banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 岡山(おかやま)駅2014年10月26日訪問Googleマップ
JR-West Okayama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間半。岡山市は岡山県の中央に位置する人口約70万人の城下町で、市街に複数の百貨店を抱える商業、臨海部や内陸部に工業団地を抱える工業、桃や米などが特産の農業で栄える。新幹線に8方向からの在来線が集まる鉄道の要衝でもある。駅弁は明治時代の鉄道開業当時からの駅弁屋の駅弁から、地元の弁当屋が駅構内の店舗に卸す弁当まで、様々な駅弁類を朝から晩まで選べる。1891(明治24)年3月18日開業、岡山県岡山市北区駅元町1丁目。

【終売】味(み)よしべんとう(800円)2005年7月31日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Miyoshi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

山陽新幹線博多開業30周年を記念して、2005年1月23日から9月30日まで販売された、沿線12駅10駅弁業者による「復刻!懐かしの駅弁」シリーズのひとつ。1975年頃に岡山駅で販売されていた300円の幕の内弁当を復刻したという。駅弁名に調製元の会社名がかけられている。

木目調の正方形発泡材容器に、懐かしの開業当時の新幹線電車などを描く掛紙代わりの紙蓋をかけて、ラップで包み輪ゴムでしばる。半透明トレーに入った中身は、俵飯風に型押しした日の丸御飯に、焼魚・蒲鉾・玉子焼にエビフライ、ウインナー1本にママカリ1匹に厚揚げや牛肉や昆布巻など。全国的な統一感に地域色を少々忍ばせた、国鉄時代の正しい並等幕の内弁当という感じ。

JR西日本にとっては、2004年度「駅弁の達人」に続く駅弁キャンペーンであったが、4月25日の福知山線列車事故による自粛ムードのなか、有耶無耶に終わってしまった。この駅弁は10月1日以降も販売が継続されたそうだが、現在は売られていない模様。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】幕の内花だより(950円)2004年9月5日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で予約購入
Makunouchi Hanadayori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2002年4月の登場か。JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日にリニューアル。日本全国の都道府県花を描く長方形容器を使用、中身は俵飯を中央に配置し、牛肉うま煮や牛メンチカツや赤魚白醤油焼や玉子焼などのおかずで囲むもの。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。岡山駅だけでその対象駅弁が12種もあり、三好野本店の9種のうち3〜4種が幕の内弁当ということで、この駅での駅弁需要の旺盛さがうかがえる。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載、調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

倉敷小町(1,080円)2011年11月6日に小田急藤沢店駅弁大会で購入
Kurashiki Komachi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年4月28日の発売。「倉敷を気軽に楽しんで味わう」がコンセプトだそうで、箸袋は倉敷市児島が誇るジーンズの生地でできている。倉敷のなまこ壁をイメージしたという正方形で二段重ねの白い発泡材容器を、赤いボール紙のパッケージにはめる。

中身は下段がサワラほぐし飯と肉味噌載せ麦入り白飯、上段がも貝やシイタケなどの煮物、タコとナスの天ぷらにポテト素揚げ、鶏柚子味噌焼、玉子焼とかまぼこなど。上段下段ともども、千円でこんな雰囲気を作れてしまうのだなと感心した。価格は発売時や購入当時で1,000円、2015年時点で1,080円。2016年に終売の模様。

絹が国を支えた明治大正時代に遡らなくても、国内の繊維業はユニクロに代表される安い海外製品の流入でミレニアム前後に壊滅してしまった。その中で学生服とジーンズが名産であった岡山県児島市では、高品質の高級品を生産することで踏ん張っているうえ、これを地域おこしのネタとしてブランド化すべく情報を発信している。

※2016年7月補訂:終売を追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

幕の内夢二(1,030円)2009年9月26日に特急やくも号車内販売で購入
Makunouchi Yumeji (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

岡山駅で最も数が出るという、中等くらいの幕の内駅弁。JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い2004年5月1日にリニューアルされたという内容は、俵飯におかずとして鶏柚子味噌焼や煮物や鮭塩焼や野菜天や有頭海老や玉子焼など。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

中身こそ無特徴の象徴である「幕の内」といった感じも、個々の食材が食べてくださいときれいに正面を向いている姿は、コンビニ弁当等がまだ追い付けていない駅弁や折詰の実力。折詰の折は文明だが詰は文化だと思う。2004年は980円、今回購入時は1,000円、2014年4月の消費税率改訂により1,030円。2015年頃に終売の模様。

駅弁名の夢二とは、大正時代に活躍した岡山出身の詩人であり画家であり、日本のグラフィックデザイナーの先駆者だと評価されている竹久夢二(たけひさゆめじ)のこと。この駅弁のふたに描かれるものが、その代表作のひとつ「早春」だという。描かれる女性の姿は古風であるが、絵の全体的なデザインは現代のものとそう変わらない新しさがあると思う。

※2016年7月補訂:終売を追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
※2010年10月補訂:写真と価格の更新
※2004年10月補訂:写真の掲載、調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【掛紙】幕の内夢二(980円)2004年8月28日に岡山駅新幹線ホーム駅弁売店で購入
Makunouchi Yumeji

