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
山陽本線 西明石(にしあかし)駅 1944(昭和19)年4月1日開業 兵庫県明石市小久保2丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

あっちっちすきやき弁当(1,130円) 
Achichi Sukiyaki Bento

外観 外観 中身

1988(昭和63)年の登場。駅弁向け加熱機能付き容器で現在の主流である紐を引くタイプを全国で初めて導入した。大きく丸い容器の中身は御飯と牛すき焼きにカイワレなどの薬味と生卵。もちろん暖めてすき焼きとして食べるのだが、生卵がゆで卵になっては困るので卵は暖まらない工夫を凝らしてある。

暖める仕組みは次のとおり。生石灰と水が別々に入った袋が底に敷いてあり、紐を引くと水の袋が破れて生石灰にかかり、化学反応で熱と蒸気が出る。熱は中身を暖めて、蒸気は中身を蒸して水分を与えるので、駅弁にピッタリ。8分ほどで食べ頃になるよう駅弁の中身が考えられている。反応終了後は消石灰になるので普通のゴミに出せ、また持ち帰ってプランターの肥料にもできる。

※2005年5月補訂:写真の掲載
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
東海道本線 神戸(こうべ)駅 1874(明治7)年5月11日開業 兵庫県神戸市中央区相生町3丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/