banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


関西の駅弁奈良県 > その他の駅弁 (4種類収蔵)

←前は[奈良駅の駅弁] | 次は[和歌山駅寿司の駅弁]→

柿の葉寿し さば(1,176円) 2004年12月11日に王寺駅改札そばキヨスクで購入

掛紙 外観 外観
外観 外観 中身

 駅弁の消えた王寺駅で見つけた柿の葉寿司。厚めの木枠の正方形容器に鯖の柿の葉寿司を8個詰めて、木目調のボール紙で蓋をして押し寿司のようにゴムで留め、朱色の掛紙を巻いてビニールひもでしばる。調製元は社名どおりの柿の葉寿司屋さんだが、公式サイトによると戦前には現在の近鉄吉野線六田(むだ)駅の駅弁屋であったようだ。なお、伊丹空港と関西空港でも販売があるそうで、そこの空弁としても紹介される。

 関西本線が和歌山線を分ける王寺駅は、かつて公式な駅弁販売駅で、安くて素朴な幕の内弁当が2000年頃まで売られていたそだが、駅前再開発を機にしたのかどうか、駅弁屋は駅弁と構内うどん屋をやめて駅前のとんこつラーメン屋に変わった模様。

 価格は購入当時で1,030円、2015年時点で1,176円。今も駅や空港で売られているのだろうか。

※2015年9月補訂:値上げを追記

【関西本線王寺(おうじ)駅】1890(明治23)年12月27日開業 奈良県北葛城郡王寺町久度2丁目
【株式会社柿の葉ずし】奈良県奈良市二条町2丁目4−14 TEL:0120(51)0780
 http://www.kakinoha.co.jp/
柿の葉寿し ミックス(1,305円) 2004年12月11日に王寺駅改札そばキヨスクで購入

掛紙 外観 外観
外観 外観 中身

 駅弁の消えた王寺駅で見つけた柿の葉寿司。厚めの木枠の正方形容器に鯖と鮭の柿の葉寿司を8個詰めて、木目調のボール紙で蓋をして押し寿司のようにゴムで留め、朱色の掛紙を巻いてビニールひもでしばる。「柿の葉塾」なる小冊子を添付。この地域の駅売り柿の葉寿司を駅弁扱いしていてはキリがないが、王寺駅に駅弁がなく、駅で買えて、見栄えが駅弁らしいので、独断で駅弁と見たい。なお、伊丹空港と関西空港でも販売があるそうで、そこの空弁としても紹介される。

 価格は購入当時で1,100円、2015年時点で1,305円。今も駅や空港で売られているのだろうか。

※2015年9月補訂:値上げを追記

【関西本線王寺(おうじ)駅】1890(明治23)年12月27日開業 奈良県北葛城郡王寺町久度2丁目
【株式会社 柿の葉ずし】奈良県奈良市二条町2丁目4−14 TEL:0120(51)0780
 http://www.kakinoha.co.jp/
たなかの柿の葉すし(790円) 2001年12月15日に和歌山市駅コンコース売店で購入

掛紙 外観 中身

 奈良・大阪・和歌山の各府県を中心に関西南部の私鉄駅売店で販売されている柿の葉寿司。駅弁ではなく土産物と見えるが、駅弁の代用品として利用できる。中身は名前どおりの柿の葉ずし。新幹線京都駅で買えるものよりつくりが雑で柿の葉が厚く味もまろやか、素朴な感じを受ける品物に仕上がっている印象を受けた。

 もっとも、実は東京や横浜から九州まで広い地域のデパートや直営店に出荷される、柿の葉寿司駅弁で有名な吉野口駅の駅弁屋さんとは比べものにならない大企業の商品。価格は購入当時で790円、2015年時点で864円(さば)ないし1,005円(さば・さけ)。

【株式会社柿の葉すし本舗たなか】奈良県五條市住川町1490 TEL:07472(6)3131
 http://www.kakinohasushi.co.jp/
柿の葉すし(800円) 2004年1月25日に吉野駅の駅前商店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 近鉄吉野駅前の食堂で店頭販売されていた奈良名物柿の葉寿司。柿の葉色一色の古風な包み紙で長方形の経木枠容器を包む。中身は鯖の柿の葉寿司が8個、飯は小粒で鯖は薄く著名品と比較して旨味は劣る。中身はその場で詰められるので、鮭など他の種類を組み合わせることができる。

 吉野は桜の時期には特に人を集める著名観光地で、吉野駅は大阪阿部野橋と近鉄特急で結ばれる。しかし訪問日は小雪舞う真冬の平日で、駅周辺には駅員・運転手・車掌と私しかいない状態。それでも数件が横並ぶ駅前商店群で唯一店を開けていた営業姿勢に敬意を表し、吉野駅弁扱いとする。包装紙にも「近鉄吉野駅前売店」とあるのでOK。

【近鉄吉野線吉野(よしの)駅】1928(昭和3)年3月25日開業 奈良県吉野郡吉野町吉野山6261
【笹岡食堂】奈良県吉野郡吉野町吉野山63 TEL:07463(2)2694

←前は[奈良駅の駅弁] | 次は[和歌山駅寿司の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年6月5日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.