掛紙

2004年8月28日の調製である岡山駅弁のパッケージ。上記の2009年時点との変更点は、岡山市の政令指定都市への移行による調製元所在地の表記変更のみ。つまり、こういうことがあると今までの掛紙が使えなくなってしまう。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市桑野131−6 086(200)1717
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

よこづなのおむすびころりん(1,030円)2004年8月15日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Yokozuna no Omusibi Kororin

掛紙 外観 中身 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日のリニューアル。この時点で発売開始から15年が経過しているという割に、過去の収穫報告が全くといって良いほど見付からないのは、もともと河本食品という駅弁屋でない業者さんのお弁当がJR系売店で扱われていたようで、駅弁と見なされていなかったためか。

経木枠正方形容器を二段重ねにして華やかな赤いパッケージに収める。その中身は、下段に海苔を着て具が顔を出す「天むす」の三角おにぎりが海老・げそ・ししとうの三種五個、上段に鰆西京焼や若鶏照焼など多種のおかずで、メリハリの利いた味が好ましい。

岡山が発祥といわれる民話「おむすびころりん」のあらすじがしおりで入るので、駅弁との関連も書いてあげれば、なお良かった。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改訂により1,030円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2004年10月補訂:駅弁名の訂正、写真の掲載、解説文の追記と製造者の掲載
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 河本食品 岡山県岡山市北区建部町富沢428−3 086(722)0205
株式会社 ジェイアールサービスネット岡山 岡山県岡山市北区駅前町2−4−6 086(223)4085 http://www.jrsn-okayama.jp/

【終売】山陽新幹線新大阪〜岡山間開業30周年記念(1,030円) 
Sanyo Shinkansen Shin-osaka Okayama kan Kaigyo 30-syunen Kinen (end of sales)

山陽新幹線新大阪・岡山間の開業30周年を記念して、新大阪・大阪・新神戸・西明石・姫路・相生・播州赤穂・岡山・福山・新尾道・尾道・三原・広島の13駅で2002(平成14)年3月15日から、共通デザインの掛紙と約千円の価格で約2か月間の期間限定にて一斉に売り出した記念駅弁の岡山駅版。

「30」種の食材を用いた「さんじゅう」重ねの幕の内弁当で、価格は1,0「30」円。下段に1個「30」グラムの俵飯を6つ詰め、上中段にエビフライや焼魚や牛肉など焼物煮物和え物を並べている。これが千円ちょっとで購入できるとは、まさに記念駅弁。販売期間は後に年内まで延長されている。

ところで、山陽新幹線の開業日は新大阪・岡山間開業の1972(昭和47)年3月15日とされているが、新大阪・岡山間は開業と同時に1964(昭和39)年開業の東海道新幹線東京・新大阪間を含め旅客案内上は「新幹線」を名乗り、1975(昭和50)年の岡山・博多間の開業と共に「東海道新幹線」東京・新大阪間と「山陽新幹線」新大阪・博多間となったもの。さらに運輸省(当時)の公式記録に山陽新幹線の名前が登場したのはJR発足時の1987(昭和62)年4月1日である。相当マニアックかつ斜に見ると、「山陽新幹線」は開業30周年ではなく、27周年か15周年だと言える。

※2004年10月補訂:調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】備前米弁当(1,050円)2004年9月5日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で予約購入
Bizenmai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1977(昭和52)年の登場か。JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日にリニューアルされた、岡山駅の二段重ね幕の内系駅弁。小振りな経木枠の正方形容器を二段重ねにして使用、中身は下段に岡山県産朝日米の白御飯を敷き詰め、上段に鰆西京焼や玉子焼や蛸唐揚や海老塩焼や煮物などのおかず。

駅弁名どおり御飯が美味く、おかずも味に加え見栄えが良い。同時にその形態が白黒写真やイラストでしか見たことがないが戦前の駅弁にそっくりと思え、古風な掛紙や連結金具を付ければ面白い。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2005年頃までの販売か。

朝日米は、岡山県内でのみ栽培されているコメの品種。1931(昭和6)年以来変わらない品種寿命の長さ、政府米銘柄区分「一類」指定など、その実力はプロが高く評価するという。

※2015年10月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載、解説文の追記、調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【終売】瀬戸内ぐるっとよくばり弁当(1,050円)2003年11月8日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Setouchi Gurutto Yokubari Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2001(平成13)年の新作。黒いトレーを入れた駅弁らしいサイズの長方形ボール紙容器には、瀬戸大橋3ルート各橋のイラストが踊る。中身は祭ずし・たこ飯・ままかり鮨の三種の御飯に、煮物や焼き物のおかず、デザートに吉備団子。駅弁名の割には岡山な内容が多いと感じるが、岡山駅の駅弁屋の駅弁であることに加え、経済的に徳島は大阪を、香川は岡山を、愛媛は広島を向くが大阪・岡山・広島は四国側だけを見ているわけではない力関係を表している、と考えるのは読み過ぎか。現在は売られていない模様。

本州と四国の架橋は一世紀を超える主に四国側の切実な願いで、1955(昭和30)年に宇高連絡船紫雲丸の沈没で修学旅行生など168名が犠牲になってから火が着いたが、政治的妥協の産物で1969(昭和44)年に3ルートも建設することとなってしまい、その建設運営を担当する本州四国連絡橋公団は赤字で首が回らない状態、今はどうやってソフトに破綻させるかを議論しているところ。さすがに残る2ルートの建設推進運動はやや下火になっている感じ。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】幕の内幻想庭園(1,300円)2004年8月15日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Makunouchi Genso Teien (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに合わせて、2004(平成16)年5月1日に登場した、岡山駅の上等幕の内駅弁。内容はまるで異なるが駅弁名と掛紙写真からは、2003年7月20日から8月17日まで発売されていた期間限定駅弁「幻想庭園」(800円)の後継と見ることもできる。

パッケージには岡山が誇る日本三名園のひとつ後楽園の夏の夜のライトアップ「幻想庭園」風景が写真で掲載され、駅弁名はこれから来ている。中身は岡山産米の白御飯に穴子、黒豚、海老天、鰆西京焼、若鶏柚子味噌焼、煮物各種など。

牛・豚・鶏・焼魚(サワラ)・飯蛸・穴子と、おおよそ通常の駅弁に入っていそうな肉が全部入り、それらのすべてが濃くない味付けで、御飯も美味くて良い駅弁。ただ、1,300円の高級弁当なのだから、割箸はビニール入り短小品ではなく、箸袋入りの通常版が欲しかったところ。「ゆふいんの森弁当」などにも見られる、容器内の対角線仕切りは、それだけで中身の芸術点を高めると思う。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。現在は売られていない模様。

後楽園の幻想庭園とは、築庭300年を記念して2000年から始まった夜間特別開園で、7月末から8月の月遅れ盆頃までの会期で、21時半までの延長営業とライトアップやステージイベントが実施される。入園には通常の入園料350円でOK。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載、解説文の追記、調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【掛紙】上等御辨當(30銭)調製年月日不詳
Joto Obento

掛紙

1937(昭和12)年以降、戦前の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。掛紙のデザインは岡山城と旭川か、鶴が二羽描かれているのは昔から岡山城で飼っていたからか。

※2004年11月補訂:調製元の情報提供に基づく調製時期の推定を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 所在地の記載なし 2029

【掛紙】特製御辨當(100円)調製年月日不詳
Tokusei Obento

掛紙

昭和20年代の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。掛紙のデザインは備前の秋の水田のイメージか。消費税がない頃なので、定価の「税込」の記載が気になる。

※2004年11月補訂:調製元の情報提供に基づく調製時期の推定を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 所在地の記載なし 4967

【掛紙】特製御辨當(100円)1953年4月19日調製
Tokusei Obento

昔の駅弁掛紙

1953(昭和28)年4月19日の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。上の掛紙と意匠と記載内容はほぼ同じで、水田の鳥よけ?の代わりに歌が記される。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 所在地の記載なし 4967

【掛紙】特製御弁当(150円)調製年月日不詳
Tokusei Obento

掛紙

昭和40年代頃の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。岡山城とその名物である鶴をシンプルに描いた掛紙で、掛紙の形状から判断して、駅弁容器を土産物のように包んでいたと思われる。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 岡山県岡山市駅前町1丁目 連絡先の記載なし

【掛紙】幕の内弁当 旅人シリーズ(?円)1977年頃調製
Makunouchi Bento Tabibito Series

掛紙

入手状況等から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。掛紙の写真は後楽園でのお茶会であろうか、イラストより詳細にその時代を感じられる。また、この頃は宇野駅でも駅弁が販売されていたことが分かる。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 岡山県岡山市青江新屋敷430−1 (31)3231

【掛紙】幕の内 後楽(800円)1977年頃調製
Makunouchi Koraku

掛紙

入手状況等から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。掛紙に書かれていないが価格800円の高級幕の内駅弁だった模様。掛紙に描かれるのは岡山城と後楽園であろうか、駅弁名も日本三名園に数えられ岡山を代表する名所である後楽園にちなむものと思われる。掛紙記載の調製元に代表取締役の個人名が記されるのは、高度経済成長期以後の駅弁掛紙としては珍しい部類に入ると思う。

※2004年11月補訂:調製元の情報提供に基づく価格を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 岡山県岡山市青江新屋敷430−1 (31)3231

【掛紙】幕の内 瀬戸内べんとう(400円)1977年頃調製
Makunouchi Setouchi Bento

掛紙

入手状況等から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の岡山駅弁の掛紙。掛紙に描かれるのは注記のとおり鷲羽山麓と下津井港で、下津井節の歌詞も記される。下津井は岡山駅の南南西約30km先の港町で、四国への玄関口として栄えたが、国が宇野に線路を敷き高松までの鉄道連絡航路を開設したことで寂れてしまった。

販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
三好野本店 岡山県岡山市青江新屋敷430−1 (31)3231